しっかりと『いい訳』を話さなくてはいけない!

2014.12.31

2014年12月31日

先日、支援先の経営発表会に参加させて頂いた。

製造工場さんなどのパートナーさんを招待して、営業部門の方が発表を行うのだ。

 

経営発表会を聞いて一番に思った感想が・・・

『この会社の人たちは何てサムライなんだろう』と言う事だ。

実は、約半年前にも、同じメンバーで年末商戦にどれだけ売るかの発表をしていた。

その際には、営業側の人たちは、『初回導入○○個は確約するので製造側の方は何が何でも作って下さい』と発表をしていたのだ。

 

しかし、製造にトラブルが起きた為に年末商戦の初回導入はほとんど出来なかった。

実際に発注は公言した量を遥かにしのぐ量の受注を獲得していたにも関わらず、初回導入ができなかったのでそのまま数字も伸びず

トータルの目標の数字も達成できなかったのだ・・・

 

しかし、先日の経営発表会では、営業側は、製造側のミスには一切触れずにただ

『目標を達成できませんでした。本当にすみませんでした。』といい訳を一切しない潔さ!

それを聞いた瞬間に、『この人達は何てサムライなのだろうか?』と思った。

 

・・・・・

 

だが、これで本当に良いのだろうか?

 

潔良いのはいいが、それで今後本当に業績は上がるのだろうか?

 

私は過去の事は徹底的に『いい訳(原因究明)』が必要だと思う。

時々、まだタイムリミットがきていないのに、無理な理由をいい訳する人がいるが、この時の『いい訳』と上記のものは似て非なるものであり明確に区別しなければならない。

 

①過去の事についての『いい訳(原因究明)』は、未来を少しでも良くする為の前向きな物である!

②タイムリミットが来ていないのに出来ない理由を並べる『いい訳』は、ただ単に諦めを正当化し、自分の慰めるための道具でしかなりえない!

 

ただ、一般的にこの『いい訳(原因究明)』が中途半端に終わらせている人が多いため結局、未来に何をしたら良いかの答えまで辿り着かず

過去の事についての『いい訳』ですら、自分を慰める程度にしかなっていない人が多い。

 

本日伝えたい事:『死に物狂いで、いい訳しなさい!本当の原因が見えた瞬間に、自ずと次取るべき行動が明確に見え、その瞬間にビジネスにおける快楽を得るだろう』

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

  3. タバコを吸う料理人

    タバコを吸う料理人/2013.10.04

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK