• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

1を生み出す従業員さん

2013年3月11日

先日支援先の社長からこんな事を聞かれた。

社長:『いくら提案しても、何もやってくれない所ないのですか?』

私:『ありますよ!と言うかやってくれないのが普通ですかね・・・(笑)』

社長:『よく耐えられますね・・・私なら無理ですね。絶対にコンサルタントにはなりたくない(笑)』

私は良くブログ内で、自分の支援先の従業員さんの中で優秀な方を褒める。

これは、上記の様に主体的に動いてくれる従業員さんなんてそもそも数少ないと思っているからその様な従業員さんを見ると感動するからついついブログに書いてしまう。

それも、自分が支援に行きだしてから変わってくれた人などがいればその感動は更に大きいものになる。

この途中から変わってくれた従業員さんの特徴としては、元々いた従業員さんではなくネットショップのために新たにやとった従業員さんであれば半年~1年で変わっていくと言う光景を目の当たりにしてきた。

やはり、元々の従業員さんと言うのはこれまでの働き方が染み付いているから中々大幅には変わらない。(もちろん、ゆっくりは皆さん変わっている。しかし、自分で考えて勝手に行動すると言うレベルまでは中々急激には変わらない)

そんな中で、私が本格的に行きだして4ヶ月くらいの所の店長さんから先日電話があった。

『スタッフにこんな課題を佐藤さんから与えて欲しいのです。僕から言っても動かないと思うので・・・』

通常従業員さんが主体的に変わるまでの間は我々が無理やり業績を上げる。しかし、この支援先は諸事情により我々が手をだす所までも中々行けなかったので、非常に心配していた。

しかし、これでこれから動きそうだ!

これほど、早くに行動レベルで変わったのはこの支援先が最速でありあまりにも早過ぎるので恐らく、元々主体的な人だったのだと思うがそれでも私は感動している。

もしかすると、この出来事を聞いて、『それくらいの事で大騒ぎし過ぎじゃないか』と思う人もいるだろう。

しかし、この自分で考え動くと言う行為は、まさに『0から1を生み出す行為』つまり、100倍凄いとか比較できるレベルでは到底ない。

本日伝えた事『1を生み出す人に幸あれ!』

コメント投稿

*上記の4ケタのコードを入力して下さい


+ 8 = 十五