• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

本物のクレーマー現る

2014年8月26日

以下の記事は私が先日フェイスブックに投稿した内容だ!

 

【事件勃発】
小倉の手前で発生した人身事故のため電車が遅れて、新幹線の最終に乗れなかった!

この時点で、明日の予定は、始発で行っても2時間遅れて確定!

JRさんは、今日の泊りのホテルを取ってくれることに!

ラッキー!と思ってたら!

しかし、ここから事件が勃発!

どうやら、私が乗っていた電車が最終電車の1分前に小倉駅に到着していたらしい!

そして、その事実を全国版の時刻表を持ち歩いている様なガチの電車好きのお父さんが、先に気づいてしまい、お父さんブッチ切れ!

どんどんヒートアップ!

このお父さんは、このままじゃJRはダメになってしまうと言う正義感がでてしまい、しまいには北海道電鉄の脱線事故まで話が飛び火!

また、JRさんの対応が悪く、お父さんに油を注ぐ羽目に!

慌てて、私が、どうすればお父さんが納得するか教えてあげて何とか鎮火!

結局、1時間30分の時間を持ってかれると言う大惨事に!

 

《ここからが本日の記事》

お父さんは、今回の件の原因を説明せずにとりあえず謝ってその場をしのごうとする、態度に怒っていた。

そこで、私が原因を追究するために必要なデータを教え、集めるように、JRの駅員さんにお願いした。

すると、『在来線』と『新幹線』とでは別会社になっており、うまく連絡が取れていない事が判明。

今回は、小倉駅から近い所で人身事故が発生したため、実際に小倉駅に到着する時間が読み辛く、

間に合うかどうか分からないので、新幹線は待たないと言う判断を取ったそうだ!

 

そこで、駅員さんも、『今後は、さらに円滑に連絡が取れるように上に意見を投げておきます』と仰り

それで事無く終わった。

 

そして、お父さんが帰ったあとに、私が・・・

『こう言う時は、どうせ空いてるのでグリーンに変更してあげるとかするともっと話は早く終わったと思いますよ!』とアドバイスすると・・・

 

駅員:『今回の件は人身事故なので・・・その様な対応は出来ません!』と言い出した。

その一言で、今度は、私のスイッチが入ってしまった。

 

あそこまで丁寧に、説明して、今回の問題点を見つけてあげたのに・・・一切伝わってなかったのだ!

もっと、言うと、しきりに駅員さんは、『我々は、上に連絡はしました』と連呼していた。

 

その、言葉に本質的な問題点がある事に、気づいていないようだった。

連絡と言う行動をしても、結果が伴っていなければ何も意味が無い事を理解していない。

仕事をやり切ると言うレベル感があまりにも低すぎる。

この駅員さんは、その日の一番偉い人だそうだ!

組織のトップのレベルがこれではいけない。

 

そして、そこから、今回のベストな対応を教えてあげ、それを実行するためには、今後どうすれば良いか教えてあげた。

その内容を理解してもらうのに、また1時間半の時間がかかってしまった。

 

そして最後に・・・

私:『それでは、さっき言った具体策を上が変わるまで、意見を投げ続けて下さいね。』

駅員さん:『分かりました!きっと上に意見書を投げます』

私:『上が動くまで、投げ続けてくれますね?』

駅員さん:『上が動くかは分かりませんが、とりあえず1回は必ず意見書を上げますよ!』

私:『上が動くかどうかはどうでも良いです!上が動くまで何度でも、意見書を上げ続けてくれますか?』

駅員さん:『分かりました。あげ続けます!』

私:『男の約束ですよ!』

駅員さん:『分かりました!約束します。』

私:『では、これから毎月、ここにお伺いいたしますので、進捗の報告をお願い致します!』

駅員さん:『えっ!!』

 

おもむろに、パソコンを取り出す私!

 

私:『では、9月は26日の11時にお伺いしますね!そして、10月は・・・・』

 

とりあえず、年内の訪問日が確定してしまった。

 

組織の課題を浮き彫りにし、その解決策を提示し、実行者に寄り添っていく!

これは、私が普段しているコンサルティングそのもの!

本当だったら、お金をもらわなければならないのに・・・

 

相手がそれを求めて無かったら!究極にややこしいクレーマーだろうな!

 

ちなみに、この駅員さんはあと2年で定年なのだとか!

最低あと2年は私とこの駅員さんとの二人三脚が始まる。

 

この駅員さんの背中をみて、この2年間のうちに、仕事をやり切ると言うレベル感を学ぶ人が1人でも増えれば

それでこのコンサルティングは成功だろう!

 

本日伝えたいこと:『私の『0or100』と言う性格は、自分でも本当に面倒だ!』

『やった方が良い事』をいかにやらないか!

2014年8月22日

会社名も取り扱い商材も言えないが、私の支援先が40日で自社サイトの月商を昨年対比200%の1770万円も上げた!

やったのは、SEO対策のみ!

 

これを聞くと、どんなSEO対策をしたの聞きたくなる人もいるかも知れないが・・・たいした事は一切やっていない!

私が、SEO対策の日本トップクラスだからこれだけ上がった・・・訳ではない!と言うことだ!

 

この会社さんは、そこそこ田舎レベルが高い場所にある!

駅前の飲食店は3店舗のみ!

12:08にお好み焼き屋さんにいくと、お店のおばちゃんが!

お店のおばちゃん『ごめん!今日もう食材切らしちゃって!また来てくれる!』

 

いったい、このお店に、12:00~12:08の間に何が起こったのだろうか?

明らかに、店内にはお客さんは1人のみ!

 

可能性としては・・・

①12:00に相撲部やラグビー部が訪れて、お好み焼きを焼かずに、『侵略すること火の如く』立ち去って行ったのか?

②まぁ、ありえないとは思うが・・・12:00くらいに来た1人目のお客で食材フィニッたのか?

 

話がそれ過ぎたので、力技で戻したいが!

要するに、田舎なので人がいない!

 

業績は好調だが・・・人がいないから売上を上げる策を打てない!

だから、外に投げられる作業は全て外に投げているがそれでも忙しくて、売上を上げる策を打てない!

しかし、売上を上げなければ、スピードの速いネットショップの世界では、簡単に淘汰されてしまう。

 

と言う状況の会社さんだった!

 

そこで、私がお伺いしてからまず1ヶ月目は、徹底的その商材の調査をした。

※『した』って偉そうに言ったけど実際にしたのは私の後輩なのだが!

この調査をした所で自分の給料は一切増えないのに・・・完全に修行としておこなってくれたので、感謝の言葉しか出ない!

いわゆる、これがバングラディッシュの人件費を下回るという現象だ!笑

 

そして、『リアルの市場推移』や『ネット上の市場規模』『自社の売上・貢献利益などの各種構成比』『ネット上の競合の強さ』などの調査の結果

1つのカテゴリーを強化する事が決まった。

そして、その強化の方法として『商品力』→『売場力』→『集客力』→『接客力』という視点で見た際に、一番『集客力』がまだまだ伸びしろがあった!

 

何度もしつこいがあくまで、優先順位は、『商品力』→『売場力』→『集客力』→『接客力』

一般的に、皆さんの問題意識が行くのが『集客力』だが、それはあくま『商品力』→『売場力』が出来ている場合のみ論じる権利を得る!

 

この会社さんも、強化するカテゴリーの品揃えに関しては、日本国内で仕入れられる商品が既にない状態まで商品登録は終わっており

売場もある程度、作りこまれていた。(もう少し頑張れるけど!)

 

だから、『集客力』を上げる事にしたのだ!

 

そして、次は『本店』『楽天』『アマゾン』『ヤフー』の中で絞るなら、という視点で考えた際に、『本店』が一番伸びしろがあった。

そして、『本店』の『集客力』の中で、さらに絞るために、『SEO』『PPC』『メルマガ』『アフィリエイト』と考えた際に『SEO』を強化が一番売上が上がるとと言う判断になったのだ!

 

いつも、言っているが、業績を上げるには以下の①から順番に出来る人を何人有しているか?と言う話をしているが・・・

①『約束を守る』 ②『スピード(即時処理)』 ③『考える』

 

この、『SEOを強化する』と言う判断の事を『考える』と言う事である。

上記の頭の動きを図にすると以下のようになる

この『考える』が出来ると、1つ次元が変わる。

 

しかし、ここで忘れてはいけない事は・・・

これは全て『机上の空論』と言う事!

 

やはり、その空論を実践する人がいて始めて、業績アップは実現する。

また、やり切れた人だけが業績アップと言う成果を手にする事が出来る。

 

そして、『やり切る』と言う事を最大限に考えると、『やる事を絞る』と言うことになる。

 

しかし、自信がなかったり・・・経営が厳しい時ほど、手数が増えてしまう。

頑張るからこそ!

手数を根性で『全てやり切ろう』として!

 

そして、『全てやり切れない』

上記の様な事は、勉強好きな人なら誰でも知っている・・・

しかし、実際に自分の立場に、なると出来ない!

 

だから、その迷いを消してくれるのが『考える(ロジカルシンキング)』と言う事!

 

本日伝えたいこと:『3店舗の飲食店は全て美味しいと言うこと!』

コンサルタントの資質

2014年8月5日

先日、後輩のご両親に挨拶に岡山まで行った!

朝、9時から3時間ほどご両親に、後輩が、どの様に育っていたかお伺いしたり・・・

船井総研について心配ないか確認するのが目的だ!

 

倉敷駅へ、後輩とそのお父さんが車で迎えに来てくれていた。

この後輩のお父さんは、現在、滋賀県に単身赴任しているのだが週末になると片道3時間かけて必ず岡山へ帰っているそうだ!

私:『えぇぇぇぇぇぇ!往復6時間とか大変じゃないですか?』

私:『韓国へ2往復出来ますよ!』

お父さん:『確かにそうだなぁぁ。でも、滋賀県にいてもする事ないしなぁぁぁぁ!』

お父さん:『君たちみたいに、やる事ないから仕事する!ってわけでも無いし!笑』

 

そして、後輩の実家に到着するし、お母さんも交えてお話!

私:『思春期とか反抗期って無かったんですか?』

お母さん:『少し怒りっぽい次期はあったけどそんなに変わりは無かったですよ!』

私:『中学校の時に大きく性格が変わったってきいているんですが!』

お母さん:『えっ!?』

後輩:『それは、部活での話で、家ではそんなに変化は無いですよ!』

 

私:『船井総研ってめちゃめちゃ働くんですが、心配じゃないんですか?』

お母さん:『働いてる所直接見てないのでそこまで心配には成らないですね!』

お母さん:『ただ、ネットで『船井総研 ブラック』とかの検索結果がでてるのがあったので少しは気になりましたけど・・・』

お母さん:『だって、誰だって、ブラックって書かれている企業より、かかれてない方が安心でしょう!』

私:『そうですね!笑』

私:『特に○○は、人より働いていますからね!』

私:『ただ、○○はまだコツを掴んでいなかったので、やらなくても良い仕事をいっぱいしていて・・・非常に効率の悪い時間の使い方をしてたんですよ!』

私:『さらに、○○は人が良すぎるから、色んな人に、良いように使われて・・・しかも、それを断れないので、余計パンパンになり、また色んな仕事をし過ぎるのでコツも掴めずだったんですが・・・』

私:『今年からだいぶ通販だけの仕事に集中したので、もうだいぶコツを掴んだんでこれからは、少ない仕事時間で今までの3倍の仕事が出来ると思いますよ!』

私:『来年の年末は、おいしいお店に連れて行ってくれるんじゃないですかね!笑』

お父さん:『断れないねぇ!そんな所は、やっぱり似るんだな!笑』

 

上記の様な会話を楽しんだあと、後輩と私だけで、後輩の思い出の場所をめぐり、各場所のエピソードを聞くツアーへ行った!

予定では、小・中・高のサッカーのグランドへ行き、それから、倉敷の人のデートスポットイオンへ行き、後輩の定番デートスポットを巡り、後輩の好きな何チャラ美術館へ行くと言う、男で回るには何とも気持ち悪いコース!

 

そして、小・中のサッカーグランドへ行ったのだが・・・土砂降り&試合中で車を止める事すらできなかったので、素通り!

※素通り中に思い出話を聞く

すると、お腹が空いたので、後輩の家族が良く行くという回らないお寿司屋さんへ!

しかし、確実に量が足らないので、そのまま回転寿司へハシゴ!

回転寿司中に後輩が睡魔に襲われたので、イオンの駐車場に車を止めて仮眠を取ることに・・・

 

そして、起きたのは3時間後・・・・

既に、夕方・・・

 

色々諦めて、大阪へ帰阪!

 

ちなみに、後輩は、ご両親へ、今回の訪問の趣旨を伝えてない・・・

そして、前日が出張先からだったので、ご両親への手土産を忘れる・・・

 

従って、ご両親からしたら、息子の先輩が遊びに来て、どこでも食べれる回転寿司を食って、寝て帰った・・・

と言う印象しかないだろう!

 

完全に失敗だ!笑

まぁ~~良い!

またお邪魔して挽回すれば良い!

 

ただ、今回の旅ではっきりした事が分かった。

本物のコンサルタントは、『夫婦仲の良い家庭で愛情たっぷりに育った子どもしかなりえない』と言う事。

たっぷりの愛情を受けた人しか、人に愛情を注ぐことは出来ない。

 

他人の会社の業績が上がって一緒に心から喜ぶのが、コンサルタントと言う仕事なのだから!

小さい時から、人に愛情を注ぐ事が当たり前の環境で育っていないと!

 

本日伝えたいこと:『実は他に、もう1つこの記事で伝えたい事はあるが・・・』

褒めるのが苦手なもので・・・

2014年8月1日

私は不器用だ!

後輩を上手く褒められない!

自分が本気で凄いと思わない限り褒められない!

だから、『褒めない』と腹をくくった!

 

ただひたすらに、私に出来る事と言えば『お前はショボインだよ!』と言う事を教え続ける事!

後輩が『自分は出来るんじゃないないか?』と勘違いしない様に、気持ちがたるまないようにしてあげるくらいしかできなかった。

 

しかし、これをいきなりしてしまうと人は離れてしまう・・・

 

だから最近は、以下のステップを入れる事にした。

①『俺は凄いんだよ!』・・・まずは私の実力を見せ付けて、私に興味を持たせる!

②『お前を愛してるよ!』・・・私に興味を持ってくれた人には、その人の人生レベルでのコンサルティングをして上げる。

③『だけど、お前はショボインだよ!』・・・そして、上記のコンサルティング結果から、その人にとって何を勉強しなければいけないのかを教えてあげる。

 

このステップを踏むと、私にけなされてもめげない人が多くなってきた。

そして、半年ほどすると、後輩たちが、支援先の人からは、もちろん他のコンサルタントから褒められるようになってきている。

 

そして、褒められだすと、これまで以上に、私の話を聞くようになってきている。

すると、私も本音でビックリするくらいの資料を作成したり、提案をしてくる後輩が出てきた・・・

 

ここまでくると、私も心から褒めだす回数が増えてきた!

すると・・・さらに、加速度的に、成長している後輩がいる。

 

上記の話をまとめると結局、人は褒められると伸びるのだが・・・・

おそらく、私がこれを意図して、褒めると・・・後輩に直ぐにバレてしまうだろう!

これを、『チョンバレ』と呼ぶ!

 

なぜなら、私は褒めるのが苦手だから!

人それぞれにあった育てられ方があるように・・・

私にも、私にあった、育て方がある。

褒めるのが苦手なら、私が心から褒められるくらいに育てれば良いだけ!

そのためのステップを私用に作れば良いだけ!

 

本日伝えたいこと:『いっぱい褒めてあげたい!』