• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

働く人の種類と2万時間の関係

2014年4月24日

本日はサトーカメラの佐藤専務から聞いた『働く人の種』についての話を書きたい。

まずは以下の図を見て頂こう!

まず、人は誰しもワーカーから始まる。

そして、教育を受けた状態で2万時間働くと、それなりに、その仕事が得意になり、次のステップにいける。

次のステップとは『トレーナー』か『専門家』の二つである。

『トレーナー』とはその仕事を他人へ教える人の事を指し、『専門家』とは人に教えずに自分がその道を更に突き詰めていく職人肌の人を指す。

 

そして、この『トレーナー』をまた2万時間続けると『マネージャー』になる。

『マネージャー』とは、『教える人』を育てる人の事を指す。

 

そして、この『マネージャー』も2万時間行うと『経営者(経営感覚を持った社員)』になる。

この『経営者(経営感覚を持った社員』も『マネージャー』を育てる人の事を指す。

 

しかし、この話を2万時間とはいったいどれくらいの時間がかかるのだろうか?

上記の図を見れば分かる通り、1日8時間で週休2日で働いていると10年かかる事になる。

よく1人前になるには、10年はかかると言うのはここから来ている。

 

そして、上記の2万時間を達成するまでの私の時間が以下の図になる。

以前に一度話した事があると思うが、私は野球を11年半行った時に、野球と言うスポーツが全く別のスポーツとして捉える事が出来る様になった。

そして、ネットショップの仕入れ商材において業績アップと言う面では、入社して2年半たった時期に、自信を持って業績アップできると言う事が言える様になった。

 

初め、船井に入ってたった2年半で業績が上げられるようになったので、正直私は、人より優れているのではないかと勘違いしていた。

しかし、こうして数字を見てみると、野球の捉え方が変わるまでの時間と業績アップが出来る様になるまでの時間はどちらも『約1万7千時間』を時間がかかっていた。

強いて言えば、人より3000時間は早く習得できるが・・・さほど大差がないレベルだ。

 

そして、この船井に入り1万7千時間働いてから、約5000時間働いた時に自分が動かなくても支援先の社員さんに動いてもらい業績が上がるようになった。

実際に使用した延べ時間は一緒だが、その期間が短期間であれば、次のステップへの期間が短くなるようだ。

 

※あくまで、この働いたと言うのは、自己研鑽の時間を含んでいるので労働条件が云々の話は無視して頂きたい。会社には黙って自分が好きで行っている範囲と言う事である。

 

今日の話は非常にまとまりが無いが・・・

本日伝えたいこと:『若いうちは苦労しろ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚愕!!イルカの調教方法

2014年4月24日

先日、水族館のイルカショーの飼育員さんにヒアリングをさせて頂いた。

その内容は『どうやって、イルカに芸を調教しているのか?』

 

同じ人間であり、同じ日本語と言う言語を話せる日本人同士ですら人に何かを教えると言う事は至難の技だ!

それを・・・

言語はもちろん!

種族すら異なるイルカに芸を教えるとは、どうやっているのか見当も付かなかった!!

 

そして、その答えが・・・

『教えると言うか・・・待つだけですよ!ずっと待って、ジャンプした時に餌を上げる!これを続けているとそのうち、ジャンプをすれば餌がもらえる事に気が付くようになるんです。それが出来る様になれば、犬笛を吹くなどのアクションを合わせるとそのうち笛を吹くとジャンプする様になるんです。』

 

これは、社会で言うと『評価制度』の事を指すだろう!

何をした時に褒められるのか!

ここに、何をしたら罰があるなどは存在しない。

あくまで、何をしたら褒められるかと言う『評価制度』と言う事だ!

 

想像をふわりと軽く超えてくる答えに、私のテンションは上がりに上がった。

 

その後も様々な事をお伺いしているうちに調教におけるポイントが分かってきた。

①《覚えやすい技とは・・・飼育員さんと動物との距離が短い技》

②《技を覚えやすい動物とは・・・伝える方法の数が多い動物》

③《技を早く覚えさせるポイントは・・・無駄な事を直ぐに止めさせられるか》

 

①《覚えやすい技とは・・・飼育員さんと動物との距離が短い技》

イルカで言うと、『鳴き声を上げる』や『手を振る』などは飼育員さんとイルカとの距離が近いので直接触れて教える事が出来るので、約3日程度で覚えてしまうそうだ!

それに比べて、ジャンプは飼育員さんから離れた所にイルカがいるので本当にただ待つだけしか出来ないので少し時間がかかると言う。

 

②《技を覚えやすい動物とは・・・伝える方法の数が多い動物》

その飼育員さんは、イルカだけでは無くアシカやアザラシにも芸を教えているとの事。

そして、イルカよりアシカの方が様々な芸を教えることが出来るとのこと。

その理由は、イルカが視力や聴力があまり良くない為、『犬笛』と『ジェスチャー』の2種類の方法でしかモノを伝える方法が無いのに比べて・・・

アシカは『犬笛』『声』『ジェスチャー』『飼育員の表情』の4種の伝え方が出来ると言う。さらに厳密に言えば、声のトーンや顔の表情を読み取れるので複数の伝え方が出来ると言う。

実際、野球でも名指導者ほど例え話のレパートリーが多い。

同じ事を言っていても、その人に伝わり易い例え話が存在する。名指導者は、その人に伝わるまで様々な例え話を行う。

それが出来ない指導者、いつも同じ伝え方を繰り返し・・・『こいつは全然分からないんだな~』と言う顔をする。

 

ちなみに、動物の知能の高さは脳ミソのシワの数に比例すると言われており、地球上で最もシワの多い動物がイルカである。これは人間よりもシワの数が多く・・・つまり、地球上で最も賢い生物はイルカと言っても過言では無い・・・にも関わらず・・・

その賢いイルカより、伝える方法の多いアザラシの方が複雑な芸が出来ると言う事は、頭の賢さより、教える側の意図が伝わる方が成長が早いと言う事を言っているのだ・・・

 

③《技を早く覚えさせるポイントは・・・無駄な事を直ぐに止めさせられるか》

上記の話の続きになるが、アシカは『表情』や『声のトーン』を識別できるために、大きな声で『駄目っ!!』や怒った表情をするとそれまでしていた事を止めるので正しい芸へ辿り着き易いとの事。

これは、『任せる』と『放置』の違いにもかなり共通する話で、これを聞きながら私は、サブイボが出た・・・

つまり、間違った事をしているのにそのままやらせておいて後から、『違うからやり直して』と言うのはただの『放置』と言う事だ!

真の『任せる』とは、その人の行動を片時も見逃さずに、少しでも間違った方向へ行きそうな時にそのつど止めてあげると言う事。

 

《動物の飼育から学ぶ人財育成》

①何をすれば褒められるかと言う基準を明確にする。

②その人が評価される事をするまでひたすら待つ。

③成長の速度を上げるには、無駄な事をさせない。

④その無駄な事をさせないために、伝える方法は多い方が良い。

 

本日伝えたいこと:『自分の行っている事より難易度の高い事からは、学ぶ事が多すぎる』

http://kimono-kaitori-dottokoi.com/

あなたは『ギャンブラー』か『まじめな人間』か『適当な人間』か?

2014年4月16日

業績を上げたければ80%の確率で動かなければ成らない!

 

50%でも100%でもだめだ!

上記を守り、実際に人が動けば99%業績は上がる。

 

日本の99%は中小零細企業。

その中小零細企業のほとんどの企業は、『経験を元に経営をしている』

 

上記の言い方を変えよう・・・・

より厳密に言うと・・・

 

『何となく感覚的に経営をしている。』

 

さらに、言い方を変えてさらに厳密に言うと・・・

『ギャンブルをしている』

 

即ちその様な会社の経営者は皆、『ギャンブラー』なのだ!

そして、忘れてはいけないのは、その会社のる社員さんも道連れで・・・みなさん『ギャンブラー』であると言う事実!

 

『お父さんの仕事って何?』と聞かれた際には・・・

『ギャンブラーなんだよ!』と答えなければ成らない。

※がじログを読むほどの勉強熱心な人はみなギャンブラーで無いのは明確であるが!

 

・・・・

何たる不幸!

 

ただ逆に、実はギャンブラーの方がよっぽど幸せと言う事実も存在する。

 

それは、ギャンブルすらしない人に比べると・・・である。

 

宝くじすら購入せずに、3億円を当たった時の事を夢見る人が90%以上いると言う事。

儲かる権利すら手に入れていない人がほとんど、と言う事だ。

 

『これまでのやり方ではないから』と言う理由で!

 

『これまでのやり方』で、世界的企業になっている企業でもその理由が通るだろうか?

せめて、世界的な企業になっていないのであれば改善する余地は確実に存在する。

 

ここまでは一般的な話。

それではやっと本題に入ろう!

 

この『がじログ』を読むくらい勉強熱心な頭の良い人へ向けて!

80%の確率で動くことをお勧めしたい。

 

ロジカルに考えて、少しでも成功する確率を上げるのは良い!

しかし、決して100%を目指してはいけない。

 

100%の答えなど存在しないのだから!

それを求めてしまうと、スピードを失う。

 

いつもシツコイほど言っている様に、業績を上げるには『スピード』が最も重要だ!

『質』などは二の次!

極端な話をすれば必要ない。

 

本気で何かを行っていれば・・・それを凄いスピードにおいて繰り返しトライ&エラーをしていれば絶対に『質』は上がる。

人間そんなに馬鹿じゃない!

人の能力に対して差は存在しない!

 

しかし、80%の確率ってどこまでだろうか?

 

それは、あなたがその事だけを『ぶっ通しで8時間考えた』所で良い!

人によって80%の質も異なる。

しかし、1つの事を『ぶっ通しで8時間考えた』事は大抵、上手くいく。

 

これはあくまで私の数字だが、私が売上のあげ方に今ほど確信を持っていなかった頃・・・

6~8時間考えた提案は基本的には全て業績は上がった。

(もちろん、予想以上に上がりが少なくそれ以上行わなかった事もあるが・・・)

 

ちなみに、上記の『その事だけを考えるとは』決して考える材料を集まる時間はカウントしていない。

 

経営において判断するために様々な数字が存在する。

自社に必要な数字を一通り集めた後に、その数字をにらめ出してから6~8時間と言う事である。

 

1ヶ月これだけで十分だ!

1ヶ月時間を取ろうが・・・1年時間を取ろうが・・・

実際に考えている時間とは実は8時間も考えてない事がほとんどだ!

 

従って、これ以上考えても良い答えなど生まれない。

その時点の持っている材料(経験や実際の数字)では!

 

そして、そこであきらめて、実行に移す方がスピードに繋がり業績が上がる確率が上がる。

 

しかし、これを『物事の考える』と言う鍛錬を行っているコンサルタントは5~15分で行わなければ成らない。

5~15分考えて、『これなら業績あがるな!』と自信を持てる提案に辿り着かなければ成らない。

 

たとえ、自分の人生に関わる決断の時ですらこのスピードで決断が出来なければならない。

 

私の後輩に1人非常に考える人物が居る。

その後輩には、これまで私がずっと『考えろ!考えろ!』と言い続けて来た。

 

そして、最近は『そんなに考えるな』と言っている。

我ながら、何と理不尽な人間だろう!笑

 

しかし、この後輩は考え過ぎて行動に移せない様に成っていたのだ!

これも私の責任だろう!本当に申し訳ない限りだ!

 

上記の『そんなに考えるな』とは決して手を抜けと言う意味ではない。

 

我々コンサルタントは・・・

『業績を上げれば先生』

『業績を上げなければ詐欺師!』

と言う非常に難しい職業だ!

 

しかし、ここで勘違いしてはいけない事は!

『絶対に間違ってはいけない』職業ではないと言う事!

 

たとえ1回や2回間違えても最終的に『業績』をあげれば良い!

 

そして、確実に業績を上げるにはシツコイが・・・

『スピード』が必要だと言う事!

 

だから、スピードが落ちるくらいなら考え過ぎるな!と言う事だ!

 

自信が無いうちは、6~8時間だけで良い!

それ以上は考えてはいけない!

 

本日伝えたいこと:『適当=適度に当たる=80%=スピードの最大化=業績アップ!』

先日・・・2016年の仕事納めちゃいました!

2014年4月12日

仕事の定義を会社からお願いされている最低限の約束を達成するとした場合

 

うちの会社は以下の順番で各コンサルタントへ対して求めてくる。

①営業利益において2500万円以上(ここでの営業利益とは家賃や経理の人件費などの本部経費は含まれていないので製造業の貢献利益に一番近い数字だ)

※この約束を守ることにより、実質的な人権を獲得できる。

②営業利益2500万円以上を再現性を持たせる

③チームメンバー3人(自分含める)において営業利益3500万円以上(そのチームによって予算は異なるが初期のチームはこれくらい)

④勝手に営業利益2500万円以上稼ぐ人を育てる

⑤勝手に営業利益2500万円以上稼ぐ人を育てる事を再現性を持たせる

 

上記の要求に応えた瞬間を仕事収めと定義すると

私の場合は

①は2013年の仕事

②は2014年の仕事

③は2015年の仕事

④は2016年の仕事

⑤は2018年の仕事

 

そして・・・

 

①は2013年10月20日に終わった。

②は2014年1月19日に終わった。

④の勝手に営業利益2500万円稼ぐ人を育てると言うのは2014年4月8日に終わった。

 

既に私の後輩の1人は、2015年には勝手に2500万円を稼ぐ『力』を手に入れた。

 

この『力』とは具体的に何か?

①自分で問題を発見し②自分で解決策を考え③自分の判断で行動に移し④その効果検証を行える

私は上記のことができる人を『自立』していると言っている。

 

ここで少し話は変わるが・・・

先ほどの数字はあくまで、船井総研と言う看板があって成し得る技であり私たちの本当の力ではない。

実際には、上記の自立した人を1人社員に持つとその人に付く人たち全員で3000万円の営業利益を創出してくれるのが一般的だ。

 

また、私は④の自立した人を育てるためにあたりこの2ヶ月でかなり多くの事を学んだ。

※厳密には2年間ずっと育てているフリをしていたが実質的に私の後輩にとって必要だった事はこの2ヶ月間の出来事だけだろう

 

①期限を設けて短期間で一気に育てた方がお互いにとって費用対効果が圧倒的に高いという事

②直ぐに自立を求めてはいけないという事。(絶対に先に約束を守ると言う習慣を付けさせる必要があり、それが出来てから初めて自立を求めなければ人は潰れてしまうと言う事。)

③人は話を聞いていないという事。(先日この2年間言い続けてきた事をやっと後輩ができてきたので、私が褒めたら・・・・『何ですかそれ?』って質問された)

③圧倒的実力さを見せ付けなければ成らないという事。(あくまで必要なのは圧倒的実力さ!)

④予想をはるかに上回る時間を費やさなければ成らないという事

⑤自分が『任せる』と『放置』を一緒にしていた事。

 

上記の法則を知るために・・・また乗り越えるために本当に様々なことを行った。

 

①一緒に暮らしたり・・・

②約束を毎日させたり・・・

③その約束を破った際には罰ゲームを行わせたり・・・

④その罰ゲームに私も一緒に付き合ったり・・・1ヶ月間で延べ30時間くらい

⑤放置しないように私が5分で出来る仕事を10時間くらい時間を使って寄り添って見守ったり・・・

 

本当にこの2ヶ月は『私』と『後輩』に多くの『痛み』を与えた

そして、それと同時にこれまで2年間何をしていたのだろうと思う程の成長を与えてくれた。

 

ここであえて声を大にして言いたい

『人の能力に違いはない!』

『成長しない人は存在しない(ただ、あるのは速度の違いだけ)』

『人が育てば、どの様な事業をしても1人につき営業利益3000万円は稼げる』

『つまり、業績を上げられない事業など存在しない』

 

3ヶ月前の・・・・

『良い人財がいないから人を育てるのは難しい』や『そもそも向上意欲のある人間がいないから育つわけが無い』と嘆いていた私に言ってやりたい・・・

 

『お前、どこまでやりきってから抜かしてんねん!』と・・・!!

 

本日伝えたいこと:『今は達成感と・・・昔の自分へ対しての羞恥心を胸いっぱいに感じている今日この頃』

会心のコンサルティング

2014年4月1日

先日私の人生の中でも会心コンサルティングをやり遂げた手応えがあった。

 

先日、東京でセミナーを行ったあとに支援先の事務所に立ち寄った。

支援先の1社が営業拠点ように東京に支社を出したばかりだから挨拶がてら・・・

立上時と言う事もあり責任者の方が事務所に泊り込みで仕事をしていると言う噂を聞いていたので一緒にご飯を食べた後の24時頃に事務所(兼)担当者の家に!

事務所に入ると10分程度の雑談をして帰ろうとした時に壁紙にかかっている業績の折れ線グラフをふと見ると・・・

今月めちゃくちゃ悪い・・・・

私:『これ大丈夫ですか?』(私の直接関わっていない部署だったので数字を一切把握していなかった・・・)

担当者さん:『いや・・・ヤバイです!』

私:『ですよね!何でこんな事になってるんですか?』

担当者さん:『いや~ 売れ筋は在庫切らしていて、売り難いものが在庫余ってるんですよね!切らしている在庫を造りたいのですがキャッシュフローの兼ね合いからそんなに直ぐは在庫が集まらなくて・・・・』

私:『ちょっと今からホワイトボードのある部屋で整理しましょう』

 

ということで、急遽24時から支援が始まった。

私:『とりあえず現在取り扱っている代表的なアイテムを売れ順に並べてください』

 

担当者さんがホワイトボードに書き込む

 

私:『では次に現状の在庫個数と在庫金額を記入してください』

 

担当者さんがホワイトボードに書き込む

 

私:『では次に、在庫が売れた際の粗利額を記入してくだい』

 

ホワイトボードを見つめる担当者さん・・・・

 

私:『どうしたら良いでしょうね?』

担当者さん:『あ~~~~~!このアイテムを死ぬ気で売るしかないですね。ほかに選択肢がなかったんだ!』

私:『じゃ~それをどうやって売りますか?このアイテム9月までに在庫を全てなくさなければ終わりますね!』

担当者さん:『今小さな小売店へ卸すのを中心にしていたのですがそれでは絶対に無理ですね・・・・』

 

担当者さん:『もっと大手企業に卸さなければ数がはけない。東急○ンズやロ○トなどを攻めなければ絶対に無理なんだ!』

私:『人の割り振りもそこに集中させてください。やりきらなければ何も成果は出ないですからね』

 

そうして、私は特に提案をしたわけではないが、支援が1時間程度で終わった。

 

それから1週間後・・・

 

担当者さん:『東急○ンズの○○店に卸すことが決定しました。その他の店舗にも交渉にいけるようになりました。』

担当者さん:『ロ○トの○○店にも卸すことが決定しました。』

 

1週間もたたずに!これほど分かりやすい結果を出すことができるのだろうか?

正直、私は1ヶ月で話が動き出すだけで凄い事だと思っていた。

 

昔から船井総研には『1:1.6:1.6の二乗の法則』と言う物が存在する。

ただ、指示された事をこなす時の成果を1とした際に、その作業の目的としてそこから得られるメリットをしっかり理解したうえで行う際の成果はただ、指示をこなしている時の1.6倍の成果を出すと言われている。

さらに、そもそも指示を出されるのではなく、自分で考えて動く時の成果は1.6×1.6倍になると言うつまり、2.56倍!

 

コンサルタントには様々なレベルが存在するようだ。

①ただ、概念だけのいい話をしてくれる評論家タイプ!

②業績アップにこだわり、具体的な提案を行えるタイプ!(ここからが私はコンサルタントと呼んでいるが・・・)

③実際の『提案は言わない』が、具体的な提案まで導き出すタイプ!

 

ネットの世界は今5~7倍のスピードで進んでいる。

そのスピードに対応するには絶対に社員さん1人1人がコンサルタントにならなければ成らない。

ここで言うコンサルタントとは、『問題解決能力』の事を指す。

 

①問題を見つける

②問題の解決策を考える

③問題の解決に向けて行動する

 

その意味ではこれまで本物のコンサルティングとされていた提案をすると言うスタイルではすでに追いつかなくなってきている。

 

ただ、この話を聞いて絶対に勘違いして欲しくない事がある。

それは『提案言わない』と言う事と「概念ばかり言う評論家』を一緒にしないと言う事だ!

 

提案をあくまで言わないだけだ!

確実に提案を持っている状態で『言わない』と言う事だ!

その人が気づくまで辛抱強くヒントを与え続けると言う事だ!

 

具体的な行動レベルまでイメージできていなくては絶対に成果はもちろん行動すらできるはずが無い。

 

本日伝えたいこと:『やっぱり、いつまでたっても夜更かしって何かドキドキする』