• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

『ビジネス殺人犯』であると言う自覚を持たなければいけない

2014年5月31日

本日の題名は非常に物騒だ・・・

一度、題名の事は忘れて話を聞いて頂きたい。

 

良く、本当に多くの人から自分の社員(部下に)対して以下の様なボヤキを聞く

『言われる前に動いてくれよ』

『もっと、主体的に動いてくれれば』

『やりきるのレベルが低いんだよなぁ』

※厳密に言うと、実はこれは私のボヤキ!

ただ、社員や部下を持っている人は上記の様な事を思っているはず!

2年半前から、『人を育てる』と言う事をずっと考え続けていた!

 

そして、今年の初めまでの結論は・・・・

『自由こそ!人が一番成長できる。』

『教えてはいけない』

『考えると言う機会をどれだけ多く与えてあげるか!』

『ただ、皆考えると言うのは嫌いなので、それをやり切れる様に評価制度から変えなければいけない!自分で考え成果を出した人が褒められるという評価制度に!』

 

うちの会社本当に自由だ!

自分がやりたい事を何でもして良い!

その環境に本当に感謝している。今の自分があるのはこの環境のおかげ!これは揺ぎ無い事実。

 

 

しかし、今年の4月考え方が180%変わった!

ビジネスマンにはレベルが存在する事が分かった。

レベル1:『約束が守れる』

レベル2:『ホウ・レン・ソウのスピードが速い』

レベル3:『考える事が出来る』

 

そして、私は自分の後輩にレベルを無視して、一気に全てを求めていた!

そして、出来ない事に対して・・・・放置していた!

 

『結局はそいつの人生』

無理ならそいつが成長しないだけ・・・・

私は、その後輩に成長するヒントは与えられるが、結局、成長するのは、その人自身の問題!

と思っていた!

 

しかし、どうやら違うよ様だ!

レベルに合わせて接してあげないと、その人は潰れてしまうようだ!

 

出来ない自分に、ドンドン自分を嫌いになってしまい・・・

自身をなくしてしまい・・・

仕事も手に付かなくなってしまう・・・

 

良く冷静に周りを見てみると・・・・

京大などの国公立を出たのに、あまりの自由に、自分を律する事ができずに辞めて行った同僚がいっぱいいた。

 

この自由と言う劣悪な環境のせいで・・・

 

ここで話は変わるが・・・

リクルートの調べによると、その人のビジネスマンとしての働き方へ最も大きく影響を与えているのは、90%以上が初めて働いた時の直属の上司とのことらいし。

 

そう考えると、働き始めの人へ『自由』と言う名の下に『放置される環境』を与えていた私は・・・

もしも、このまま私の後輩が、本当に仕事が出来なくなり、仕事を辞めたとしたら・・・

 

社会人になって成果を出さずに転職する人は、確実に前職より、劣る会社にしか転職できない。

そして、その会社でも、『約束を守る』などの癖が付いていなければ・・・成果を出せずまた別の仕事に移ってしまう・・・

そして、逃げ癖がもしも付いてしまったら・・・

 

30年後には、親戚の人から昔はあの人良い所に勤めてたのにね~~!って囁かれながら・・・

65歳でも工事現場での道路整備などをしているのだろう・・・・

 

完全にその人の人生を潰してしまう。

私は、これを殺人と同等もしくは、それ以上にグロテスクな仕打ちだと思う。

50年以上も苦しみ続けないといけないのだから・・・・

 

従って、私は先ほど申したレベルに応じて、しっかりと、社員(部下)と向き合わず、その人を駄目にしてしまった人を『ビジネス殺人犯』と呼ぶ事にした。

しかし、ビジネス殺人の良い所は、蘇生が可能と言う点である。

蘇生には非常に痛みが伴う。

 

それは、死んでしまった部下はもちろん、殺してしまった上司も同等に痛みが必要だ!

私は、2ヶ月後輩と一緒に住む事により、どうやら蘇生に成功した。

一緒に、夜中も仕事をする中で・・・

一緒に、二人で決めた罰ゲームを受ける中で・・・

 

私は、睡眠不足以外ではストレスを感じない。従って、睡眠不足でしか口の周りにヘルペスはできない。

生まれて初めて、睡眠不足以外でヘルペスが口にできた。

 

その人の人生レベルの責任を負って、 部下を持っている人が何%存在するだろうか?

肩書きだけの上司が何%存在するだろうか?

 

極端な話、その人を駄目にしてしまい会社から放出してしまった人の子供はいったいどうの様な教育を受けるのだろうか?

その人の人生だけでは済まされないかも知れない・・・

 

本日伝えたい事:『本当の愛を胸に、今日も後輩をシバキ上げる日々が続く!』

後輩へのメール

2014年5月26日

本日は、後輩へ送ったメールをそのまま記載したいと思う。

これは、他の後輩にも知って欲しいからだ!

《以下メール文》
何が言いたいか!
我々コンサルタントは、以下のステップからなってると思うねん。

①業績の上げ方を知る(作る)
②やる気のある人(理解力のある人)に伝える
③やる気の無い人(理解力の無い人)に伝える

日本全体的に思われているコンサルタントは、①業績の上げ方を知る(作る)まで

船井総研内で思われているコンサルタントは、②やる気のある人(理解力のある人)に伝える

俺が求めるコンサルタントは、③やる気の無い人(理解力の無い人)に伝える

良く、『良い支援先とめぐり合えるかどうかが鍵や!』とか・・・
『業績上がる所とだけ付き合わなければ』とか言ってるけど・・・

これは、②のレベルの発言やんな!

③のレベルまで持っていけた瞬間に、理論的には世の中全ての企業の業績を上げられると思うねんな!
つまり、コンサルタントは『伝える』と言う職業やと思うねん。

お前は、今だいぶ①は出来てると思うから!

次は②とか低次元をすっ飛ばして③を目指そう!

その為には、単純に言葉数が少ないわ!
伝えるのが得意になれば、少ない言葉でも伝わるんやろうけど今は言葉数を増やす事を意識してみ!

その言葉の中に、『伝わっている言葉』と『伝わってない言葉』が存在するから、それを見ながらドンドン言葉の精度を上げていこう!

【追伸】
けど、お前できてる時はめっちゃ出来てる時あるで!
つまり、気を緩めると伝わらんねん!

という事で、6月は、俺への連絡とお客さんへの連絡は全て気を抜くなよ!
6月だけ、事細かに指摘して上げるわ!

《メール文ここまで》

 

現在のコンサルタントは社長にはなれない!

それは、①の業績の上げ方しか知らないからだ!

 

しかし、社長に必要な事は、それを実行に移すこと。

そこで、上記の様な認識になってしまっている。

 

しかし、それをいかに100%に近づけて伝えるか?

これが出来なければ、きっとどの様な企業でも業績を上げられるはず。

 

その為には・・・

『その人に伝わる言葉のチョイス』

『動機付け訴求としての信用訴求』

『やる気を出させるための組織体系』

『やる気を出させるための評価制度』

『その人の根源的欲求を知る』など等

やらねばならない事は腐るほど存在するが・・・

まずは、『その人に伝わる言葉のチョイス』に意識を傾けて欲しい!

そして、その極意は!下手な鉄砲も数うちゃ当たる精神で!

 

本日伝えたい事:『別にこれ、コンサルタントに限った事じゃないか!』

誰も気づいていないかも知れないが・・・良い仕事をした。

2014年5月20日

本日は年商10億円の企業様での支援。

この企業は製造・卸・直販・小売をしている会社。

その中で、直販事業部の事業部長さんから以下のような相談をされた。

部長:『在庫が3500万円ほどダブついてキャッシュフローがやばかったのですが、1500万円分くらいは在庫処分の方法のめどが付いたのであと2000万円分を8月中に在庫処分しなければなりません』

部長:『とりあえず、直販サイトで販売するために、コンテンツを充実させて成約率を上げようと思うのですが!』

私:『なるほど!売上をアクセスと成約率で考えた際にコンテンツを強化する事により、価値を伝えて成約率を上げる事により、販促も強化できるようになるのでアクセスも増やせると言う事ですね!』

部長:『まぁ~そうですね。』

私:『それが上手くいって、成約率2倍!アクセス2倍!になれば最高ですね!』

部長:『そんな上手くはいかないと思いますが、やれる事はやらなければ!』

私:『いやいや!実際に成約率2倍!アクセス2倍!いけたらどれくらい在庫はけるんですか?』

部長:『う~~~ん!いけて200~300万円分ですか?』

私:『そうですよね。全て2倍になってその数字ですよね!』

部長:『・・・・』

私:『要するに、無理ですね。』

部長:『けど在庫は、はけないと本当にやばいです。』

私:『まずは、受け入れる事からはじめないと冷静な判断は出来ないです。』

私:『じゃ、直販サイトで在庫2000万円分を販売しないとしたらどのような策がありますが?』

私:『1500万円の在庫のはけ方を、少し○○に変えれば可能性が出てこないですか?と言うより直販サイトより圧倒的に可能性を感じるでしょう!』

部長:『それは、確かにそうですね。ただ、社長がなんと言うか・・・』

私:『今、電話してみて下さい。』

部長:『社長・・・△△の案件ですが××と言う理由で○○に変えて販売をしようと思うのですが・・・・』

社長:『うん!そうしよう!』

部長:『あっ!』

私:『社長何て言ってました?』

部長:『ビックリする位あっさりOKでした。』

 

 

この部長は本当に優秀だ!

責任感も強く!奥さんの出産と言う理由で仕事がやりきれなかった事について謝るくらい責任感が強い人!

だからこそ、自分の持ち場での在庫処分をしないと言う決断は中々やりにくいもの!

しかし、無理なものを無理やりやろうとしても、それは無理!

物事を受け入れた瞬間からしか、解決の糸口は顔を出さない。

 

この『受け入れて』『何かをやめる』と言う事は、当事者では中々できないもの。

そう言う意味では、今日は我ながら、中々のコンサルタントらしい仕事をした気がする。

 

この会社の前期の売上実績は10億円

そして、2014年度の売上目標は30億円!

そして、2015年度の売上目標は100億円!

 

100億円までのステップは、ほぼほぼ見えていたが、実はこの在庫処分だけが唯一見えていなかった・・・しかし、今日でだいぶ見えた。

この会社は、本当に頭が良いので、今日の直販で在庫処分を『やめる』と言う提案だけでもう、100億円までは勝手に行きそうな気がする。

 

たぶん、この会社の社長くらいしか気づいていないけど・・・

私の中で今日はそれくらい大きな仕事をしたつもりだ!

 

※ただ、このスピードでの成長はコンサルタントの提案の域をはるかに超えているので他のコンサルタントの人は絶対に真似しないように。

この会社だから出来る事だし、社長がしっかりとコンサルタントの提案の域を超えている事を理解した上でジャッチしているから成り立つ事。

 

本日伝えたい事:『今日であと2年分の貯金が出来たので2年かけて300億円のなり方でも研究しとこっと!』

人の能力に差がなくても・・・結果は100倍変わる

2014年5月18日

先日、とあるスポーツ用品メーカーへ支援に行った。

その会社の製品は、日本の5~60%のシェアを誇る圧倒的1番メーカー。

そのスポーツに関わる人なら知らない人は存在しなレベルのメーカーさん。

 

相談内容は、日本全体で見ると圧倒的シェアを誇っているのだが・・・EC上(ネットショップ経由)の売上となると他のメーカーにシェアを取られているとの事。

その理由は、他のメーカーがネットショップが販売し易いように画像や商品スペックの提供をしているのに対して、今回の企業は出遅れた形になっているからだ!

そこで、ネットショップが喜ぶ事を教えて欲しいと呼ばれたしだい。

 

そして、様々な提案はしたのだが全部はできないだろうから、まずは売れる商品ページをメーカーが作ってくれればネットショップは喜んで取り扱ってくれるので、まず商品ページを作ろうと言う事になった。

 

すると、その会社の常務は、『よし!次に佐藤さんが着てくれる2ヶ月後までに商品ページを作成するぞ!』とやる気満々!

 

しかし、私は以下のようにお話させて頂いた。

私:『ネットの世界』は『リアルの5倍の速度で日々進んでいる旨を伝え、2ヶ月後に完成とかリアルで店舗用のポップを1年後に作成すると言っているのと同じですよ!』

私:『従って、スピードの速いネットショップならこの商品ページを作るのは1日でやってしまいますよ!せめて、2週間後には完成しなければ!』

常務:『なるほど!そりゃ確かにそうだ!1年後はまずい!2週間で作るぞ!』

 

それから・・・2週間後

一切商品ページのラフすら来ない・・・・そこで、私から『現状のままで良いので一度見せて下さい。』とメールをする!

 

それから・・・2週間後(延べ1ヵ月後)

ワードに商品の特徴をメモしたものが送られてきた!しかも、製造側の専門用語だらけ!

そこで、私はあわてて電話をし、『この専門用語っぽいのはユーザーはみなさん知っている言葉なのですか?もしも知らない言葉なら具体的にユーザーのメリットに言葉を置き換えて下さい。』とお願い。

 

それから・・・1ヶ月後

全く同じワードが再度送られてきた。

 

そこで昨日、再度その企業に行き、なぜこの様な事になっているか確認すると、前回の会議の時に商品ページの作り方を聞いていた担当者さんが、会議に出ていなかった製造側の技術者の方に作られていたことが発覚!

そして、再度ユーザーのメリットになる用語に置き換えるように説明すると・・・

常務が『分かりました!次回までに作り直します!』

私:『いえ!今作りますよ!』

 

それから、その商品について20分ほど説明を受け私が商品ページのラフを作成。

 

おそらく、あの時に私が作成していなければ120日経っても商品ページは作成されなかっただろう!

日本最大のメーカーの幹部層10人が集まって120日で作れなかったものを私が1日で作成するのだから

常務は大喜び!

常務:『これでやっとネットの販路が見えました!ばっちりうちの商品の説明ができている!』

 

ここで問題は・・・・じゃ、私とこのメーカーの人達では120倍の能力の差が存在したのか?

『絶対にそんなはずはないと!』断言できる!

 

私が頭を使ったのはヒアリング20分とラフ作成20分程度!計40分

それに対して、メーカー側の商品ページの作り方を聞いていた担当者の方が頭を使った時間は0分

 

ただ、それだけの事だ!

もちろん、私は日頃、この様な商品ページの事を考えているので普通の人よりは早いだろう!実際に私が始めて商品ページを作った際は今より本当にレベルの低いもので3時間とかかけて作った記憶がある。

 

しかし、それでも本来なら私が1日(40分)で出来る商品ページの作成を始めての人でも1日(3時間)で出来るはずだ!

つまり、日にち単位では全く差が出無い!

 

何が言いたいかこの辺でまとめようと思う。

 

人の能力は大差はなくても、『考える』と言う行為を先延ばしにしていては結果は100倍の違いに簡単になってしまう。

ここからは極論を言おう!

 

たとえ、人生を大きく左右させる重大な決断であっても1日で決められるはずだ!

なぜなら、真剣に8時間以上考えられる人などほとんど存在しな!

多くは1週間に1回、3分程度の時間を費やし1年(52週)経っても156分も使っていない。つまり、3時間も使っていないのだ!

 

そして、我々のように考える事に、慣れれば、普通は8時間かかる程、複雑な事でも10~15分で答えにたどり着く。

つまり、人生を大きく左右する決断でも10~15分で決断できる。

 

業績を上げるには、『スピード』が最も大きく影響を与える。

正しい、決断よりもスピードの方が重要!

 

この、『考える事を後回しにしない』と言う事を身につけた人は、人より100倍の成果を手にする可能性は非常に高いと言える。

 

本日伝えたい事:『『考えてきます』と言う言葉を発している時間がもったいない!』

『3人の侍』と『5人の修行僧』

2014年5月14日

本日は、1泊2日のリスティング広告研修

参加者の人が希望すれば、夜間も講師陣は指導をすると言う内容の研修を企画した。

リスティングのやり方自体は特に難しくない。

しかし、それをやり切るのが非常に難しく・・・

 

私が後輩にリスティングを教える際と同じカリキュラムにて企画した。

私としては、いつもやっているやり方を・・・

普段通り・・・呼吸をするが如く・・・

 

しかし、ダイレクトメールを送った際に私のフェイスブックは少しざわついた・・・

 

『徹夜のセミナーってヤバク無い!』

『講師も覚悟決めてるから、参加者も覚悟決めて来いって事ですね!』

『夜中が楽しそう!』

 

様々な声を頂た。

思っても見ないほど、夜間の対応に注目が集まっていた。

※あくまで断っておくが徹夜をさせるためのメンタル的な研修ではない。要望があれば受けますよと言う内容だ。

 

直ぐに、5社ほどの社長から『うちのメンバーを送り込みます!』と言う声をいただいた。

出だしは好調!

 

そして、本日の参加者3名

『あれ!人数が少ない・・・』

 

おそらく以下のようなやり取りが行われたのではないだろ。

 

社長:『こんなセミナーあるけど、行きたかったら行って良いよ』

(社長心の声:『自分から行くっていわなければ、身にならないからな!』)

担当者:『分かりました。また考えておきますね。』

・・・・DMを見る担当者・・・・・

担当者心の声:『えっ!なんか夜の部あるけど大丈夫・・・』

・・・・2週間後・・・・

社長:『セミナーどうする?』

担当者:『いや~!考えたのですが今は、それより○○をしっかりやる方が良いと思ったので今回のセミナーは止めときます!』

社長:『そうか!・・・・』

 

おそらく上記の様なやり取りが行われたのだろう!

ここまで今回のDMがハードルを上げ過ぎていたと言う事を知れただけで良しとしよう!

 

ただしかし、一点だけ問題が残っている!

 

それは、参加者3名に対して船井総研側が5名・・・・

数が逆転してしまっている・・・・

運営にはそんな人はいらないのだが、社内からこの研修に参加したいと言う人がいたので・・・

 

こうなれば、もうこの3社の方には、リスティングだけでは無くその他に・・・

その会社が今後どの商材を強化すれば良いか!それをどの様な売場にて販売していけば良いかまで全部教えるしかない!

3社なので研修中に話を聞きながら、個別に答えていき、テキストもそれぞれごとに作成している所だ!

(運営側の人は無駄にいるので・・・)

 

この研修に参加しなかった全ての会社が、羨ましくて・・・損した気分になるくらいに!笑

そして、参加した会社さんが、『何て得をしたんだ』と思えるレベルで!

 

 

しかし、今回の研修で私は、1つだけファインプレーをした。

それは、ほかに研修に参加したいといった船井総研のコンサルタント4名の参加を断った事だ。

断った時の理由は・・・

『参加者さんへの対応の時間を増やしたいから、参加しても面倒見れへんで、また今度、別日に教えてあげるわ!』

という理由だったが・・・・

もしも断らなかったら・・・・

『参加者3人』対『船井総研9人』  完全によってたかって状態!

 

意図とは違うが、何はともあれ我ながら、『ファインプレーだった!』

 

ちなみに東京でも5月23日24日に同じ研修があるのだが・・・・

現在、参加者3名・・・

デジャヴー・・・笑

 

本日伝えたい事:『この参加してくれた人達を私は侍と呼ぶ事にした!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重の変化と経営

2014年5月3日

まずは事実だけを捉えたい。

私はこの2年間に、図らずしも、体重が約20キロほど増えることに成功!

その原因は明確で・・・

①なるべく、動かない様に心がけた事

②なるべく、寝る直前にご飯を食べる事を心がけた事

③なるべく、コンビニや外食を食べる事を心がけた事

上記の事は私なりに業績を上げるためにはと考えた結果たどり着いた生活スタイル!

私はまだまだ、経営を研究しなければならず、上記の項目を見直す事は現段階では毛頭ない。

 

とは言うものの・・・確実に不都合は生じだし、寿命を消すっている感はヒシヒシと感じている。

 

そこで、4月から足首に片足500gの重りを付けだした。

重りをつけていると支援先の人から『それって健康に良いんですか?』や『ダイエットに聞くんですか?』と聞かれた。

その時の私の回答は・・・

『知りません!私の師匠がやっているので・・・!あの人で2年ほど前から続けられているので、それなら自分でも続けられそうだと始めただけです。』

 

1ヶ月重りを付けた結果、若干体重が増えた!(もう、現在は筋肉が増えているからだ!と信じるのみ!!)

ただ、1つだけメリットもあった。

 

重りをつけようとしている私に師匠が『絶対に片足500gから始めなさい。それ以上から行うと怪我をしてしまうから』と忠告してくれたので500gからはじめたのだが・・・

本当に、500gから始めた良かった。

 

重りをつけた初日はセミナーだった。

講師台とホワイトボードの往復だけなのに・・・びっくりするほどしんどかった。

たかが500g!しかも、ほとんど動いていないのに・・・

付け出してから2週間は体全体の疲れがひどく、本当にしんどかった。

 

しかし、3週間ほど経つと徐々に体もなれてきたのか疲れなくなり。むしろ重さを感じなくすらなっていた。

そこで、次は片足1kの重りにバージョンアップする事にした。

 

その重りの重さは2倍!

しかし、全然しんどくなかった。

 

ここまでがここ1ヶ月の事実ベースの話をただ、書かせていただいた。

再度もう一度事実をまとめて見よう。

①足首は500gでしんどい。

②2年で体重が20kgも増えているのに重りほどの変化には気付いていない。

③重りを2倍の1kgにしても少しもしんどくない。

 

そこで、ここからは私が何を感じ、学んだのかの話をしたい。

 

どうやら、何キロ増えたより、率の方が重要なようだ!

20kgと言ってもお腹周りが中心に増えたので、率的には2倍程度。

また、体の中心の変化がそこまで影響はなく、離れている足首の小さな変化は体全体まで影響を与える程と言う事。

 

これを経営に置き換えると・・・

体の中心とは、『社長』や『既存のお客様』と言い換える事が出来るだろう!

そして、中心から離れている足首とは、『社長』→『役員』→『部長』→『課長』→『係長』とドンドン離れていくと言い換える事が出来るだろうし、

また、『既存のお客様へ既存の商品を提供する』→『既存のお客様へ違う商品を提供する』→『新たなお客様へ違う商品の提供をする』と言い換える事が出来る。

 

従って、基本的には中心から離れた場所で経営をするとしんどい。

もしも、離れた場所の業績を上げる際には始めはゆっくり売上を立てないと上手く行ったとしても、本業への影響が大きい。

 

本日伝えたいこと:『目の付け所がシャープだね!』