強者の特権

2013.06.26

2013年6月24日

 

ネットショップで何かのキーワードで上位に掲載されている企業は上位に掲載されていない企業よりも1~2割価格が高くても同じだけの販売個数が実現するようだ。まだ母数が少ないので割合は適当だが要するに全くの同一商品を販売しても価格を上げられるのは間違いない。

 

検索順位で上位にいる企業にはそれだけのブランドが存在すると言う見方が出来るのか?

はたまた、アクセスが多いのでそれだけ情報弱者を獲得できていると見るのか?

 

見方はさまざまだが、1つだけ言えるのは、この価格を高くしても販売できると言う行為は強者に許された行為である事は間違いない。

 

それをもしも、弱者が真似(今回だと価格に関して)をするとどうなるか・・・

 

何が言いたいか!

 

相手を知る事は必要だが、強者の真似をしてもそこに答えは無いと言う事。

今回の話は集客力における強者が取れる特権であったが、何かの分野で強者になればそれなりに特権を発動できるようだ。

 

本日伝えたい事『おすぎとピー子は何の分野での強者なのだろうか?映画評論家?ファッション評論家?』

 

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. 私はこうして営業が嫌いになりました。

    私はこうして営業が嫌いになりました。/2020.11.12

  3. 仕事の「早い人」と「遅い人」の違いが生じるカラクリ!

    仕事の「早い人」と「遅い人」の違いが生じるカラクリ!/2020.05.15

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK