• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

そろそろ、本気で新卒採用しなければ!

2015年4月7日

『男子禁制の花園 女子寮』

昨日はとある、東大阪の縫製工場の女子寮に極秘で潜入してきた!

 

なぜ、女子寮を見学に行ったかその理由は、新卒採用活動を本気で行っている会社の本気のレベルを確認するためだ!

 

本日は、タイトルの通り、採用についてお話!

ただし、採用するためのノウハウでは無く、本日は採用を本気でする会社のスタンス面と言うか覚悟と言うか、ソフトな面についてお話したい。

 

 

昨日お伺いした会社は以前もかじログにてご紹介した。

東大阪にある高級婦人服の縫製工場であるイワサキと言う会社へ訪問させてもらった。

 

結果から発表すると、この会社は今年度の新卒は正社員の応募は55人中22人採用!

4年制の大卒・・・・・・・・・・・・・30%
3年制の専門学校卒・・・・・・・30%
2年制の短期大学卒・・・・・・・40%

上記の人たちの初任給は一律、15万円

更に、今年の採用に使ったコスト0 (時間・金)

つまり、採用にこの会社は一切動いていないと言う事である。

にもかかわらず、地域は北は北海道~南は熊本までが勝手に集まってきている。

※中には東京の専門学校からザワザワ大阪の東大阪へ来ている人もいた。

 

なぜ、そんなにこの会社には人が集まるのか?

給料も高く無いのに・・・

さらに縫製工場と言う、非常に厳しい業種にも関わらず!

 

知っている人は知っていると思うが事前に縫製工場についてお話しておくと・・・

元々、日本存在した縫製工場の数は約300社そして、現在の組合の会員数は37社(その内、従業員数12名以上は6社程度)

 

なぜ、上記の様に厳しいか?

それは、縫製工場が労働集約型の職業の宿命をそのまま受けていると言う以外には存在しない。

労働集約型の宿命・・・人件費の安い国に仕事が行ってしまうと言う事!

現在、日本で流通しているアパレル用品のメイドインジャパンの服の比率は約3%

 

縫製工場において黒字経営を続ける事自体が非常に難易度の高い話。

 

その中で、このイワサキさんは黒字はもちろん、社員を110名雇用するだけではなく、毎年20名前後を採用するくらい好調の秘訣は・・・

まさに、上記に記載した全国各地から本気で縫製の技術を手に入れたい優秀な人が集まってくる事にある。

 

これがあるから、イワサキさんは業界平均の1.4倍の工賃を頂いても仕事が数多くくるから現在もなお元気な企業なのだ!

 

イワサキさんが凄いという話はこれくらいにしてでは、なぜそんなに人が集まるのか?その秘訣についてお話しよう!

 

《人が集まるポイントは以下の3つになる》

①地元に人がいなければいる所に足を運ぶ

②他所の土地から人が着てくれなければ着てくれる環境を作る

③人が育つ仕組みを作る

 

①地元に人がいなければいる所に足を運ぶ

先ほどもお伝えしたが縫製業界、自体が戦前ならまだしも、岩崎会長が採用活動を始めた30年前では既に、誰もが憧れる花形の職業ではなかった。

従って、地元の人にいくら呼びかけても人が集まらなかったそうだ。

 

そこで岩崎会長が行なった手段は、西日本の家庭科の存在する高校120校に20日間で挨拶周りを行なうと言う事だった。

採用活動が解禁になる7月1日~夏休みの始まる7月20日までの20日間にである。

事前に家庭科のある高校を地図に記しをして回ったそうだ。

 

だいたい、10校回れば1名応募がくるそうだ。

従って、採用活動を始めた初年度から10数人の人が集まったそうだ。

 

これだけ聞いても凄いと思うが、岩崎会長はこれを25年間続けた・・・・

 

②他所の土地から人が着てくれなければ着てくれる環境を作る

上記にて、初年度から10数名集まったという話をしたが、高校を回るだけで人が集まる訳ではない。

 

誰が見知らぬ土地で・・・

安い給料で・・・

人が来るものか?

※これは岩崎会長ご自身が言われている言葉だが・・・

 

上記の様に考えた岩崎会長は、社員寮を作った。

そして、その社員寮はトイレとお風呂は共同の6畳一間のワンルーム(エアコン付き)だが、月8000円と言う安さ!

 

更に、月に15000円払えば、3食、食事付きと言う待遇。

 

つまり、初任給は15万円と安いが実際に手元に残るお金は10.5万円程度は残る。

この残ったお金は丸々お小遣いとなるわけなので下手に初任給20万円の家賃補助が少ない会社よりはお金は残る事になるのだ。

 

また、地方から集まった者同士、支えあう環境がそこには創られているのだ。

 

 

また面白いのが、上記の環境を整えようと思ったきっかけは・・・

岩崎会長曰く『人も魚も一緒ですよ。魚を釣って、直ぐに食べるなら適当に扱えば良いが観賞用にその後も元気に生きて欲しいなら水槽を用意するでしょう。さらに、酸素が切れないようにするし、ご飯も食べさせる。1人じゃ寂しいから仲間も容易する。生き物を育てるのは一緒ですよ。』

との事だそうだ!

 

③人が育つ仕組みを作る

イワサキに人が集まる最大の理由は、この『人が育つ仕組み』であろう。

岩崎会長の『良い物づくりは、良い人づくりから始まる』と言う理念に基づき!

 

縫製工場岩崎の本社ビルの5階には、社員専用の学校が設置されており、18時に仕事が終わると20時まで社員のために

毎日2時間の授業を無料で行なっているのだ。その教壇には岩崎会長はもちろん、その道のスペシャリストの方が代わる代わる立たれるそうだ。

 

この学校とは、名ばかりではなく実際に、職業訓練学校の資格を有しており、ここで授業を受けた人の90%は『2級 洋裁技能士』と言う国家資格を所得しているそうだ。

この90%の残りの10%は途中にイワサキを退社した人の事を指すため、実質的にはほぼ100%この学校に通えば受かると言っても過言ではないだろう!

 

また、さらに上の資格である『1級 洋裁技能士』これまでに現役で70名以上輩出しているそうだ。

この現役と言うのは、イワサキの平均滞在年数は5~6年になる。

これは女性ばかりを採用しているので年頃になれば、結婚もするので仕方が無い数字だろう。

 

そして、この『1級 洋裁技能士』の取得条件が実務経験を7年以上受けなければならないので、イワサキを卒業した後に取得している人も多いはずだが

会長が把握しているのは在職中だけ、だからだ。※7年以上と言う数字は学歴などでも多少異なるそうだが・・・

 

 

上記の一連の流れを25年間続けて、来たからそれから25年が立つ現在でも、採用活動を一切しなくても、縫製業界で本気で力を付けたい人は勝手に集まる仕組みが出来ているのである。

 

 

ただ、上記の様になぜ頑張れたのか?

岩崎会長は、『他に選択肢は無かった』と仰られる。

 

アパレルと言う業界は、春と秋の2回の繁忙期が来る。従って縫製業界もその少し前に繁忙期がきて、間の夏と冬は閑散期になる。

業界の慣わしとして、この季節波動を吸収するために、社員はもたずに、契約社員やアルバイトで繁忙期を乗り越えるのが慣わしだったそうだ。

 

しかし、正社員でない、契約社員やアルバイトでは、急な急ぎの仕事に対応できず信用を失っていく事に気づいた当時23歳の岩崎会長は・・・

 

『この業界は、用兵では勝てない!職業軍人・・・すなわち、1年中縫製の仕事ばかりしている正社員でしか他社には勝てない』と気づいたそうだ。

 

それから、25年間が始まるのだ!

 

ちなみに、上記の話を私の支援先の前で話して欲しいとお願いしているのだが現在絶賛断られ中だ・・・笑

私の2時間程度上記の話をした後に『佐藤さん!私が人前で話しできる柄ですか?よしてくださいよ!分かってるでしょう!笑』

 

と言われた。

2時間しゃべれるのだが十分じゃないですか!と反論すると!

 

『昔は多くの人からの会社見学を受け入れていたのですが、実際に実行に移す人が無いからもう辞めたんです。』との事・・・

『見学した人はみな、ここまで出来るのはイワサキさんだからだ!といって結局やらずに帰る・・・』

 

私が新卒採用を始めた初年度は、社員寮など建てられるお金は無かったので近所に家を借りて、一部屋に4人ほど共同生活してもらった所から始まったんです。

つまり初めから、何も出来ない事は無い。

つまり、そこまで本当に皆さんには必要の無いことだったのでしょう・・・・

しかし、私にはこれがどうしても必要だったから、25年間続けられただけの事です。

 

 

との事・・・・

これを言われて先日は、すんなり引き下がってしまった次第だ・・・笑

 

岩崎会長は他にも『経営哲学』や『世界1週をして気づいた話』や『アメリカ一週を車でして気づいた話』や『昨年の北京⇒パリへのダカールラリー参戦の話』などまだまだ魅力的な話はいっぱいあるのだが・・・

本日は採用の話だけに留めて置こう。

 

 

本日伝えたい事:『女子寮は良い香りがしたよ!』

 

 

新卒1年目の働き方!

2015年4月1日

あらかじめ断っておくと本日はエープリルフールなので、私がこれまで書けなかった新卒1年目の働き方についてお話しようと思う。

 

簡単にトピックを並べると以下のようになる。

①2回目の昼食は9月の中旬

②労働時間1日20時間×75日連続

③1年目に家で寝た回数4回

④年間労働時間18時間×365日=6570時間

 

それでは1つ詳しく見ていこう!

①2回目の昼食は9月の中旬

私は入社した初日にお昼ご飯を食べたが・・・

次に昼食を食べたのは9月の中旬だった。

 

理由は簡単!

私が仕事が遅かったからだ!

納期に遅れながらのんきに昼ごはんを食べると言う選択肢は無かった。

 

②労働時間1日20時間×75日連続

これは、上記の延長上の話でしかないが、昼ごはんを抜いてもそれでも納期が間に合わなかった。

当時の私の先輩はかなり職人気質な人だったため、全て自分で考えろ!と言うスタンス。

しかし、つい1ヶ月前まで大学生だった私に、業績の上げ方を考える事など出来るはずも無く・・・

 

とにかく、無駄に時間を使っていた。

どうしても納期が間に合わない・・・・

私に残された選択肢は2つ!

 

『業績の上げ方を考えるか?』or『より長く働くにはどうするかを考えるか?』

 

私のとった決断は・・・

 

悲しいが、『より長く働くにはどうするかを考えるか?』

 

そして、たどり着いたのが1日20時間働く方法だ!

まず、1日3時間寝るとした場合!

物理的に考えて残り1時間しか残されていない。

 

その1時間のうちに『食事』『トイレ』『お風呂』『洗濯』『通勤』などの行事をこなさなければ成らない。

 

すると必然的に・・・・

ご飯を食べると眠たくなるので、食事は1日1回!(コップ半分まで砂糖を入れたコーヒーで等分だけ摂取で対処)

寝る前に、ガッツリ食べて寝る。

※だから太ったので説が浮上、これは職業病と呼んで良いのでは説がまことしやかに囁かれている。

 

そして、家に帰るのは4日に1回!

これをすると、自動的にお風呂も4日に1回になり、それに伴い洗濯は2~3週間に1回で済む。

また、通勤も往復30分の道のりが4分の1に減る。

 

これだけの話を聞けば非常に良い事だらけに聞こえるが・・・

夏場に汗を書いた場合は気をつけないといけない!

2~3週間も洗濯物を放置しておくとカビが生える可能性があるからだ!

その際は、必ず風通しの良い所に洗濯物を置いておく必要がある!

 

社会人と学生時代との一番に違いは・・・

お風呂に入らなかった際に臭くなる日数が短くなった事

この瞬間に『私も大人になったな!』と感じたものだ!

 

入社したては4日お風呂に入らなくてもそこまで臭くなかったが

3ヶ月もすると2日超えて3日目になると、トイレの際にどこからとも無く漁港の香りが漂う始末・・・

 

やっても無いのに徹夜は効率が悪いと言い切る人もいるが・・・

 

実際に上記の様な働き方をすると・・・・

1ヶ月を超えたあたりから著しい記憶力の低下を実感する。

 

1分後にやろうとした事を3時間後に思い出すなどの状態が始まる・・・・

 

対策としては、ポストイットをパソコンの淵に貼り付け忘れないようにするのだが・・・

本当に覚えられないものだから、直ぐにパソコンの画面の淵、全面に貼る場所が無くなり、パソコンがたてがみがあるライオンの状態に・・・

 

この状態になれば、余裕で、メモをバッチリ見落とせるので結局、意味を成さなくなる。

さらに2ヶ月を超えると、完全に記憶がリアルタイムで出来なくなる。

 

メモを取りながら、打ち合わせを行い、先輩に『分かったか?』と聞かれ・・・・

『分かりました!』と元気良く応えて、ミーティングルームを出ようとすると、そのメモをミーティングルームに忘れてしまう始末・・・

 

この様な状態になった原因は、今と成っては・・・

『睡眠時間が短かったのが悪かったのか?』

『食事を抜いたのが悪かったのか?』

『それらを同時に行ったのが悪かったのか?』

 

真相は分からないが・・・・

こんな生活を75日続けたから、少なくても私に関しては・・・

 

しっかり、ご飯を食べて、寝て!仕事をした方が効率が良いと断言できる!

 

この経験を経てからは、なるべく1週間の平均睡眠時間は4.5時間は取るようになりご飯もしっかりと食べるようになったので1日の動労時間は18時間ほどに落ちた。

また、それに伴い、2日に1回はお風呂にも入るようになった。

 

③1年目に家で寝た回数4回

とは言うものの、家の布団で寝てしまうと寝すぎてしまうため、家に帰るがシャワーだけ浴びて直ぐに会社に戻り会社で寝る生活が続いた。

なるべく、寝心地の悪い所を探して!

一番良いのはやはり、机の上だ!

これだけ不健康な生活を続けていると、硬い板の上で寝ると3時間もすれば全身が痺れて痙攣で起きる。自動のアラーム機能付きだからだ!

 

丁度9月の中旬になると、仕事のスケジュールの立て方なども分かってきたので、仕事に余裕があるときは、フカフカの椅子の上で寝ると言うご褒美もこの頃には自分に与える余裕が出てきた。

 

③年間労働時間18時間×365日=6570時間×3年=19710時間

上記の数字は、単純に私が1年目~3年目まで働いていた時間である。

 

みなさんは、2万時間の法則と言う言葉を知っているだろうか?

どんな人でも2万時間1つの物事を行えば、それなりに達人の領域に達すると言う話である。

 

この2万時間と言われてもピントこないだろうが、1日8時間を週休2日で働くと10年で2万時間に到達する。

そして私は、この2万時間を3年で到達したと言う事になるのだが・・・

 

良く、毎日3時間しか寝ずに働いていると言う人がいるが、こう言う人はたかが知れている。

大抵、週に3日~5日程度上記の働き方をしているが、土日にガッツリ寝ており、1週間でならすとたいした事が無いケースが多い。

 

それよりも、『毎日4.5時間睡眠で働いています』と言う人の方がよっぽど働いている。

こちらの方が継続性が高いからだ!

 

働いている人か?そうでない似非働いている人かを見分ける基準の1つが上記であり

またもう1つが・・・

『徹夜の定義を完徹として使っているかどうか?』

普段、働いていない人は、会社に泊まったら徹夜と呼ぶ・・・

普段から働いている人は、一睡もしていない時だけを徹夜と呼ぶ!

 

上記の様な働き方を、17500時間行った時に大抵の企業の業績を上げられるようになった。

あれだけ、仕事の出来なかった私がである・・・・

 

何とビジネスとは、ぬるま湯なのだろうか!

何の才能も無かった私でも、努力さえすれば報われる世界!

 

これまで学生の時に置かれていたスポーツの世界は、どれだけ頑張っても超えられない壁があった!

諸悪の根源は、私より才能がある人が私と同じくらい努力をしていると言う事実。

何と大人気ない話だ!

 

私より才能があるのであれば少しくらい手を抜いてくれれば良いのに・・・

それを許さないのが学生時代!

 

それが社会人になった瞬間一気に状況が変わる。

 

才能がある賢い人ほど、『残業代が出ない』や『コンプラ』や『ワークライフバランス』なる横文字を使い。

手を抜いてくれる様になるのだ!

 

これまでは、『部費を払って自分の能力の極限を探究していた人達が・・・・』

私から言えば、今はお金を貰って自分の能力の極限を探究できると言う究極に恵まれた環境になったにも関わらず・・・

 

完全に『ウサギと亀』状態!

 

偏差値65以上の人はやはり、明らかにスペックが違う!

文章を読む早さや読解力が!

 

それでも、寝ていて動かない状態の人にスペックも何も存在しない。

何も恐れずに、横を通り過ぎる事が出来る。

 

私のようなギャンブル嫌いの人間にはこれほどありがたい世界は存在しない!

 

やれば報われる!

ギャンブル性が極めて低い!

 

人より成長するかも知れないし・・・

人より成長しないかも知れない・・・

 

などと言うギャンブル性の高い競技はまっぴらだ!

 

 

ただ、仕事と言う事場の定義を『やりたくは無いが給料を貰っている以上、人として最低限行わなければ成らない行為』とするなら・・・

私は入社して3年間は義務感だけで動いていたが、それ以降は月に働いているのは20時間程度だろう!

 

人は、20歳から65歳まで45年間働くとした際に、普通の人は約10万時間働く計算になる。

 

その点私は、はじめの3年間に2万時間を働いた以降は、もう働いた記憶が乏しい!

つまり、私は人の5分の1しか働いていない事になる。

 

人類でも稀に見ぬぐうたらと言う事になるのかも知れない。笑

 

 

などと言っているがあくまで上記の話は、エイプリルフールの話!

うちの会社は、とてもホワイトなので実際は上記の様な働き方をしている人は誰もいないのでご安心を!

 

ただ、知ってもらいたいのは!

上記の様なレベル感で働いている人がいるかも知れないと言う都市伝説があると言う事!

 

人はみな、手をあえて抜く人など1人もいない!

自分の常識の範囲内で精一杯頑張る。

 

その常識の範囲を少しでも広げる助けに成れれば幸いだ。

 

本日伝えたい事:『しっかり寝た方が良いよ!笑』