箕浦さんの話

2015.02.18

2015年2月13日

先日、私が尊敬するコンサルタントの1人である箕浦さんに久々いにお会いしたのでその際にお伺いした内容を以下に記載したい。

あくまで、私のメモ代わりと言う意味合いが強いので理解に苦しむ可能性も高いが私にとっては全て金言そのものだったのでご紹介いたします。

《商店街が儲かるはずがない》
・社長の集団の時点で、コスト構造面からイオンモールなどに勝てるはずがない!彼らは一般社員ばかりで高給取りなどほとんどいないのだから!
《小売店が研究開発費を取らないのが馬鹿だ!》
・世の中、運とツキだけだ!
・どこのマーケットがついてるか調べるのは小売店として立派な研究開発費(時間と交通費)
《高学歴のエリートが名経営者になれない》
・動けなければ、どのマーケットがツイてるのか最初にみつけられない。
・最初に見つけなければ、儲からない。
・最初に見つける人は、はじめからそれが儲かる何て分かっていたはずはない。
・つまり、頭が良いと失敗するのが見えるから動けない、だから最初に見つけられない。
・エリートとは失敗した事がないからエリート!
・つまり、失敗できない人たちと言うこと
《仕事とはなぜするのか?》
生きる為に必要な事は・・・『食べ物』
食べ物とは、命を頂いている。
その代わりに、仕えるのが仕事!
既に、先に貰っているのだから!
だから、仕事をして何かを貰うと言う発想自体がおかしい!
《白黒の文化とグレーの文化》
欧米は、白黒しか答えを持っていない。
日本は、グレーと言う答えが一番多い事を知っている。
欧米は、『一神教』=単純
日本は、『やおよろず』=複雑
上記は箕浦さんとの会話の中での私が感銘を受けたトピックだけを記載したが
私が一番驚いたのは、現在行われている事業そのものだ!
現在、箕浦さんは、衣装レンタルサイト「れんか」と言う以下のサイトを支援先と一緒に育てていらっしゃる。
http://renca.jp/
このサイトは、小さな街の貸衣装店や具服店が集まり、ネット上に在庫を持ち寄る事により、大手資本がネットの貸衣装の市場を
取りにきた際に太刀打ちできるようにと発足されたサイトだ。
一般ユーザーから見れば、一見1社が運営している様に見えるが1社では到底、持つこの出来ない量の在庫量を有しているのが最大の強み!
雑に説明したら、アマゾンなどのモールに近い。
ただ、違うのは、このサイトの最大のテーマが、『共生』である。
昔、船井幸雄さんが仰った『競争の世界から共生へ』と言う理想論に聞こえる様な言葉を本当に事業として挑戦し続けているのだ!
同じサイト内に50社ほどの企業が入れば、必ずどこかが儲かって、どこかが儲からないと言う事は起こりえる話だが
そこを、どの様に手綱を引いていくのか関心が高まるばかりだ!
ただ、箕浦さんの言葉はいつもぶれない!
私の様な若輩者が、ついつい競争に走ってしまう中で!
この事業だけでも10年に渡って上記の理念を貫き通しておられる。
実際に元々、ネットにおいて貸衣装で売上が立つと初期に見つけた 株式会社 吉崎さんは
この儲かる市場を自社だけで1人締めするのではなく箕浦さんの教えの通り、新規参入を促す
セミナーを複数回に渡り行い。一見、自分の競合になりえる同業者へ対して、『みんなでネットの
貸衣装に参入して業界を盛り上げましょう』と呼びかけられた。
そして、そのセミナーで知り合った人たちと今度は、「れんか」を運営されている。
箕浦さんも箕浦さんだが、その指導にしっかりと応えつづける、『吉崎さん』にも敬服の言葉しか出ない。
これらの事業に関わる方々には、是非、理想の実現のために突き進んでいただきたいものだ。
本日伝えたい事:『箕浦さんは凄いし、その指導に付き合いきる吉崎さんも凄い』

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. タバコを吸う料理人

    タバコを吸う料理人/2013.10.04

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK