• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

『正しい努力』と『実行力』

2014年3月27日

2011年後半から始め2013年10月までは月商300万円だったネットショップさんへ昨年の11月からお伺いしている!

私が行きだして4ヶ月・・・

今月の売上が月商1000万円を行きそうである。

 

また別のネットショップさんだが5年間赤字だった所にお伺いしてサイトリニューアル後、半年で短月黒字化。粗利率が30%から48%へ上がり、売上が250%アップ

 

両社の経営層は大喜び!

 

私は一体何をしたのか?

 

答え:特に何も!(ちょっとはしたかな・・・)

しかし、本当に何もしていないに等しい。

実際に行ったのは『現状を受容れてもらう』と言う事だけ。

あとは、社員さんたちが勝手に色々してくれた。

 

この2社の共通点は以下の3つ

①『社員さんはめちゃくちゃ優秀』②『ネットショップへ使う時間が少ない』③『遠回りをしていた』

 

2年や5年ずっと泣かず飛ばずのこのネットショップだが単純に社員さんが何かの業務と兼務だった。

 

そこに、高いお金をもらった私が満を持して登場。

当然会社は兼務なんてさせずに、この事業の専任にするし他に人も入れる。

(どの道、兼務は私が許さないが・・・)

 

そして、現状を受容れざる終えない数字や他の企業の話をする。

 

すると、自分達が遠回りをしていた事に気がつく。

あとは先ほども話したが社員さんが勝手に色々やってくれる。

時々また遠回りをしそうになれば、『それは○○の理由から、あんまり効果ないですね』と教えてあげるだけ!

 

 

『正しい努力』とは・・・

『正しい努力』を行うには、何が『正しい努力』かを見極める力が必要なのではない。

現状の結果に満足が行っていない際に、その現状を受容れる事をすればおのずと次の手段が浮かんでくる。

それを繰り返していれば遅かれ早かれ『正しい努力』の方向に向く。その時には結果が伴い出すので自然とその方向が『正しい』という事が嫌でも気付く。

 

ただ、この受入る事を出来る人は世の中に2%いるのだろうか?

 

『実行力』とは・・・

『個人の能力』×『時間』

従って、時間を倍にすれば確実に実行力は2倍になる。

 

成果とは・・・

『正しい努力』×『実行力』

 

そして、何かしらの成功体験を積めば、『個人の能力』も自然と上がる。

まさに、正のスパイラル

 

本日伝えたい事:『もしかして私は、『招き猫』か『だるま』の類?』

 

 

 

モールで簡単に売上が上がってしまった不幸

2014年3月11日

先日私の支援先で業績が伸びていない2社のうちの1つに行ってきた!

ようやく昨年対比を超えてきた!

まだ、完全な体制を取れていないがここから徐々に上がっていくのは見えている。

ただ『業績を上げる』と言う事に関しては、私の一番しんどい部分の仕事はある程度終った。

要するにあと1社!

あと1社で本当に関わる全ての企業で業績が上がる事になる。

 

ところで話しは変るが・・・

そのあと1社とはどの様な会社か!

それは、古くからネットショップを始めたお陰でモールにおいて売上が簡単に上がってしまった企業である。

そのカテゴリーにおいては日本で本当の初期にネットショップを始めた企業だ。

この企業と私が出会ったのは丁度2年前・・・私が支援し出したのは1年4ヶ月前

 

出あった瞬間に思った事は・・・

『先行者利益ってすげぇ~~~』

 

そして、社長にお伝えした事が・・・

『よくこの内情でここまで売上ありますね!』(本当に失礼極まりない限りだ・・・!)

 

この会社さんはピーク時は月商5000万円以上あったからだ!

 

本来ネットショップが行うほとんどの業務を製作会社さんに運営委託を行い5000万円以上まで売上を持っていった。

要するに、社内に業績を上げるためのノウハウは在庫の持ち方しか存在しない。

業績を上げるのはいつも言っているが『商品力』×『売場力』×『集客力』×『接客力』だ!

従って、業績をあげる武器の4分の3を失った状態。しかも、WEB特有の分析できまくると言う特性を使っていないので『商品力』も不完全

 

それでもモールでは売上がずっと上がっていた・・・

それはただ単純!

成長期だったから!

市場がすごいスピードで拡大していたから。

 

そう言う意味では、その市場をいち早く見抜いた社長は本当に頭が切れる!

ここまで、この会社さんの事を悪く言っている様に聞こえるかも知れないがそれは誤解だ。

ここの社長は本当に頭が切れる!

 

だから不幸なのだ!

 

モールと言う、先行者は楽に売上が伸びてしまうと言う悪劣な環境で育った社員さん

完全に売上を上げるという発想を失っていた。

 

しかし、この社員さんは何も悪くない。

頭が悪いわけでもない。

これまでは、売上を上げようと思わなくても勝手に上がっていた。

それで十分以上の利益を会社にもたらしていた。

 

ところが市場が成熟していくと、競争が激化していき・・・

いきなり夢から叩き起こされたのだ!

 

私が出会ったのは丁度その頃!

社長だけが夢から叩き起こされた時期だった!

その他の店長含めて全てのネット事業部の社員さんは未だに夢見心地の頃

(1人の社員さんだけははっきりと目を覚ましていたが・・・)

 

そこから、私は他の業界のネットショップの末路を話しながら1人づつ夢から覚ます作業が行われた!

(ネットショップの末路とは、ネットショップが始まってから8~10年経つと1番店に売上が集中しだし、10年以上立つと1番店に市場の40~50%が集中してしまいその他の企業はほとんど儲からないと言う現実の事である)

 

支援がはじまり3ヶ月くらいすると店長が目を覚ましだした気がする(なかなか本音を話してくれない人だったので本当はもっと早くに覚ましていたかもしれないが・・・)

社長と店長が目を覚ましたのでここからやっと動ける!

 

と思ったら・・・

 

しかし、次に訪れた試練は・・・これまで運営委託を頼んでいた製作社さん

私が提案した内容に対して全て

『それめちゃくちゃ手間ですけど分かってるんですか?』

 

これまで楽に売上が上がってきた業界の人からすると苦労して業績を上げる何てナンセンス!

 

ただ、その理想を追い求めた結果の売上減・・・

その制作会社さんを説得するのに4ヶ月かかった・・・

 

これでやっと動き出す!

 

と思ったのだが・・・

 

しかし、まだ神様はこれまで楽をして売上を上げてしまったこの会社をお許しにはなっていなかったようだ!

 

次の刺客は、カートと在庫連動のシステム会社さん

この人も製作会社さんと同じような事言ってきた。

 

その製作会社さんを説得するのに3ヶ月かかった!

 

これでやっと動き出す!

 

神様が本当にいるならきっとそれは・・・

『星 一徹』のごとく厳しさと言うなの愛情たっぷりな方か?・・・

もしくはただのギャングか?・・・

 

これまで楽に売上を上げてきた人種の方々と私とでは言語が違った!

私の言っている事を具現化してくれようとはしているのだが意味が中々伝わらない。

まさか、そんな面倒な事を私が言っているとは思っていないからだ!

 

この言語のすり合わせに4ヶ月かかった(これは単純に私の伝える力不足・・・恥ずかしい限りだ)

 

動き出す準備だけに1年かかった。

 

そこから、実際に社員さんに業績を上げるための事を実行してもらうだけ!

ただ、一切動かない日々が3ヶ月!(これはどこの会社さんも一緒)

 

やっと最近本当に動き出した!

この間1年4ヶ月売上はずっと微減

 

ずっと業績を落とし続けた私に対して、社長が先日以下の様な事を言ってくれた・・・

『1年半前に佐藤さんに出会って良かったよ!今出会っていたら1年半も耐える力は無いだろうから本当に危なかった!』

 

しかし、この様な話しはこの会社様だけに限った話ではない!

 

最近モールで『月商1億円』や『月商2億円』やっていると言う母体がネットショップの会社様と良く出会う!

そして、上記の様なストーリーになっていないか聞くと・・・

 

皆さん揃って、『なんで分かるんですか?』と仰る!

 

何のトリックも使っていない。

見てきたわけでもない!

体験してきただけだ!

 

本日伝えたい事:『ちゃっちゃと業績上げよう!そして精神的に楽になろう!』

新たなマーケットの見つけ方 箕浦さんバージョン

2014年3月6日

本日は珍しく人から聞いた話をそのままご紹介する。

私が日本で5本の指に入ると思うコンサルタントの1人、箕浦さんから教えてもらった新たなマーケットの見つけ方について

 

この箕浦さんとは、船井総研勤続33年(確か・・・)

この数字は、船井幸雄さんより長い!

船井幸雄さんは実質的には創業から30年目の時には経営から離れているからだ!

従って、最も船井総研を知る人といってもそこまで大げさではない。

そんな箕浦さんだが、実際にこれまでに様々な新たなマーケットを見つけてきた。

最近で言うと『楽婚』や『スマ婚』『ゼロ円婚』などの新郎新婦の持ち出しが低価格でも行える結婚式を日本に作り出したのが箕浦さんだ!

それ以外にも、日本のパーマの相場を8000円以下にしたのも箕浦さん(昔は3万円だったらしい)

金・プラチナを買取業者に流して設けると言うビジネスモデルを作ったのも箕浦さん

貸衣装のネットレンタルと言う市場を作ったのも箕浦さん

などなど言い出すと切が無い・・・

 

そんな箕浦さんだが、今年でもう定年を迎える。

そこで私は最近また色々な事を教えてもらっている。

先日質問したのは・・・

私:『箕浦さんってなんでそんなに新たなマーケットを見つけられるんですか?』

箕浦さん:『もうおしまいのマーケットを見つけているからや!マーケットが成長して衰退していくって事は、お客様が今の価値では満足してないと言う事。そのお客様を満足させられれば新たなマーケットが作られる』

箕浦さん:『そのために今一番伸びているマーケットをみるんやけどな!今が一番伸びていると言う事は、直ぐにおしまいがくるからな!今伸びているうちからずっと観察するってこと』

私:『なるほど!ただ、おしまいのマーケットを見つけても、その後どうすれば新たなマーケットになるかと言うのは分からないじゃないですか?マーケットの作り方とかあるんですか?』

箕浦さん:『確かにそうやな!だから信頼関係が気づけている支援先に試してもらうねん!』

箕浦さん:『9回失敗しても10回目で1回成功すれば、これまでの失敗が十分元取れる事を分かってくれている支援先とだけな!』

私:『結局、数ってことなんですね!!』

箕浦さん:『当たり前やろ!そやけど、何回か当たればその確率は高くなるけどな!』

箕浦さん:『だから、一番大切なのはいっぱいチャレンジできる事!つまり、1回のチャレンジは必ずお金をかけたらあかん!』

箕浦さん:『きみも、それだけは気をつけなあかんで!』

箕浦さん:『あと、わしは自分の支援先試してもらってそこから考えてドンドン作ってきたけど、その点船井(幸雄)さんは既に試している人に話を聞いてドンドン作っていったからやっぱり早いな!』

 

奇跡的な数のマーケットを創りまくった人が、魔法(オリジナルのマーケットの見つけ方の方程式)を使える訳ではなく・・・

普通の人だった・・・

ただ、普通と違うところは、『数が必要と言うそんなに凄くない言葉を』

みなの想像を超えるほどに、『本当にやり切るという非凡さ』

 

数をこなさなければ・・・と言う普通の言葉も

箕浦さんから聞くと重みが違う・・・

 

本日伝えたい事:『箕浦さんが大好きと言う事』

メンタルの『強い人』『弱い人』 

2014年3月2日

私は、回りの人から『なんでそんなにメンタル強いの?』や『いつも極端過ぎる!』と言われる・・・・

実は、この2つの言葉には非常に関係が深い事が最近分かってきた。

 

まずは、『いつも極端過ぎる!』と言う言葉を言われる根底には・・・

私が草野球が嫌いだから!という所から来ている。

それは、野球をするなら、仕事をやめて毎日行いたい。自分の限界を知りたいから・・・

そこまでやらないのであれば、その時間が無駄だと感じてしまう・・・だからやり切れないのであれば、私は一切行いたくないと考えてしまう・・・

と言う考え方が根底にある。

 

話しは変るが、高校の先輩が私に残してくれた言葉に『本気でやるからおもしろい!』と言う言葉がある。

この言葉は未だに私の中心に存在する。

だからこそ、中途半端に行うのであればその時間全て無駄だと感じてしまう・・・・

 

っと!ここまでは元々私が知っていた私だ!

 

そして、最近更に色々と自分の事が分かってきた。

なぜこの『本気でやるからおもしろい!』と言う言葉に心が動いたのか?

 

それは、後輩のメンタルを強めようと自分のメンタルはどこから来ているのかを再度見つめている過程で色々な事が分かってきた。

 

私のメンタルの強さは確実に、高校野球を通して培われたのは言うまでもない。

毎日毎日『面白い事しろ!』と言う先輩の熱い期待。

もしも、それが面白くなければ『ボコボコ』にされると言う環境。

そして、たとえ面白い事をして笑いを取れても、調子に乗るなと『ボコボコ』にされる日々!

どうせ『ボコボコ』にされるなら笑いを取って『ボコボコ』にされようと決意した日々!

 

3日後には忘れるような理由で、6kgのダンベルでドツカレ、倒れこんだ体にそのダンベルを投げつけられる日々!

白目を向いて泡を吹きながら倒れていく同期・・・

120キロのストレートでのデットボールでは青タンすらできないくらい程、鍛え上げられた肉体・・・(どうやら殴られる続けると外部からの衝撃では青タンが出来なくなるようだ!)

乳首がちぎれる事もあった・・・

※ここであうまで断っておくが、私の代と先輩とはいまだに仲も良く、この時期の事は感謝しかしていない。この時期があるから今の私があるのは言うまでもない。

 

ただ、問題はこの環境をなぜ乗り越えられたのか?

そもそも、メンタルが強かったから乗り越えられたのか?

 

その事を考えると、私が保育園の時に抹茶ケーキを注文できなかった事を思い出した。

確かあれは、3歳くらいの時期。

私は本当にシャイだった・・・(今でも本質的なシャイは抜けていないが・・・)

売店形式の喫茶店(今で言うスタバの様な形式)での事。母親にケーキをおねだりしたら、母親がお金を渡すから自分で買ってきなさいと言い出した。

私が、恥ずかしがって買えないのを知っているくせに・・・

 

お金を受け取りレジの前で立ち尽くす事15分か20分・・・

確実に抹茶ケーキを食べたかった。

しかし、そのケーキの名前が分からない。

『これ下さい』と指を指して注文すればそれで終ったのだが・・・

それが出来ない。

『ケーキの名前も分からない馬鹿』だと思われたくない。

それは非常に恥ずかしい。

 

結局、そのまま母親の元に戻り、お金をそのまま返し一言

『おいしそうなの無かったわ!』(俺の知ってる名前の中ではね!本当にはあの緑色のめちゃくちゃ欲しかったけど!!!!!!!!!)

と強がる・・・

こんな事を3回程繰り返したと思う・・・

その度にこみ上げてくる悔しさ・・・

そして、初めての悔しい思いから3ヶ月か6ヶ月たった時に初めて自分でケーキを頼めた!

その瞬間、嬉しさがこみ上げてきたのはもちろんだが、それと共にこれまで注文できなかった分のケーキが非常に勿体無く感じた。

さらに、レジの前で味わった何ともいえない感覚。『恐怖』だったり、言えない自分への『悔しさ』を味わい続けた15~20分間の時間が本当に無駄だと感じた。

 

上記の様な話は、『夜トイレに行けないなど・・・』他にもいくつもある。その度に兄貴から馬鹿に日々・・・

そして、時間をかけて克服するたびに思う。

克服するまでの時間の苦しみが本当に無駄だと!

この頃から、『0:100』と言う発想が私に根付いてきている。

どうせ克服するなら直ぐに克服して直ぐに精神的に楽になりたい!

克服しないのであればチャレンジすらしたくない。

 

そして、小学1年生の時にあるルールができた。

『怖いと思ったら絶対に行わなければならない』と言うルールだ!

 

それから、このルールを粛々とクリアーする日々!

 

この日々が、あの高校時代を乗り越えた原動力だと言う事が最近分かってきた。

 

だからこそ、私は声を大にして言いたい。

 

自分が『メンタルの弱い人』と思っている人へ
①あなたは、喫茶店で注文を行う事は出来ますか?
②街中でナンパを出来ますか?

①が出来る人は絶対に②が出来ます。
そして、②が出来る人は、仕事において確実に失敗を恐れずに様々な事にチャレンジできます。

だから、結果を残し業績を上げる事が出来ます。
つまり、喫茶店で注文を行う事ができる人は業績を上げる事が出来ます。

 

メンタルですら再現性を持って強く出来る。

少なくても喫茶店で注文が出来るメンタルがある人は誰でもメンタルは強く出来る!

 

 

 

しかし、1つだけ注意しなければならないのは、メンタルを強くしたいと思った人だけに上記の話しは適応される。

それも、口先だけではなく心から思った人のみに・・・

社員や部下のメンタルを強くしたいのであればまずは、その人が本気でメンタルを強くしたいと思うようにしなければならない。

 

そして、その欲求は何かしらの『痛み』が必要な気がする。

『出来ない自分への悔しさ』『兄貴から馬鹿にされる日々』

何かしらの痛みが必要だと思う。

そして、その痛みに耐えられる様にするには、その痛みを超えた時に手に入るものが明確になっていなければ成らない。

私は克服すれば今より『カッコいい男』になると思っていた。

 

その社員さんの根源的欲求とその痛みががどの様にリンクしているかを心で理解できるまで説明しなければならない。

そして、その前には当たり前だが、その社員さんの根源的欲求とは何なのかを知らなければ成らない。

 

ほとんどの人が自分の『根源的欲求』に気付かずにそのまま死んでいってしまう。

その『根源的欲求』を一緒に探してあげなければならない。

 

『根源的欲求』とは・・・その欲求だけを満たせば、人生幸せと言い切れるもの!

それは、1言であり、それはシンプルな言葉だ!

 

本日伝えたい事:『まずは、あなたの根源的欲求とは何ですか?私のは『認められる』と言う事!私はそのためだけに生きている!』

 

 

 

1年後のSEO対策を完全妄想!

2014年3月1日

本日は珍しくノウハウの話。

現在のSEO対策は絶対にSEO会社さんに頼んではいけない。

その理由は、ノウハウの通用しなくなった現在のSEO対策においては自社で行うSEOにSEO会社さんはかなわないからである。

 

すごく雑な説明をすると、テキスト量の多いページをいっぱい持っている所が検索順位において上位化するから!

つまり、時間をかければかけただけ、SEOは上がる。(厳密には、最低限のHTML上の設定や、どの様なテキストを増やすかなど細かい話しはあるが・・・)

従って、1人のSEO担当者が何十社もサイトを持っていて1サイトに1ヶ月にかけられる時間と自社において専任の人を1人おいてかけられる時間どちらが長いかという話になってくる。

ある程度、検索ボリュームの存在するキーワードであれば、月額10万円を超えるSEO料金を考えれば、SEO対策専任を1人雇用しても十分過ぎる程

元が取れるからだ。

 

それでは、本日の本題の『1年後のSEO』と言う話!

しかし、この話をする前に、先にSEOの簡単な流れを説明しておく。

今から約4年ほど前は、ヤフーとグーグルの検索結果が異なった。

それぞれが、オリジナルのロジックにおいて検索結果を決めていたからだ。

ヤフーは、ページの多いサイトの評価を高くし・・・・

グーグルは、被リンクの多いサイトの評価を高くした。

 

しかし、丁度この4年まえあたりに、ヤフーとグーグルの検索ロボット統合してグーグルのだけを使うと言う話になった。

この事により、それまでページが多かったサイトは軒並み、検索結果の圏外に行ってしまい、被リンクの多いサイトが評価された。

 

しかし、そうなると必然的に起こるのが被リンクを販売する会社である。

これがSEO会社さんだ!

 

しかし、上記の様に成るとお金があれば劣悪なサイト(特に有益な情報を得られないサイト)でも上位化される事になる。

 

ユーザーが検索した際に最も有益な情報をもたらすサイトを瞬時に掲載してくれるから人々が利用し・・・

その事により、人が集まるので広告料金において巨万の富を得ているグーグルにとっては上記の様に劣悪なサイトが表示されるのは好ましくない。

グーグルの信用を失い。いつの日か見放される可能性が存在する。

従って1年前から被リンクよりテキスト量の多いページをいっぱい持っているサイトの評価を高めて行った。

 

そこで、冒頭に説明したSEO対策が今の主流になっている。

 

しかし、こうなってくると次は、そのテキストを販売する人が出てきたのである。

それは、フリーランスと呼ばれる人達。(簡単に言えば内職)

そのフリーランスと簡単に出会えるランサーズなどのポータルサイトもいくつか存在してきている。

だから、今は簡単にテキスト量の多いページを量産する事が可能になってきている。

 

ではここから本当の本題!

さらにここからはあくまで私の妄想の域を超えないので一切信用して欲しくない。

(むしろ、ここからの文章は私の仮説に対して様々な人から意見を頂きたいから書くだけである。)

 

1年後のSEOを考える際に、私がグーグルの技術者なら近い未来にテキスト量の多いだけのページは評価しない。

 

また、被リンクという発想を取り入れるだろう!

つまり、『被リンクをいっぱい持っているページをいっぱい持っているサイト』の評価が高くなるだろう!

厳密に言えば、上げたいページの下層に、『被リンクをいっぱい持っているページをいっぱい持っているサイト』となり

もっと厳密に言えば、上げたいページからそのページの距離(どこまで下位階層か?)も考慮してページの力の伝導率も考慮するだろう!

 

現在日本のトップを走るSEO担当者の方は既に、請負型のSEOは行わず、SEO対策の指導において料金をもらっている。

そして、その指導方法も、上記の様に被リンクを自然にいっぱいもらえるページ(コンテンツ)の創り方を指導している。

一応、この手法をとっている人曰く、被リンクをもらいやすいコンテンツにはいかの様な特徴があると仰っている。

これからのリンクが貼られるコンテンツ
①プロが教えるコンテンツ(漫画・動画・小説・アニメ・歌・ゲーム)
②○○風に書く(映画の予告風・時代劇風に書く)
③書き手を変える(小悪魔女子に書いてもらう=外部に委託!)
④統計データ!
そして、このページを始めは誰かの目に触れなければいけないので、その方法をSNSを使って拡散するとの事。
上記の話を聞いた際に、そんな簡単に被リンクを自然にいっぱいもらえるページなど作れるのか?と半信半疑だった。
そこでこの、がじログの被リンクを確認してみた。
もちろん、このブログは一切のSEO対策は行っていない。従って被リンクは自分では一切貼っていない。
すると一番被リンクをもらっていたのが以下のページで122本もの被リンクを獲得していた。
http://www.gajiro69.com/2012/10/24/gamificationlevel-design/
上記の被リンクをもらいやすいコンテンツの条件を一切満たしていないにも関わらず・・・
どうやら今後は、テキスト量は関係なく、被リンクをもらえるページをいくつ持っているかがSEOの指標になりそうだ!
そして、この仮説を信じて今から対策を打ち、仮説が当たった瞬間にそのサイトは富を得るだろう。
本日伝えたい事:『もしもこうならなければ、このページのURLをグーグルに教えてあげよう!』