客層の捕らえ方 『流入経路別編』

2013.07.20

2013年7月18日

先日、簡単にお客さんと言う人が多いが、実は区別しないといけないと言う話をさせてもらった。

その時に事例として、PPC広告経由のお客様が多いネットショップより、SEO経由のお客様が多いネットショップでは

同一商材の価格を高くしても(1事例だけだが、この事例だと2割価格を高くしても)売れ個数が一緒だったと言う話をさせてもらった。

 

今回も、SEO経由のお客様とPPC広告経由のお客様の違いの話なのだが、今回は、価格が同じ(最安値)だった場合はどの様な変化が起こるのかと言う話をしたい。

1つの事例として、成約率4%→8%と約2倍以上になった。(これも母数が少ないので率はあてにして欲しくないが・・・)

要するに言葉は汚いが、ビックキーワードにおける上位表示時のSEO経由のお客さまとは『情報弱者』の方の可能性が高いと言う事になる。

従って、価格を比較する事を不得手にしており、ある程度安いと直ぐ買ってしまう。

さらに、少なからず価格を比較できる人もいるが、その価格が最安であれば成約率は確実に上がると言う事だ。

ただ、その上がり率は商材によって異なるとので、一度、どちらの方が最終的に利益が残るのかを、①粗利額の面②コスト(販促費や人件費)から純利益ベースで検証した方がいいだろう!

ではそろそろ本題に入ろうと思う。

要するに、同じ商品を購入しても流入経路によって客層は異なると言うこと。

 

本日伝えたい事『客層ってほんまに難しいな!』

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. ルールも言葉も要らない組織力

    ルールも言葉も要らない組織力/2019.11.05

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK