• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

編集長 我時朗プロフィール

【編集長 我時朗プロフィール】

0歳・・・滋賀県のびわ湖の畔で劇的に誕生!

1歳・・・保育園に行くのを本当に嫌がる甘えん坊!

2歳・・・保育園に行くのに慣れる。

3歳~5歳・・・戦後10数人しかかかった事の無い喉の病気にかかり、全身麻酔による手術を12回行う。良くドイツとかから私の喉を見学しに医者が来るようになる。この頃に『死んだ後の世界』や『何のために生きるか』について考えだす!

6歳~8歳・・・歴史に名前を残すにはどうするかの研究の末、現代では自分は歴史に載れないと思う。乱世に生まれたかったと落胆する。

9歳~11歳・・・とは言うものの死ぬのは怖いので、死ぬまでの暇つぶしとして野球に没頭

12~14歳・・・野球以外の時間は、ブラックバス釣りか素潜りによる手長海老漁に勤しむ。そして、地元の手長海老を絶滅に追いやり自粛する。

15歳・・・ワンピースを読みまだ自分が歴史に載れる事を知る。しかし、お金の稼ぎ方が分からず断念

16歳・・・プロ野球選手になるような人は生物学的に異なる生物である事を知る。

17歳・・・頑張って遊ぶ。毎日23時に野球から自宅に帰る直前に先輩に拉致され朝まで遊ぶ。リポビタンDを飲むが一向に疲れが取れない・・・しかし、やめれば死にそうで手放せない日々が続く。

18歳・・・高校で野球をやめるつもりで大学に入ったのに気づけばまた体育会のガチの野球部に入部。本気で自分は野球が好きな事に気づく。

19歳・・・野球部が投手不足に陥る。ボーリングが得意だったのでアンダースローの投手として抜擢。アンダースローの研究のし過ぎで死にかける。この時に、過労死のメカニズムを知る。

20歳・・・アンダースローの研究の成果がでて1年で球速が20キロアップする。野球を始めて11年半で、『野球ってこう言うスポーツか~と知る』この頃、高校の頃に感じていたプロとの差が縮まる。とは言うものの高校の時にわずらったヘルニアで調子はマチマチ。はっきり言って使えない。この頃、お金持ちに成るのは、まぐれだけではない事を知る。

21歳・・・野球をやめて、就職活動をする事により生活が楽になり、視力が1.0から2.0に上がる。受けた会社5社中、2社から内定、2社は辞退、1社は役員面接にてガチで落とされる。落とされた理由は、『君って知性を感じないよね!』との事。周りの噂ではこの会社は一度落とした人でも再度、面接して合格させるケースがある事知り、その知らせがあった時の断り方の練習をする。・・・・しかし、そんな誘いは無く。元々第一志望の船井総合研究所に入社を決める。

22歳・・・船井総合研究所入社。同期が外に仕事に行く中、基本的に会社に引きこもり、先輩が引くほど長く働く。市場規模の調査にて、学生と偽り潜入していた1部上場企業から内定をもらう。商品力調査と言う単純作業を同期が嫌がりだし私に仕事が集中。しかし、この仕事が現在のコンサルティングのベースとなる。

23歳・・・昼間は、物流やリサイクルの仕事を行い、夜はWEBの仕事を行うと言う夜の仕事をする人見たいな働き方をする。

24歳・・・ある程度、業績の上げ方を知ったと思い外に出だす。外に出たお陰で、製造業・卸売業・小売業・サービス業の社長や工業デザイナーやブランディングのコンサルタントの方など様々な業種業態の社長と出会う。しかし、漢字が書けないので凄く恥をかく。さらに、自分がある程度仕事が出来るようになったと錯覚していた事に気づき半端なく恥ずかしくなる。そして、1からスタート。

25歳・・・1年以上支援している支援先の平均の売上昨年対比が800%達成。やっと企業の業績を上げる事が可能になる。WEBの事なら今後どうなるか?5年先くらいは見えるようになる。しかし、未だに漢字は書けないまま・・・

26歳・・・さて、これから何をして暴れるか!!