• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

社長と従業員の言い争い

2013年2月28日

先日私の支援先に言った時、社長と従業員さんとで以下の様なやり取りが繰り広げられた。

社長:『お前ら働きすぎや!』

その言葉に対して従業員(25歳のうる若き乙女)さんが

従業員:『社長!そんな事言っても、業績上げろって言うくせに働かなくて、どうやって業績上げるんですか?』と反論!

社長:『そう言っても、毎日の様に女の子が夜中の12時超えてメールのやり取りしてるのは普通じゃないやろ!次の日に支障がきたす。しっかりと休養を取って次の日の昼間の能率を上げて業績を上げろ!それに、そんな働き方されたら新しい人が入ってこれない。それでは会社は大きくならない。』

従業員『そんな事言っても、何すれば良いか明確に分かっていて、それを行うには絶対に時間がかかるんですよ!それなら、今頑張って早く目標の業績まで持って行った方がこっちも気が楽なんですよ!』

上記の様にお互いの言い分は平行線をたどっていたので私が仲裁に入ったのだが、この2人のやりとり非常に奇妙だと思わないだろうか・・・・

全く言っている人がアベコベの様だ。

普通は社長から『もっと働け』と言う言葉が発せられて、従業員から『そんなに働けない』と言う言葉が出るはず。

なぜこの様な事が起こっているのか?それは、この会社の従業員さんが自立しているからに他ならないだろう。

自立しているから、何をしないといけないか明確に成っている。だから、指示がなくてもやる事腐るほどある。だから時間をいっぱい使ってしまう。

では、この会社の社員が自立しているのは何故だろう?

さまざま要因が絡み合っているが一番大きいのは、給与体系と責任の持たせ方だと思う。

ここの社長はある一定の業績を達成したら、粗利益の何%は従業員の給与にすると公言している。そして、その業績に行くまでの数字に対する従業員の方へはかなり厳しいと思う。

この様な環境だと頑張れば自分のために成るのが分かり易い。しかし、目標が達成できなかったら怒られるので、上記の様な奇妙なやり取りが行われたのだろう。

この社長は幸せ者だ!こんな従業員さんを持てて!

全国の社長がこんな意識の高い従業員を欲しいと思っている。しかし、ほとんどの社長がこの様な話を聞いても、『そんな人うちの様な小さな会社には来ない』や『こんな田舎には居ない』などと言うだろう。

しかし、この会社は決して大きな会社ではなく、周りはたんぼだらけ・・・駅から会社までは車で10分近く。

人を育てる事は難しいので採用の時点が一番大切だと言うが、その際に重要な視点は『その人が優秀かどうか』や『自立しているかどうか』ではなく、『その人が自立するまで自分が待てるかどうか』じゃないだろうか?本当に雑な言い方をすれば『好きか?』『嫌いか?』だけで良いのではないだろうか?

この1~2年で最も思うのは、『人は変えられない』が『人は変わる』

それまで、本気で付き合えるかどうか?

本日伝えたい事『この会社の従業員さんの社長に対する言葉遣いは悪い(笑)ただ、好きだ』

 

信じる事の出来ない人

2013年2月23日

昨日、珍しく出社してみると以前に一度だけ絡んだ事のある東京勤務の後輩がなぜかポツンと大阪にいる。

なぜここに居るのか聞いてみると、自分から志願して大阪に転勤を申し入れたようだ!どうやら実家が酒造メーカーらしく、酒造メーカーの専門コンサルタントが居るんで修行するために大阪転勤を志願したらし。

こっちにくるか悩んでいる時なら全力で止めたけど、もう来てしまったので『へぇ~~!あほやなぁ~~お前!』とだけ言い。それ以上は何も言わなかった。

しかし、単身大阪に来たせいか誰も居ない所でポツンといたので・・・・

私:『お前まだ友達おらんやろ!ご飯いこか?』と一緒にお昼を食べる事に・・・

後輩から、どこに食べに行きます?と質問されたので

私:『こっちに、お腹いっぱい食べられる中華があるから行ってみよう』と私が道案内をする。

私が歩く方向はドンドン飲食店が少なくなっていく・・・それにつれて後輩は・・・・・

後輩:『こっち大丈夫ですか?こっち方面に飲食店あります?』

私:『心配するな!ついて来い!』

テクテクテク・・・テクテクテク・・・

後輩:『本当にこっち大丈夫ですか?』

私:『お前、俺が適当な事お前に言った事あるんか?』

後輩:『いや~!まだ、そんなに絡んでないんで!』

私:『そうやろ!なら俺に1回騙されるまでは俺を信じろ!』

後輩:『はぁ~~~?』

テクテクテク・・・テクテクテク・・・

後輩:『本当に・・・』

私:『しばくで(笑)』

まぁ~こんな感じで私の事を信じない後輩。

しかし、この後輩は普通だと思う。人は徐々に他人を信用するもの・・・傷つきたくないからとる行動。

しかし、私はこれは非常にもったいないと思う。傷つかない代わりに多くのチャンスを失っている可能性の方が圧倒的に多い。

私はアベレージが信用から入る。明らかに胡散臭い場合でもその騙される被害が私の責任の範囲内で解決するなら取合えず、信用してみる。まぁ~ほとんど騙されるが(笑)

しかし、一度騙されれば、その騙され方は二度としない。痛みが一番身に染みる。

この積み重ねが、年を追うごとに、思い切ったチャレンジの決断を出来るように私を育ててくれるはずと信じて・・・・

以下の話は、よく話すのだが業績が伸びている企業もどうやらこの考えに近い気がする。

我々の言った提案をまず行ってみる。逆に業績の伸びづらい企業は我々の提案ごとにそれを行った時のリスクがほぼ0になるまで行動に移さない。

業績の伸びやすい企業は、始めにもちろんリスクは想定するが、そのリスクが本当に起こるかどうか実際に行動に移して実証してみる。そして、想定のリスクが実際に起こった際は解決できないか努力をする。そして、それでも一定のクレームなどが残った際は、全体のメリットと見比べて続けるか検討する。

この様な企業は、当然失敗する時もあるが圧倒的に手数が違うため成長するスピードも速い。1年を通して業績が130%~150%アップなどしてくる。

※これは、あくまでネットショップでの話し、リアル店舗なら110%でも良い方じゃなうだろか!

本日伝えたい事『この後輩とは仲良く出来そうだ!(単純におもしろい!)』

本当に辞めて欲しくない社員に『お前なんて辞めちまえ』って言えますか?

2013年2月15日

本日は2006年のドイツワールドカップの日本代表である坪井選手などを輩出しておりその他にも数多くのプロサッカー選手を輩出している名門、四日市中央工業高校の監督樋口 士郎さんにヒアリングに行ってきた。

詳しいヒアリング内容は、この度オープンする中高生のサッカー部の子供をもつ親のコミュニティーサイトにて掲載したいと思うのでそちらで確認して欲しいのだが本日は一番印象に残った話をご紹介したい。

それは、『上手くなる選手の共通点』である。

それは、自立している選手と言う点である。これは、自分で自分にとって何をすれば一番上手くなるのか考えて行動できる選手と言う意味である。

ここで話は変わるが、16~18歳の子供が日本においてサッカーをしようと思うとクラブチームのユースに入るか高校のサッカー部に入るかの2択になる。そして、私も今日知ったのだがサッカーの世界で言われているのが『技術面ではユースの選手の方が圧倒的に強いがワールドカップで戦える選手は皆、高校サッカー出身の選手』と言う事である。これは、これまでの代表選手の割合からも明らかになっているらしい。

ここでまた話は飛ぶが樋口先生に教育において一番大切な事は何か聞いてみた。

すると『私は選手を育てているつもりは無い。ただ勝手に育ってくれるようにきっかけを与える事ができるかどうかだと思う。』と答えてくれた。そして、そのきっかけを与えために時に『お前なんて辞めちまえ』とかも言う時があるそうだ。本当は絶対にやめて欲しくないけど・・・けどその瞬間は選手と勝負の時だ!この勝負をするにはそれだけの人間関係が必要でだけどね。と教えてくれた。

ユースと高校サッカー部との決定的な違いは何か?

それは、ユースの監督は1~2年で代わってしまうと言う構造的な違い大きな影響を与えていると言う。従って、選手と勝負できない。つまり、本気で怒ってやることができない。そんな選手はメンタル面が弱いだけではなく、自立するきっかけも与えられないまま育ってしまうと教えてくれた。

私はネットショップのコンサルタントとしてクライアント企業の業績アップをお手伝いしているがハイテクっぽいITの世界でも必ずぶち当たるのが『人』と言う問題だ。

そして、全国のほとんどの会社の社長が悩む問題は①に『資金ぶり』そして②に『人』が圧倒的に多いと思う。

しかし、この様に社員に全力でぶつかる経営者が何%いるのだろうか?

決して、『やめろ』と言えるかどうかと言う話をしているのではない。そうではなく、その人に変ってもらうきっかけを与えるために全力で向き合っている経営者が何%いるだろうか?

おそらく、カリスマと呼ばれる数少ない経営者たちが社員と全力で向き合っている人たちの割合と近しいのではないだろうか?

科学的に立証されていない事でも大切な事は絶対にあると思う。

経営者が無駄に熱くある事を心より望む!

本日伝えたい事『この企画おもしろ過ぎる!!』

チャイナ美人現る!!

2013年2月15日

昨日お師匠さんである藤崎さんから『チンちゃんにECを教えてあげてよ!』と言われ今後私の1社のクラインントの所に一緒に行くことになった。

この『陳ちゃん』とは成都出身の女性なのだが・・・

成都を知らない人のために、今世界で最も急速に発展している都市の1つと説明しておこう。

実は私もそこまで詳しくは良く知らないから今後詳しく教えてもらうつもり・・・ただ、今ある数少ない情報の中ではどうやら日本からはIT系の仕事からの参入が進んでいるっぽい。我々の周りの企業だけで言うと、ネットショップの作業代行などを請け負うなどのニーズが多いそうだ。

そこで、陳ちゃんはおそらく初めの取っ掛かりは日本のIT企業と現地を結ぶ役割を果たしそうだからまずネットショップの勉強をするとの事。

しかし、この陳ちゃんの頭の言い所は、直ぐに地の利を活かして稼ごうとしないという点である。

陳ちゃん曰く、『せっかく日本まで来て船井総研に入ったのだからコンサルティングができるようにならないと意味が無いと思うんです。だから直ぐに中国の仕事だけをするのは違うと思う』

実に素晴らしい考えだ!

しかし、私が女性の後輩を持った事が少ないため『どこまで求めれば良いやら・・・』男の後輩であれば、納期が遅れてたら、『寝んな』の一言で終わるのだが・・・・今後はそうも行かない。

しかし、甘やかし過ぎるのも真剣に勝負している彼女のためにならない・・・・

まぁ~考えていても仕方無いので仲良くやろうと思う。

凄く頭の良い人なので半年1年で中国の仕事を増やしていくと思うので向こうに進出や業務委託を考えている人は『ジャーマネ』である私にご一報を!

本日伝えたい事『あからさまに、私より漢字が出来る・・・・』

美人に逆ナン?

2013年2月14日

先日岡山に支援に行った際にローカル電車の中でパソコンを開き仕事をしていた。

すると、いきなりボックス席の斜め前の女性から声をかけられた!

『それは何ですか?何をするものですか?』

どうやら、私のパソコンについて聞いているらしいが私がいきなり話しかけられ戸惑っているとたて続けに・・・

『もしかして、それがパソコンってやつですか?私の若い頃にはそんな物無かったもので・・・・私今年で人間を85年やってるんですが私が若かった頃は電話すら珍しかったから・・・』

そこから私が電車から降りる10分あまりの時間にいっぱいのお話をしてくれた。戦争の時の事や孫との事など・・・・

中でも印象に残っている話は、このおばあちゃんはこれまで人生で内科に行ったことは1度も無いとの事。風邪を引かない様に気を張っていれば病気などにかからないとの事。

しかし、この病気にかからない様にしているのは自分のためではなく日本のためだそうだ。

そして、別れ際にこのおばあちゃんが私に言った一言が

『良い日本人になって下さいね!』

これを言われて何故か分らないが私は非常に『清々しい気持ちになった』

そして、『はい』と答えてその場を去った。

本日伝えたい事『あと60年前に出会っていれば相当な美人だったろうに・・・』

お金のために働かないから出来る事

2013年

先日私のコンサルティングが15分で終わった日があった。

その理由というのは、その日の打ち合わせを行うに当たり必要な資料の作成をお願いしていたのだが、何も出来ていなかったのでやる事が無く、直ぐに私が帰ったからである・・・・

この日、私はこの15分のために大阪から東京まで行っていた・・・・

しかも、この日がこの企業における始めてのコンサルティングの日・・・・

つまり、このクライントとはまだ信頼関係も構築できていない。

従って、15分で帰ってしまっては私がやる気が無いと取られて、契約を解消されかねない・・・

では、私はなぜその様な行動にでたか?

この企業の資料等を調達してくれるはずだった担当の方はそもそも、メールのレスポンスも2~3週間遅れなどざらにあった。

つまり、この日に私がこのお願いしていた資料が無い事を容認してしまっては今後このままズルズルと私のお願いを聞いてもらえない可能性がある。やはり初めが一番肝心と考えたからである。

あくまで、我々コンサルタントは『どうすれば業績が上がるか』しか言えない・・・・

つまり、ここにコンサルタントの限界が存在する。従って、どこまで行ってもクライアント自身が動いてくれなければ業績は上がらない。

※我々が代行をすれば一時的には業績が上がるかも知れないが経営が危ない時以外はこの手法による業績アップは全く意味を成さないと思う。

また同時に、我々コンサルタントはクライントが動きたくなるように全力を尽くさなければならない。

そして、私が下した決断が15分で帰ると言う行動。この行動は全てのクライアントに取るわけではない。この担当者の方にはこの方法が最適だと思ったから・・・・

しかし、この行動が本当に良かったかは分らない・・・もっと他に良い方法があったかも知れない。しかし、この時点において私にとって考えられる最善の決断が上記の行動であった事は間違いが無い。

この私の行動が『善』か『悪』かは、これから、この担当者の方の行動のみが、答えを教えてくれるだろう。

幸い現状においては、メールなどのレスポンスも早くなり良い方向に動き始めている様だ・・・・

しかし、今回伝えたい事は私がどの様な考えのもの判断を下したかではなく。

どの様な考えの下、判断の選択肢を持てたかと言う所である。

もしも、私がお金のために働いていれば、そもそも、その会社においてある程度のコンサルティング時間を費やし、その時間の中でいかにこの担当者の方に変わってもらうかを考えなければならない。

つまり、選択肢が狭められると言う事。

選択肢が狭められた状態の中で最善が、本当に最善である確立は低くなる・・・

本日伝えたい事『この日は、東京のシュウマイを新幹線で食べながらルンルンで大阪に帰ったと言う事』

プロ!

2013年2月1日

先日、三重県にあるピザ窯メーカーさんに仕入れ開拓に行った。

そこへ行くまでは、大阪から近鉄で2時間半かかる。東京と同じ時間だ・・・・

なばなの里付近にある、伊賀神戸と言う駅で乗換えを行っている時に少し時間があったので何か買おうと思った。しかし、どうやら駅構内には売店が無い。そこで駅から出てコンビニを探したのだがそれも見渡す限り確認できない。

しかし、少し歩いていくと、時々田舎で見かける、どうやって経営しているのか分らない程に商品が少ない商店が1件ぽつんと存在していた。恐らく、店の在庫金額は総額3万円程度だろうか・・・・買い物カゴ2つで全て入ってしまいそうな量である。

この様なお店は恐らく、おばあちゃんが話し相手をしてくれる人を作る為に店だけ開いているんだろう。

店に入るとやっぱりおばあちゃんが1人いた。

しかし、よく見ると大人の男性が2人も店内にいる。そして、その店には似つかわしくない最新鋭のコピー機が取り付けられている所だった。

この2人の男性とは1人が営業マンで1人が設置業者なのだろう!

私はこの営業マンに無性に腹がたった!

本気でこの店に最新鋭のコピー機が必要と心の底から思っているのだろうか?

このおばあちゃんはすごく満足そうな顔でニコニコとコピー機を眺めている。余程上手く言いくるめたのだろう。

顧客満足と言う言葉が存在するが、お客さんが満足していればそれで良いのか?

その瞬間の満足では無く1年後なのか5年後なのか分らないが最終的な満足度の最大化を目指さなければならないと思う。

今回の件は、もしかするとおばあちゃんから話を持ちかけたかもしれない。

そして、仮にここでこの営業マンがコピー機を販売しかければおばあちゃんは無駄な買い物をしなくてすむ。しかし、この行為によって、おばあちゃんが買いたかった物が買えず、一時的に悲しむかもしれない。さらに、仮に買わ無いことによって得をしたとしてもその事に気づかない可能性も非常に高い。

しかし、私は目先の顧客満足ではなく。最終的な満足のために仕事をする人をプロと呼びたい。

ただ、世の中には、私が腹を立てている理由が理解できない人が多くいたり、奇麗事だと思う人も多いと思う。

しかし、100年以上続いている企業などはこの様な考え方の所が多いのではないだろうか?

そして、いくら奇麗事と言われようがこの様な行為はマクロの善と言う視点で確実に善であると確信している。

よく、松下幸之助さんとかが先に尽くせば後から利益がついて来るなどの言葉を仰るし、この様な事を言う人は多い。

しかし、現に私も昔は奇麗事だと思ってた。理解が出来なかった。

しかし、去年から介護関係の仕事を通して何となく徐々に確信に近づいている。

良い事して報われないはずが無い。

本日伝えたい事『そのおばあちゃんはとても可愛かったって事!』