• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

宝探し

2013年11月27日

先日、竹田城跡と天橋立に立ち寄った!

竹田城跡とは、山の上に存在するお城で、雲の上に存在する事から『天空の城』とうたわれており、車で中腹の駐車場に行こうとすると90分待ちと言う大人気のスポット

http://www.tetuya.co.jp/img_takeda/unkai.jpg

天橋立は言わずもながら日本三景の1つ!

 

この2つの観光地の共通点は莫大な観光収入を得ていると言う点だ!

 

ここで話が終れば

『・・・・・・・・で』と言う話だが、実は竹田城跡にはまだ続きがある。

地元の人いわく・・・

旅館の人:『本日はどこにいかれったのですか?』

私:『竹田城跡です』

旅館の人:『竹田城ねぇ~~!今凄いですね~』

私:『今凄いって?』

旅館の人:『天空の城って言われて凄いですよね!けど有名になったのはここ1年くらいですよ!』

私:『けどラピュタのモデル何ですよね!』

旅館の人:『それは無いと思いますよ!だって昔は地元じゃ有名な心霊スポットでしたから人が近づかない所でしたからね。』

 

この話を聞いて更に竹田城跡が凄いと思った!

この400年間、誰も気付かなかった事に気付いた人がいると言う事に・・・

朝方になると雲海が出来雲の上のお城みたいに見えると言う事に気付いた人がいると言う事・・・

その気付きだけにより莫大な観光客を呼ぶ事に成功している事実・・・

 

この観光地を見た後に天橋立に行ったのだが、その時ふと思った・・・・

『この又の下から覗けば、天にかかる橋に見える』と言う見方をされていなければどれだけ大きな観光収入減になっていたのだろうか?

年間270万人の観光客が来ると言われる天橋立。

車でも行けるのに観光客はリフトかロープウェーを使わなければ山に上れない・・・

その料金往復640円×270万人=17億円

宿泊代・お土産代・飲食代・雇用創出など・・・

大学の人が算出する経済効果は約270億円らしい(観光客1人で1万円の経済効果という計算らしい)

それが何年も続いている・・・

 

観光地を作るというのは『宝くじ』や『埋蔵金探し』などより遥かに高確率な宝探しのに感じられる。

観光地となる、既に存在する自然の素晴らしさに気付けるかどうかが成功の鍵になってくるとが・・・

 

それは実は企業にも言えるのではないだろうか?

いかに既に存在するもの中に宝を探すか!

無いものを作るより、あるもの気付く方が確実に成功しやすい!

それが、時に『その業界においては当たり前の技術』だったり、時に『その企業にとっては当たり前の考え方』だったり!

 

これを読んだ人も1度宝探しをしてみてはいかがですか?

 

本日伝えたい事:『ラピュタのモデルと思ってテンション上がりまくってたのに・・・』

本気でやりたい事が見つからない全ての人へ

2013年11月22日

本気でやりたい事が見つからない全ての人へ

まず、私が言いたい事は・・・

それで普通なので、悩まなくて良いですよ!

と言う事だ。

 

前回、行動まで移せず、自分は意思が弱いと悩んでいる人に対して、それは行動に移せるレベルの欲求に出会っていないから仕方が無いですよと言う話をしたと思う。

従って、その強い欲求を見つけた人だけが行動に移せるという話をしたと思うが・・・

 

そもそも、そんな強い欲求を持っていない人が日本人の90%以上いるのではないだろうか?

実際に私の後輩にも数多くそう言う人が存在する。

そう言う後輩に私が言っている事は・・・

 

私:『何がお前にとって合うか分からん!(きっぱり)ただ、お前もやりたい事ないなら、やり続けんで良いから3ヶ月は俺の言った事をやりきれ!それから自分に合うかどうか判断しろ!』

 

ここで、全く違う話をしたい。

それは、私が就職活動をしている時にある採用担当者の方が仰った話だ。

採用担当:『新卒3年以内でやめる人の一番多い理由は、『この会社は自分に向いていなかったから』と言うのが多いが、3年も働いていないのに何故,自分に合っていないと言うのが分かるのだろうか?』

 

どうやら、会社には以下の図の4つの種類の人がいるらしい。以下その採用担当の方の話を書きたい。

①存在デメリット②不存在メリット③存在メリット④不存在デメリット

新入社員は全て①の存在デメリットに属するらしい。全ての事を1から教えなければいけない時点で効率は落ちているからこれは仕方がない事だ。

そして、ほとんどの人は才能の有無は関係なく時間をかければ、③の存在メリットにはなれる。

しかし、中には長く働いているのにその人が居ない方が会社の雰囲気が良くなり仕事がやり易いなどの人がいるが、その人の事を②の不存在メリットと呼ぶ。

そして、この④の不存在デメリットの人はごく限られた人しかなれない。

夫婦でも夫が死んだら私は生きていけないと言う関係の夫婦がかなり稀なくらい、不存在デメリットと言う存在にはなれない。しかし、③の存在メリットには確実になれるからその存在に成ってから自分に向いているかどうかを判断して欲しい。だから、最低でも3年は働いてから判断して欲しい。

 

またここで、話を全く変えたいと思う。

ある女性のバイオリニストの方がTVで以下の様なコメントを残されていた。

女性のバイオリニスト『私は小さい時から回りに天才だとか言って頂いていましたが、自分で『自分はバイオリニストとして向いているなぁ~』と思える様になったのはバイオリンを始めて20年が経った22歳の時なんです。』

私も自分が野球が本当に好きだと言う事を確信したのは、野球を始めて9年経った時であった。

 

さて本日もとりとめの無い話をいくつもしてしまったので、そろそろ話をまとめようと思う。

 

やりたい事がないのであれば、何が自分に合うか分からないので折角目の前にある事に全力を尽くして欲しい。

全力を尽くさなければ、普通の人は3年程度かかってしまう。

しかし、本当に全力を尽くせば3ヶ月~6ヶ月で分かるはず。

この全力のレベル感だが1日その事を最低でも18時間×90日と言う意味合いだと考えて頂ければ良いだろう。

 

これが一番簡単なやりたい事の探し方だ!

上記の目の前の事に全力で取り組み、会わなければ次と言う方法を繰り返しながら是非自分の本当の強い欲求を見つけて欲しい。

※他の方法も存在するがそれはテクニカルなため再現性は無い。

 

本日伝えたい事:『がんばる事は良い事だ!』

 

 

 

意思が弱いと悩んでいる全ての人へ

2013年11月19日

自分はやると決めた事を最後までやりきれない意志が弱い人だと悩んでいる全ての人へ

 

そもそも、意思に弱いとか強いと言う表現を持たせるから話がややこしくなると思う。

自分で決めた事を実行まで行えない人の事を『意思が弱い』と定義するのであれば

『意思が弱い人』も『意思が強い人』も存在しないと考える方が適当だ!

 

自分が決めた事を行動にまで移せなかった人の事を、その人がどの様な人か捕らえる際に一番抵当な言葉は、『行動に移せるレベルの欲求でない事を認める事が出来なかった人』と言う方が妥当だと思う。

大抵自分の意思が弱いと思っている人は、『朝早く起きて仕事をしよう』や『ダイエットのために運動を始めよう』や『親孝行をしよう』など一般的にした方が良いと言われている類の事を実行しようと決めたのに行動に移せなかったり、持続できないケースが大半を占めるのではないだろうか?

要するに、『行動に移せなかった』や『持続できなかった』=そこまで本気の欲求ではなかったと言うだけの事!

この様に『行動に移せなかった』や『持続できなかった』一般的に意思が弱いと言う人も、毎日眠たくなったら寝ているし、この行為を何十年も続けている。さらにお腹がすいたら何か食べているだろうし、この行為も生まれてから現在まで続けているか現在がある。もっと極端な話をすれば、無意識のレベルで死にたくないと思っているから今を生きられている。

 

ここで全く違う話をしよう。

仕事を私が考えているレベルでやりきっていなかった後輩に怒っている最中に、その後輩が『ガジロウさんは、仕事が好きだからそこまで出きるんですよ!』と言われた。

 

何かこの後輩は大きな勘違いをしているようだ。

それは、私が仕事が好きだと言う事だ!

 

私は仕事が大嫌いだからだ!

ただ、私は『どの様な企業でも業績を上げられるコンサルタントになりたい』と言う欲求はかなり強いと思う。また、その欲求の根源にあるのは、その業績を上げられた事により周りから凄いと思われたいと言う本当に汚くも圧倒的に強い欲求があるだけである。(上記の表現が非常に難しい・・・コンサルタントには業績を上げられないからだ・・・業績を上げるのはその企業の社員さん・・・しかし、一緒に上げたと言う感覚は少なからず持ってしまうもの・・・)

 

要するに、『毎日寝ていたいと言う欲求を追及して、ニートになった人やホームレスになった人』と私の意志の強さは何も変わらないと思う。

ただ、欲求方向性が人から評価される欲求だったか?社会から後ろ指を指される方向だったかの違いだと思う。

 

ここら辺で話をまとめだそう!

 

意思が弱いと悩んでいる人へ

①自分の本当の欲求と向き合い。それ以外の事は自分はしたくない事だと認めて下さい。そうしないと自分を嫌いに成ってしまうから・・・

②意思を強くするのではなく、行動に移せるレベルの欲求を探す事に力を使ってください。意思を強くするなどと言う無駄な行為にあなたの貴重な時間を使わないで!

 

本日伝えたい事:『どうやら人の能力に違いは存在しないらしい。しかし、人の行う行為の結果には違いが存在する。』by我時朗

 

 

 

摩擦の見えない役割

2013年11月13日

物を動かす事に際して、人間と摩擦との戦いは長くから続いている。

ベアリングの発明により物流が活発化され多くの文明の発展に寄与した例や

空気抵抗との戦いとして有名なのが、特急電車だろう。特急電車のエンジンとしての機能だけを考えると十分に新幹線のぞみ同等の速度を出せるらしい・・・しかし、それをあえて出さないのは空気抵抗による騒音問題が解決できなかったから。そして、先頭部分を鋭利に加工させた、のぞみが誕生したのだ。

その他にも人間はいかに摩擦を無くすかを常に考えてきた。

そして、日本人においてはその傾向は人間関係にも漏れることなく当てはまっている。

いかに、働き易い組織を作るか・・・風通しの良い社風・・・

 

ここで全く別の話をしたい。

先日、雨上がりの道を歩いている時にアルミの鉄格子の上を歩いてしまい足を滑らせてしまった。

幸いこけたりはせずに、私の足が空回りし、一切前には進まなかっただけだった。

 

この瞬間私はある事に気が付いた・・・

 

摩擦が無いと加速はしないと言う事に・・・

そう考えると『ベアリングを有した車』だろうが『のぞみ』だろうがいくら摩擦が少ないと言っても地面や線路とはガッツリと摩擦を起こしている。

 

甲子園の常連校の練習を見れば、チームの選手同士で、ふざけたプレーをした者には罵声が飛び交っている。

 

凄い勢いで進み続けている組織には、加速用に摩擦が存在するようだ。

真剣に上を目指すがゆえに、ぶつかる事は当たり前だ。

逆の言い方をすれば、真剣じゃなければぶつからないだろうし、従って摩擦も生まれないだろう!

 

本日伝えたい事:『真剣だからこそ、おもしろい!』

コンサルタントとして必要な3つの覚悟

2013年11月10日

本日ネットショップをサポートして頂いていた会社から今後はコンサルティング的な要素を増やして私の支援先と関わって行きたいと話があった。

そこで、その会社の社長に宛てたメールの文章の1部を以下の記載する。

コンサルタントとして必要な3つの覚悟》

①メーカー以外生き残れない
②絶対に業績を上げなくてはならない。
③コスト(人件費)からの料金設定ではなく、費用帯効果からの料金設定にシビヤにならなくてはならない。

①メーカー以外生き残れない
日本におけるコンサルタントの歴史はここ50年です。その内45年間は、実質は卸業でした。
東京で当たったチラシを福岡の会社に紹介する・・・と言うように、情報の卸業だったのです。
しかし、現在は、ほとんどの情報が無料で提供されます。つまり、情報の卸業には価値が無くたっています。
これからはメーカーでなければ生き残れないのです。自分が情報を作りだし、自分が話している内容しか価値がありません。

そして、この情報のメーカーとして生きていくという覚悟を突き詰めると・・・ノウハウを隠しては絶対にいけないと言う事です。
情報が生まれた瞬間しか価値が無いという事を認めなければならないからです。1ヶ月前に作れたノウハウには既に価値が無いという事を自覚しなければならないからです。

つまり、情報のメーカーとしてお金をもらうには、その瞬間、その瞬間にクライント用に新たな情報を作れるかどうかが一番重要に成って来ます。もっと厳密に言えばそこにしか価値がなく、それが出来なければお金は1円たりとももらえないと言う事です。

②絶対に業績を上げなくてはならない。
世 の中の全ての商品は、頂いた対価に対して何かしたの効果をもたらします。『車であれば長距離の移動ができる』や『飲食店であればご飯が食べられる』と言う 具合にです。もしも、車を買ったのに・・・・たとえそれがどれだけカッコいい見た目をしていても動かなければ車としての存在価値はありません。従って確実 にお客様は満足しないでしょう。

コンサルタントは自分自身が商品です。そして、存在価値は業績を上げる事です。物を売る際は既にそこに存 在するので渡すだけでお客様は満足してくれます。しかし、コンサルタントの場合は、情報には価値が無く、その結果にだけ価値があるのです。つまり、業績が 上がると言う事・・・

この業績を上げるにはかなり、不確定要素があります。①そのコンサルタントが提供した情報が正しいのかどうか?②その会社が実際に動いてくれるかどうか?(実際はこの②の要素が非常に業績を左右します。)

現 在まだ、コンサルタント業界としてメーカー以外が生き残れないと言う考えは完全には定着していません。従って、①の所しか責任は問われません。しかし、本来 のコンサルタントの存在価値を業績向上と置くのであれば、②も含めてその会社が動ける内容で情報を作成しなければならず、どの様な手段を使っても業績をあ げなければんらないのです。

③コスト(人件費)からの料金設定ではなく、費用帯効果からの料金設定にシビヤにならなくてはならない。
通常コンサルティング業は、人件費=原価です。
従って、サービス業や制作会社やシステム会社の様にどれくらいの人件費がかかっているから、いくら下さい。と言う計算をしがちです。
しかし、コンサルタントであるならば常に費用対効果を求めなければならりません。それは、もちろん自分に対してもです。

3年かかって、1億円の粗利を増やした時にもらうフィーと3分話して1億円の粗利を増やしたのであれば、もらうフィーは同額で良いと言うことです。

さらに、料金は成果報酬にしてはいけません。
成果報酬の時点で、クライントとコンサルタントの両方の覚悟を失うからです。

上記の3つの覚悟を持って頂けるのであれば是非これからも一緒に仕事をしていきたいです。

これが出来なければ外注として仕事をして頂くしかないのが現実です。
※外注=どこでもできる事を安く行うからメリットを与える。と言う意味合いで捕らえていただければ幸いです。

どうやら、私はコンサルタントが好きで好きで仕方がないようです。さらに、コンサルタントを非常に崇高な仕事と思っております。
だから、コンサルタントには特に厳い目線で見てしまうんですがご了承下さい。
本日伝えたい事:『崇高な仕事と思える仕事に出会えた事に感謝』

『0→1を作り人』と『1→100を作る人』

2013年11月6日

『0→1を作り人』と『1→100を作る人』

良く上記の様に凄い人をさらに2種類に分ける事ができると言う。

前者の『0→1を作り人』とはそのままであるが、元々この世の中に存在しなかったものを創りだす人の事を指し。

後者の『1→100を作る人』とは、世に生まれたがそこまで認知されていない物を世に広める事を得意とする人の事を指す。

本日はこの2種類の人の違いについて師匠に聞いた話を少し自分なりに要約したいと思う。

基本的な違いとしては、『1→100を作る人』を行えた者の中にのみ『0→1を作り人』が出現する。

『1→100を作る人』の方が難易度は低く、それを行えなければどの様なものが世の中に求められているなど分からないと言う事だ。つまり、売ると言う行為において、マーケットを読む事ができる人が『1→100を作る人』を行えて、更にマーケットを読む能力が高い人だけが『0→1を作り人』をつくり出せる。

上記の内容を以下の様に図にまとめてみた。

ここで上記の図を説明したいと思う。

まず、『0→1を作る』には、生理的欲求から発生する。これは、『○○の様な物が欲しい』や『○○は△△で無ければならない』などと言う欲求だ。この個人的欲求がマーケットを読む力が無い人が行うと街の発明家止まりになってしまい。マーケットを読む力がある人が行うと富を得る。この様な人を図ではAタイプの人間として記載している。

また、その世の中に生まれた1アイテムが実際に世に受け入れられると次にやたらとハイクオリティーな商品が誕生する。図では上・中・下の左にそれぞれ①②③と書かれているがこれが世にでるタイミングを指している。

 

『1→100を作る人』と1括りにしているが実はこの中にも2種のタイプの人がおり、この上・中・下のグレードの商品へと派生した商品やサービスに目をつけて更に広める人が得意な人をBタイプの人と表している。更に、世の中に広まっていくと上グレードの中にも上・中・下グレードが存在しだしてくる。この頃になると消費者は多くのアイテムが存在するので一体自分にどの商品が合うのかが分かり辛くなるためにその手助けをするために小売業が始まる。

そして、この小売業が取り扱うまで世の中に浸透した商品を更に世に広める人をCタイプと表している。比較的富はこのCタイプの人が得易い傾向にある。※もちろん、Aタイプの人がそのままCまで行うケースもある。

そして、Cタイプを経験して市場が衰退している中にいる人の中にまた新たなAタイプの人が生まれていくと言うサイクルをおくるのだ。

 

本日伝えたい事:『個人的な好みはDなのだが・・・』

コンサルタントのスピードとメンタルの関係

2013年11月4日

この間、後輩にお願いしていた仕事がいっこうに上がってこなかったので代わりに作成し、支援先の人達にメールで送っておくようにお願いしておいた。

その週末までには届ける約束をしていた資料だったのだが、土曜日になっても送った形跡が無い・・・

まぁ、確かに週末と言う表現なので日曜日まで支援先は待ってくれるかも知れない・・・それに特に時間を急ぐ内容の資料でもないので・・・

と思い放置しておいた・・・

すると日曜日の夜でも送っていない・・・

そこで、流石に注意した。

すると、月曜日の朝方にメールでこの資料○○を修正しておいた方が良くないですか?と言うメールが来ていた。

確かに仰る通りだった・・・

しかし有無を許さず久々に強めに怒った。(予断だが、私が本気で怒るのはこの後輩を含めて3人くらいしかいない)

私:『確かにそうやな、じゃあそこの所を変えてからみんなに送っておいて!てか何を今更グダグダ言ってんねん!』

 

私は常々後輩に『経営に答えは無いけど、最善を尽くせよ!』と偉そうに言っている。

ただ、この最善と言うのはあくまで時間の範囲内での最善である。

スピードに勝る業績アップは存在しない。

たとえ、行った行為が間違いだったとしても凄いスピードで進んでいる企業であればユーターンして来た道をもどり、それからまた正しい道を歩んでも他の企業より早くに結果を出す。

 

すると、

後輩:『よくよく見直していると違う所に気が付いたので・・・』

私:『だから何を今更よくよく見直してるねん!もっと早い段階でよくよく見直せや!』(自分がミスをしているのにここまで言えるのはむしろ才能かもしれない!)

私:『いろんな会社があるからまずは叩き台を送るのでそこからドンドンレベルを上げていきましょうって既に伝えてるし、と言うよりそのよくよく考えるタイムリミットは当に過ぎてるやろ!』

私:『俺らの仕事は、金曜日までに最善の資料をつくる事やで!完璧な資料を作れない事より約束を破って遅くなる事がどれだけマイナスかいつもいってるやろ・・・!』

 

この後輩は、確実に私より頭は良い!

ただ、1つの難点はスピードが遅い!

作業などのスピードは私より速いだろう!

だって頭は良いから!

ただ、決断のスピードが極めて遅い。

 

ここで少し話を変えたい。

ロジスティクスについて!

ロジスティクスとは、簡単に言えば戦争中に前線で戦っている兵士にいかに玉を切らさなず戦わせるかを追求した学問がそのまま流通業の置き換わりいかに効率よく在庫を切らさないかと言う事を突き詰めるための考え方。

大原則としては、玉(小売店であれば商品)が切れてはいけない。しかし、100%在庫が切れない量で在庫を持ってもいけない。100%切れない在庫量とは=在庫を持ち過ぎなのだ!つまり、ロジスティクスの世界ではいかに99%とか98%在庫を切れない用にするかを考える。

 

私は、経営における決断も同じだと思う。

100%上手くいくと言う事が確約されるまで考え過ぎる=スピードが遅い

 

つまり、コンサルタントも99%の確率を目指さなければ成らないのだろう!

そして、その1%のリスクに絶えられるメンタルが必要なようだ!

 

本日伝えたい事:『今日はかなり誤解を生みそうな内容だ!』

 

 

 

 

 

この後輩を見て本当に思ったが、コンサルタントとは決して100%を求めてはいけないようだ。(1ヶ月前には100%を求めなけっれば成らないと本気で思っていたが・・・)

 

そろそろ、本題に入ろうか!

 

要するに、コンサルタントや経営者のスピードを決定づける一番の要因は、メンタルのようだ!

このメンタルを違う言葉で言うと

メンタル=自信×覚悟

になるだろう。