自分のステージごとに感じる事

2013.03.18

2013年3月17日

私は、基本的にストレスを感じる事はなく。

イラっとする事自体が1~2年に1度くらいしか無い。だからこそ私をイラつかせる人が居るとテンションが上がる。

その人はなぜ私をイラつかせる事ができたのか興味が湧くからだ。

 

こう言う時こそ、新たな自分を知るチャンスだと思う。

 

そんな私が最近、同じコンサルタントに対してはイラっとする事が増えてきた。

しかし、これはどうやら、『良かれ悪しかれ』は別として、自分の中でのモノサシが出来上がってきたからの様だ。

コンサルタントの『あるべき姿』がおぼろげに出来てきた様だ。

 

これから自分がコンサルタントに対して、さらに怒りっぽくなるのか?それもと、逆に怒らなくなるのか?次のステージが何なのかは分からないが楽しみだ。

 

まぁ、様々なステージを見ていると、レベルが上がるにつれて言っている事は『素人』→『玄人』→『素人』の順番で進む傾向が多い気がするので恐らく私も次のステージはまた怒らないのではないかと思っているが・・・

例1)野球で言うと素人はグローブにてから右手に持ち替えるのが『遅い』。そして、プロまではドンドン『早く』なる。しかし、宮本レベルになるとまた遅くなる。

例2)安いホテルには冷蔵庫は存在しない。一般的なホテルには冷蔵庫は完備されているのは当たり前だ。しかし、本当に超一流のホテルになるとルームサービスになるので冷蔵庫は存在しないらしい・・・

例3)競泳水着は一番安い物は無地だ。そして、柄としてラインが1本入ると価格が高くなり、複雑な柄になればなるほど高くなる。しかし、最高級の競泳水着は機能面だけを求めるのでまた無地になる。

結構、本質的な言葉は簡単な言葉多いのは、上記の様な理由ではないだろうか!

本日伝えた事『アホそうな言葉は紙一重』

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. ルールも言葉も要らない組織力

    ルールも言葉も要らない組織力/2019.11.05

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK