• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

賢くなると不便な事もあるようだ

2015年2月25日

一般的に会社を起業して10年後残っている会社は全体の10%だと言われている。

逆を言えば、90%は消えてしまうと言う事である。

降水確率90%の日は、100%雨が降ると言っても過言ではないだろう!

70%以上の降水確率はむしろ、その激しさを物語っているだけで、好く無からず降ると覚悟する人が多いはずだ!

 

つまり、それだけ10年間続いている会社の社長とは凄いと言う事だ!

 

また、上記の話とは別に新規事業の成功確率は1%前後と言われている。

 

新規事業の定義を3ヶ月試して無理だったのか?1年試して無理だったのか?などをどこにおくかによって上記の数字は様々な

意見はあるが要するにここで把握しておくべき数字は、会社が10年残るよりも確率は落ちるという意味である。

 

上記の数字を踏まえて、私は以下の様な解釈をしていた。

社長が自分の人生と社員の生活をかけて全力でやって10%であり、本業がある状態で元々のパワーが少なくなる新規事業が成功確率が低くなるのは当たり前だ。

従って、新規事業にあたる責任者は絶対にその会社のエース級の人でなければならないし、また、創業社長の様に命がけの責任感で行う人でなければならない。

 

新規事業を行いたい会社へいつも上記のような話をしていった。

決して、間違っても手の空いている人に何かの業務の兼務で新規事業をさせておき、軌道に乗り出したら人を増やしていく何て考えないで下さいね。

と話している。

 

しかし、実際はほとんどの会社上記の様な考え方の所ばかりだろう!

 

※実は、上記の内容を私は駆け出しの頃は、怖くて言えなかった。

もしも、そこまで会社を動かして上手く行かなかった時の責任が大きいので少しの言い訳を出来る余地を自分に残していたのだ。全く持ってなさけない話である。

 

 

・・・・と上記の様な事を思っていたのだが最近それに+して新規事業の成功確率が低い理由が分かってきた。

 

それは、経営者が賢くなってしまっていると言う事が!

 

また、本業の経験を元に計画的に動けば、無駄な遠回りをせずに済むと言うことを学んでしまった人は

計画が立てれないと進めなく・・・
また、賢くなればなるほど、その計画の不確実性の高い数字が、鮮明に見えるようになる。
しかし、忘れてはいけない!
これから始める新規事業は全て不確実な数字だらけで進めなければならないと言う事を・・・
計画の制度を上げるよりも、実際に少しでも動いて、実際の数字をその計画に入れ込む作業の方が何倍では計算できない価値があると言う事を・・・
創業期には、そんな計画など立てずに成功したと言う事を・・・
遠回りをして、最短ルートで進めなくても、全速力で進む事により、最速で目標まで突っ走った事を・・・
上記の事を忘れなければ、やり方が分からず、現在取り組んでいる事が間違っていたとしても
新規事業の成功確率は10%まで少なくても上げる事ができるだろう!
無駄な動きが辛くなたのであれば、上は目指さない方が幸せである。上を目指すだけが幸せではないのだから!
それでも、上を目指さなければならない事情があるのであれば、その時は若い者に任せるタイミングだ!
本日伝えたい事:『アホで良かった!』

 

 

 

 

 

 

 

 

箕浦さんの話

2015年2月13日

先日、私が尊敬するコンサルタントの1人である箕浦さんに久々いにお会いしたのでその際にお伺いした内容を以下に記載したい。

あくまで、私のメモ代わりと言う意味合いが強いので理解に苦しむ可能性も高いが私にとっては全て金言そのものだったのでご紹介いたします。

《商店街が儲かるはずがない》
・社長の集団の時点で、コスト構造面からイオンモールなどに勝てるはずがない!彼らは一般社員ばかりで高給取りなどほとんどいないのだから!
《小売店が研究開発費を取らないのが馬鹿だ!》
・世の中、運とツキだけだ!
・どこのマーケットがついてるか調べるのは小売店として立派な研究開発費(時間と交通費)
《高学歴のエリートが名経営者になれない》
・動けなければ、どのマーケットがツイてるのか最初にみつけられない。
・最初に見つけなければ、儲からない。
・最初に見つける人は、はじめからそれが儲かる何て分かっていたはずはない。
・つまり、頭が良いと失敗するのが見えるから動けない、だから最初に見つけられない。
・エリートとは失敗した事がないからエリート!
・つまり、失敗できない人たちと言うこと
《仕事とはなぜするのか?》
生きる為に必要な事は・・・『食べ物』
食べ物とは、命を頂いている。
その代わりに、仕えるのが仕事!
既に、先に貰っているのだから!
だから、仕事をして何かを貰うと言う発想自体がおかしい!
《白黒の文化とグレーの文化》
欧米は、白黒しか答えを持っていない。
日本は、グレーと言う答えが一番多い事を知っている。
欧米は、『一神教』=単純
日本は、『やおよろず』=複雑
上記は箕浦さんとの会話の中での私が感銘を受けたトピックだけを記載したが
私が一番驚いたのは、現在行われている事業そのものだ!
現在、箕浦さんは、衣装レンタルサイト「れんか」と言う以下のサイトを支援先と一緒に育てていらっしゃる。
http://renca.jp/
このサイトは、小さな街の貸衣装店や具服店が集まり、ネット上に在庫を持ち寄る事により、大手資本がネットの貸衣装の市場を
取りにきた際に太刀打ちできるようにと発足されたサイトだ。
一般ユーザーから見れば、一見1社が運営している様に見えるが1社では到底、持つこの出来ない量の在庫量を有しているのが最大の強み!
雑に説明したら、アマゾンなどのモールに近い。
ただ、違うのは、このサイトの最大のテーマが、『共生』である。
昔、船井幸雄さんが仰った『競争の世界から共生へ』と言う理想論に聞こえる様な言葉を本当に事業として挑戦し続けているのだ!
同じサイト内に50社ほどの企業が入れば、必ずどこかが儲かって、どこかが儲からないと言う事は起こりえる話だが
そこを、どの様に手綱を引いていくのか関心が高まるばかりだ!
ただ、箕浦さんの言葉はいつもぶれない!
私の様な若輩者が、ついつい競争に走ってしまう中で!
この事業だけでも10年に渡って上記の理念を貫き通しておられる。
実際に元々、ネットにおいて貸衣装で売上が立つと初期に見つけた 株式会社 吉崎さんは
この儲かる市場を自社だけで1人締めするのではなく箕浦さんの教えの通り、新規参入を促す
セミナーを複数回に渡り行い。一見、自分の競合になりえる同業者へ対して、『みんなでネットの
貸衣装に参入して業界を盛り上げましょう』と呼びかけられた。
そして、そのセミナーで知り合った人たちと今度は、「れんか」を運営されている。
箕浦さんも箕浦さんだが、その指導にしっかりと応えつづける、『吉崎さん』にも敬服の言葉しか出ない。
これらの事業に関わる方々には、是非、理想の実現のために突き進んでいただきたいものだ。
本日伝えたい事:『箕浦さんは凄いし、その指導に付き合いきる吉崎さんも凄い』

道で迷子になった時は・・・

2015年1月31日

先日ラスベガスから日本への帰路の際、出だしのラスベガスの空港にて5人で集団迷子になった。

 

空港に着いたのは朝の3:30!

空港に生物の気配が感じない。

 

自分たちが、どこで出国手続きをして良いのかさっぱり分からない。

5人の内、1人は英語がペラペラなのだが、人どがいない事には質問すらできない。

 

空港内にある看板をたよりに歩き回る5人!

ただ、看板の文字が読めてもそこであっているのかが分からない・・・

 

そんな中・・・

私がふと気づくと5人の中で、私だけがなぜか先頭をぶっちぎり他の4人より20~30メートルほど先に歩いている事に気づいた。

 

後ろの4人から・・・

『さすがガジロウさんだな~!英語も読めない・道も分からないのにぶっちぎりで先頭歩いちゃうんだもん!笑』

と言う声で気が付いた。

 

この時に、私が本能的に行っていた行為に気が付いた。

 

それは・・・

『迷子の時ほど、早歩きになると言う事に』

 

これは、経営においても一緒だ!

業績アップの仕方が手探りの時ほど、スピードを最重要指標にする。

※ここでのスピードとは、いつも言っているように、初動のスピードの事を指す。

 

スピードが速ければ、間違った道を行っていたとしても、気づいた瞬間に後戻りして、また別の道を進む時間が生まれるから。

 

トータルの歩く距離は長くなり、疲れるかも知れない。

しかし、タイムリミットまでにゴールに辿り着く確率は格段に上がる。

 

慎重に道を見定めているよりも遥かにその確率は高くなる。

初めて歩む道はどうせ分からない道なので一瞬考えるだけで十分だ!

 

ただ、早歩きをするだけであれば余分にお金がかかるわけでもない!

 

4年ほど前にネットショップの新規参入の際の数値計画を作成するのにはまった時期があった。

軽い気持ちで読むと、吐き気がするような複雑な数値を組み合わせて作られた数値計画を・・・

 

どの数字の根拠を聞かれても全てどこかの事例や検索ボリュームから作成しているので全てに

答えられえる数値計画を作成して私は得意になっていた。

 

恐らく、その時の私はここまで複雑な数値計画を作れるのはそんなにいないだろうと・・・

 

それを1年ほど続けて私の数値計画は雑になった・・・

上記の数値計画がどれほど無意味か・・・

※コンサルタントがこれを言っては語弊を招きかねないが・・・・

あくまで無意味に細かすぎるのは意味が無いという意味だ。

 

どれほど、予定通りに行かないか?

 

そして、『市場規模』と『正社員のレベルと人数』のみで数値計画を立てるというシンプルなものにしだすと

少しずつ精度が上がっていった。

 

見る数字が少なくなれば成るほど、その数字の達成度が上がるのだ。

 

そして、シンプルになればなるほど、やる事が少なくなればそれだけ進むスピードが速くなる。

そして、実際に進みだすと、妄想の数値計画から実数の入った現実味のある数値計画を作る事が出来る。

 

 

色々話が飛んでいるので、ここでまとめようと思う。

 

①一度も歩いた事のない道はゆっくり歩いてはいけない

②机上の空論を並べて立ち止まるのは持ってのほか

③そして、歩き出した経験を元に始めて、真剣にどちらに進むのかを考える

④人は不安になれば成るほど、無意識でスピードが落ちるもの!だからこそ意識的に早めなければならない!

 

本日伝えたい事:『ラスベガスに行った事をいまだに言いたくて仕方がないという事!』