業績を上げる社員の作り方25 【言われた事が出来ない】

2013.05.06

2013年5月6日

第2章『業績を上げる社員の共通点』

3節:その3、言われる前に動いている。

    【言われた事が出来ない】

業績を上げる社員さんのレベルを3つに分けた際に一番低いレベルを『言われた事が出来ない』レベルとしているが、これを別の言葉で言い換えれば、『ホウレンソウが出来ない人』と言うべきだろう。

昔から、『ホウレンソウは大切』と言う言葉は、誰が言い出したか分からないが、ほとんどの社会人が1度は聞いた事のある言葉だと思う。もちろん、意味は『報告・相談・連絡』は大切でありこれが出来ないと仕事が出来ないと言う意味だ。

これまで、仕事を振られる側だった私。その時は、仕事に対して厳しい人程この『ホウレンソウ』を怠った時に厳しく怒られたものだ。その頃は、『こっちだってそんなに暇ちゃうから~!そんなに頻繁に連絡できひんし』などと思っていたが、それでも必要に強要される『ホウレンソウ』に応えている内に最近は、レスポンスが少しは早くなったようだ。

そして、最近、生意気にも仕事を振るようになって気づく事は、『ホウレンソウ』が大切なのではなく、『ホウレンソウ』できる人しか、安心して仕事をお願いできないと言う事に気づいた。

自分の後輩や支援先の社員さんでも、『言われた事が出来ない』人の特徴として、締め切りの期限が過ぎてから頼んだ仕事や提案が行われていない事が発覚する。それまでに『遅れそう』や『○○の所でつまずいています』などの連絡・相談が無いと言う事である。

逆を返せば、仕事を依頼した方がマメにチェックをしていないから上記の様な事が起こると言えばそれまでだが、正直、現在の私に15~20社の会社の社員さんのマネジメント全てを行う自信は微塵も無い。

多くの社長さんからは自社の社員のマネジメントの部分を期待されており、コンサルティングビジネスの部分だけを考えれば、非常にニーズがあるのは重々承知であるが、私はその分野のコンサルティングを一切行わない様にしている。それは、私も社長も成長しないからだ!

ここで話は変わるが、実際に最近、私が後輩の進捗管理のみのマネジメントを行った時の話しをしよう。

あるプロジェクトにおいてどうしても昼間に電話をしなければならなかった。しかし、私は昼間、別のコンサルティングがあるため、中々電話をする事は難しい。そこで、プロジェクトメンバーの後輩に電話をするようにお願いした。

しかし、この後輩が中々筋金入りのメンタルの持ち主で、私が言った事が何一つ出来ていなくても平気な顔で『次何しましょう?』と言ってくるツワモノだった。さらに、良くウチに入れたなと思うくらい仕事が出来ない・・・

そこで、このプロジェクトを行っている1ヶ月の間、毎日昼間の1時間から2時間の電話を行ってもらうために、終電で会社に帰り朝の6時まで、明日行わなければならない電話がどの様な意味を持って居り、そこから得られる情報を元に何を行いたいのかなどはもちろん、その業界の歴史や各プレーヤーの性格などの説明をし、そこから、私が連絡が取れない時間に、もしものトラブルが起きても対応できる様にスクリプトを組むと言う毎日が繰り返された。

ここまで、毎晩2時間動いて貰うために、6時間を費やしたり、その後輩の明日のスケジュールを分単位で進捗管理したお陰で、そのプロジェクトは成功したのだが・・・

プロジェクトが終わったその日に、私の口の周りにはデキ物ができてしまった。

私が何かを成功させるために進捗管理のマネジメントを行うと言うのはこのレベルであるが・・・こんなレベルで15~20社行っていては私の体が持たないと同時に、この時期に私は後輩に私の知っている事を伝えるだけで私は何も成長していないと言う事を知らされた。もちろん、このレベルまで付き合えば、大抵の事は成し遂げられると言う事を知れたのは非常に大きな成長ではあるが・・・

私が成長しないのもあるが、それよりもマネジメントしなければ社長自体が成長しないと言う事が大きい。

結局会社とは、『社員のレベルの総和』に過ぎず、どれだけ質の高い人をどれだけ多く雇えるか?で全て決まると思う。

つまり、そこから社長が逃げていては絶対に会社は大きくならない。

話があちらこちらに言ったのでそろそろ無理矢理、話しを戻そうと思う。

つまり、指示を出した人が進捗を管理出来ていなければならないだが、とは言っても管理できる人の数には限界があるので、指示を出された方も最低限の『報告・相談・連絡』は必要である。と言う事が言いたかっただけの話しを、ここまでクドクドと話した次第だ。

ちなみに、先ほど話したプロジェクトにはもう1人後輩がいたが・・・なぜそんなに、仕事が出来ない方に、電話の仕事を任せたか?

それは、この『仕事が出来ない君』は、私に対して嘘は付かなかったから・・・そして、必死に毎晩私にしがみ付いて仕事を覚えようとしていたから・・・

つまり、可愛かったのだろう!

どこかで、この仕事を通して少しでも仕事が出来るようになって欲しかったのだろう・・・

次は、『言われた事しかできない』についてお話いたします。

本日伝えたい事『可愛い子ほど手がかかる・・・』

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. ルールも言葉も要らない組織力

    ルールも言葉も要らない組織力/2019.11.05

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK