• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

業績が上がる場所

2015年3月26日

そこに行くだけで業績が上がる!

そんな場所を作りたいと思い・・・

この思いからEC通販・経営研究会と言う、業績アップを目的にした組織を作ることにした。

 

構想に1年!

準備に4ヶ月

本格稼動に4ヶ月

 

理想としては、様々な企業様が集まり、成功事例を持ち寄る事により、そこに参加すれば、ノウハウが自然と溜まる場所!

決して、うわべだけの調子うかがいの会合ではなく、具体的な情報をシェアできる場所。

 

この理想を実現するためには最低でも50社~100社と言う数が必要である。

 

この母数が多くなければ会そのもの自体の価値が薄くなってしまうと言う・・・

理屈は分かるが・・・・

構想時点で一番悩んだのは、商材パッティングの点!

 

ネットショップは、全国商圏なので、同じ商材を取り扱っている時点で商材がバッティングしてしまう。

それでは、100社と言う数字も厳しくなってしまう。

 

しかし、このままのスピードで現在の支援先が成長していても、3年後のには大手のメーカーが正々堂々と直販を行っていると言う世界が日に日に現実身を帯びてきている。

 

つまり、現在の支援先数の成功事例の母数のスピードではいけないのはヒシヒシと感じる日々。

 

そして、出した結論は・・・・

 

どうせ、流通業自体が製造小売しか生き残れないと言う時流は目に見えており、製造小売をするのであれば、複数の商材を取り扱うのは正しい選択ではなく

さらに、1つ商材の中での、ピカッと光るコンセプトにて攻めなければ大手資本に飲みこまれるのであれば、少々のバッティングはしてもそれぞれ違うコンセプトにて違う客層の人を感動させれば良いのでは!

 

上記の考えに、自分を納得させるのに1年かかったと言う方が正しいだろう!

これまで、5年間!

ずっと、自分の支援先が全国で圧倒的に勝つためには?

その様な事ばかりをひたすら考えてきた私にとっては、直ぐに受け入れ難い考え!

 

この考えを少しづつ変えてくれたのは、最近徐々に増えてきている本物のメーカーさんからの相談件数の増え!

このままでは、中小の小売業出身のネットショップは資本力の面でも、物作りの面でも負けてしまう。

 

中小の小売業出身のネットショップさんと一緒に成長してきた私は、やはりこれらの会社さま今後も会社を存続して欲しいし

むしろ、世界に打って出れるほどのピカッと光った企業になって欲しいと言うこの2つの考えを合わせて、さらに1年と言う時をかけてやっと自分を納得させた。

 

そこから、実際に会員さんを集めるための行動に移るのだが・・・

 

私は納得したから良いが問題は、自分の部下達だ。

 

これまで、散々と私から『自分の支援先でシェアを独占する勢いで行かなければ、競合にやられてしまうぞ!』と吹き込まれていたのに・・・

急に、少々の商材バッティングは良いから100社以上のネットショップが集まる研究会を作るぞ!と言われれば戸惑うのは当たり前!

 

研究会運営に関わるメンバーは全て、この研究会そのものの存在意義に対して、疑問を抱きながら進めるのでもちろん進みは悪いのは当たり前!

 

どんなに、メンバーが納得していなくても、今後の時流を考えると結局、強引に推し進めるしか選択肢は無かった。

 

去年の11月に第1回目の研究会を行い。

私も含めて、グダグダのクオリティー!

 

1月に開催された第2回になれば、クオリティーが上がるかと思いきや、特に上がらず・・・

 

このままでは、せっかく第1回から参加してくれている企業様に申し訳ないと言う焦り。

 

そこで、既に200社の会員さんを有し活性化している社労士研と言う研究会を見学させてもらった。

そこでは、我々の思っているより遥かに莫大な下準備が行われていた。

 

自分達の考えているレベル感がどれだけ幼稚であったかを気づかさせられる事になった。

しかし、この気づきは、本当に大きい。

 

知っているか?知らないか?

元々の我々も研究会運営に手を抜いていた訳ではなく、自分達なりに精一杯度努力していたからだ!

 

自分達に足りないものが明確に成りさえすれば、後は突っ走るだけ!

 

しかし、100社にするためにあまりにも多くの人を運営人に引き込んでしまっていたので、実際に稼動する人を半分に減らした。

自分の目が届く人までに!

 

そして、そのメンバーが納得していようが納得して無かろうが、関係なしいに強引に準備に巻き込んだ!

 

3月24日 第3回 EC通販・経営研究会 前日!

私:『明日の研究会は、神会にしたいねん!』

メンバー:『うん・・・?』

私:『ゆくゆく第1~2回に参加された企業さん達が、『EC研が変わったのは完全に第3回だよね!』って語り継がれる会にしたいねん!』

メンバー:『はぁぁ~!』

 

そして、当日38名の参加者さんを招いての研究会が始まった!

 

そして、研究会が終わってから、メンバーの1人が私に言ってくれた一言が・・・

 

メンバー:『今日の研究会の懇親会でAさんとBさんが話している時に、Bさんが本当に良い話を聞けたと言う表情を見た瞬間にこの会の本当の意味が分かりました!』

 

このメンバーの言葉を聴いた瞬間に、流れに乗ったと確信した。

あとは、一刻も早く会員さんを100社以上にして、更に会の存在価値を高めるだけだが、それも時間の問題だろう!

 

そして、10年後・20年後・30年後、以下の様な会話が聞こえる日々を夢見て!
A:『あの会社の勢い凄くない!!』
B:『あぁ~~!あそこね!あそこはEC研出身の企業だからね!
A:『えっ!マジで!そりゃ凄い訳やぁ~~~』

上記の様な会話がされるように!

ビジネス界のリクルート的な存在であり!
漫画界のトキワ荘を目指して!

 

本日伝えたい事:『これで確実に5年先の仕事が終わった!これから、年末にかけて30年先の仕事をするか!目指せトキワ荘!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座ってるだけで業績が上がった!

2015年3月21日

昨日はノベルティーのネットショップ様に支援に行っていた。

そのサイトでは、3月の売上予算が前半の2週間で達成してしまっていた。

 

この会社さんの社員さんは本当に良く働く!

結果が出てない時でも、それでも一生懸命やりつけた結果自分たちが行っていた事が間違いじゃなかったと今回で確信に繋がったのではないだろうか!

これだけ一生懸命働いている社員さん達なので、今回の様に報われてくれると本当に嬉しい限りだ!

 

で結局、何をしたからこの会社の社員さんは報われたのか?

 

それは、王道中の王道のやり方をまじめにコツコツとやってもらったに過ぎない。

①カテゴリーごとに市場性と競合性を計り!

②強化カテゴリーとその優先順位を決め!

③強化カテゴリーの品揃えをグレード別に充実させ!

④PPC広告を運用しながら、売場の回遊性を上げていき

⑤SEO対策を地道に続ける

 

別に特別な飛び道具を使った訳ではない。

そして、上記の『商品力』『売場力』『集客力』の3つが上手く噛み合ったのが今月と言うだけの話。

 

この業績の上がり方は、特に驚く事ではない。

 

しかし、私が一番驚いたのは・・・

私が何もしていないと言う事。

文字通り、支援中は横で座ってただ、恵比須顔で微笑んでいるだけ!

 

何回か、何をしに着たか忘れそうになり、自問自答を繰り返す事もあった。笑

それくらい何もしていない。

 

ただ私は、自分のチームのメンバーである白神さんが指導しているのをただ眺めるだけだ!

 

この半年間の私の仕事は、寝坊をせずに新幹線に乗れたらその日の仕事は終わりと言う状態。

本当に頼もしくなってくれた。

 

昔は、良く支援の前日は模擬支援と言い、白神さんに私を翌日行く会社の社長に見立てて

分析と提案をさせては、数字の不明確な所や提案の不明確な所を指摘しては朝まで支援をしていた。

そのまま、本当の支援に向かうので、1日に2回支援を行うと言うかなりハードな日々を過ごしていたが今は

翌日の夜に、明日の支援をどのように進めるのかを簡単に聞くだけで特に突っ込み所がないレベルまでになっている。

 

私の元から巣立っていくか白神さんを見守りながら、嬉しくも・・・少し寂しい・・・甘酸っぱい気持ちになった浸った。

 

本日伝えたい事:『もう直ぐ、春ですね!』

リアルの市場で昨年対比130%の仕事のレベル感

2015年3月6日

昨日の夜24時過ぎに、出張先のホテルに着いたタイミングで高校時代の友人から電話があった。

その友人とは以前も以下のブログ記事にて紹介した人物だ!

http://www.gajiro69.com/2014/07/08/consultation-from-a-friend/

 

裁縫用品の製造卸を営業マンをしているのだが、上記の記事のあと現在昨年対比130%前後の数字を維持しているそうだ。

そんな、彼から電話が・・・

友人:『マジでピンチや!』

私:『おぉ、どうした!基本お前からの電話はいつもピンチやからなな!笑』

友人:『今回は本当にやばいねん。実は、明日納品の商品に同梱するパンフレットを印刷業者に依頼し忘れている事が今日分かってしまって・・・』

友人:『一応、近くの印刷機を使って自分で印刷してみたねんけど、やっぱり色合いが違うくて・・・どうしたら良いやろう!』

私:『お前住んでいるのって確か京都やんな?じゃ、キンコーズって印刷を専門にする会社があるねんけど、近所にないの?』

友人:『そこに行ったねんけど、色があんまり良くなかったねん。』

私:『お前良く、キンコーズ知ってたな!笑』

友人:『めっちゃ、調べまくったもの!京都の受付が17時とかホームページに書いてたから危うく大阪まで行くところやったは!けど電話で問い合わせたら京都でもいけた!』

私:『お前凄いな!本気やん!』

友人:『いや~!えぐい!納期遅れるとかありえへんもん・・・辞めた方がましかも・・・』

私:『ちなみに・・・明日何枚のパンフレットが必要なん?』

友人:『30枚!』

私:『えっ!それだけ・・・!お前いらいな!その枚数でそこまで真剣になれるって!』

友人:『え~!何がやねん!本気で終わってるわ!』

私:『まぁ明日、その印刷会社に言って、当日に印刷できひんか頼み込んで、無理なら、キンコーズで印刷したものをとりあえず同梱しておいて、それを取引先に正直に伝えて後で差し替えにいくしかないよな!』

私:『ちなみに、その取引先とはどれくらいの仲なん?』

友人:『俺の取引先とちゃうねん』

私:『(こいつ、自分の取引先と違うのに、ここまで必死になってやってるんや!!)』

友人:『とりあえず、今から会社行って、今あるキンコーズで印刷したパンフレット、実際に商品に同梱してみて見た目を確かめて見るわ!』

私:『それは朝早く行っても結果は一緒ちゃうか?』

友人:『そっか!あぁ~~じゃどうすれば良いねん!!』

 

 

さすが私の友人だけある!

この責任感と、行動力!

おそらく、キンコーズが大阪にしかなければ確実に仕事終わりに行っていただろうな!

 

現在、ネットショップで昨年対比120%や130%はそこまで驚く数字では無いが、

リアルの市場では、ほとんどの会社は目指せ昨年対比と言う会社も実は多いはず。

 

それくらい、現在のリアルの市場で業績を上げるのは難しいにもかかわらず、この友人は昨年対比130%前後の数字を叩き出している。

 

今日の電話で、彼が上記の数字を行ったのは、凄く納得がいった。

『凡事徹底』と言う話は良く聞くが、この友人は恐らく、約束を守るという当たり前の事を本気でやりきっているのだろう!

 

本日伝えたい事:『ここまで、責任感があるなら、一緒に働きたいくらいだ!』

壊した自転車の補助輪で人を育てる!

2015年3月2日

『失敗は成功の元』と言う言葉は有名だと思う。

実際にその通りだ!

失敗から多くの事を学び!

次のチャレンジにて成功へ近づけて行き、最終的には成功へ辿り着く!

ただ、3つだけ気をつけなければいけない事がある!

 

①失敗したら必ず成功する訳ではないと言う事!

②成功するまで挑戦し続けられるメンタリストの数は比較的少ないと言う事!

③そして、人は成功した時に初めて本人の実感ベースの成長をすると言う事!

※成功しなければ、これまで自分が行っていた事が正しかったかどうか確認の取りようがない。従って、その後の行動がまた正しい行動をとる保障はない。

 

当たり前と言えば、当たり前なのだが!

それを忘れてしまう事が多々ある!

 

しかし、やっかいな事に・・・

こちらが全てお膳立てし過ぎると、ただの作業をしただけになり

頭を使わなくなり、成長し難い人間にさせてしまう。

 

失敗をいっぱいさせてやりたいが、あまり失敗ばかりされると経営が苦しいなったり

そもそも、この人の心が折れてしまったりしてしまう。

 

ここで禁じ手の魔法の言葉:『バランスが大切』と言う事だ!

 

このバランスを例える際に私は、人を育てたいなら『自転車の補助輪』に成ってくれと話している。

あなたの、社員や部下はいつまで立っても、現在のステージでは、補助輪を外したばかりの、いつ倒れるか分からない不安定な自転車だ!

 

少し目を離すとすぐに倒れてしまう。

一度、倒れてしまうと、心に怪我をするので直ぐには立ち上がれない。

最悪の場合は、鬱などの成ってしまう。

 

人の心は非常にもろいものだ!

多少の強い弱いが存在したとしても、それらは全て誤差の範囲ない。

 

人の心は非常にもろい!

 

しかし、以下の2つの事をしてあげればそれで良い!

①目を離さない事!

②補助輪の角度を決める

 

①の目を離さないなど当たり前の話のように聞こえる。

自分の子どもが始めて補助輪なしの自転車に乗る際に目を離す親がどこにいるか?

 

これが中々出来ない!

そもそも、家族と会社ば別物だと思っている人がほとんどだろう!

 

会社も1つの組織

家族も1つの組織

『子育』ても、『社員育成』も全く同じはずなのに・・・

社員や部下に対しては、子どもと同じように接する事が出来ない人が多いのではないだろうか?

 

自分の子どもを育てる事すら難易度が高いのに・・・

それより遥かに手を抜いて、人が育つと思っている時点で少し都合が良過ぎると思うのだが・・・

 

どうやら、この意見はまだまだ少数派のようだ!

 

私が見るに、ほとんどの人は、『任せる』と言う言葉と『放置』すると言う言葉を履き違えている。

 

その人が完全にこけてから・・・

『任せたら直ぐにこれだ!』と嘆いているが!

こけてから動くのは、放置と呼ぼう!

 

人を育てる第一歩として、『目を離さない』事からはじめよう!

もしも、育てたい人が現在、目が届かない状態にあるのであれば、選択肢は2つ!

1、目が届くようにする。(※日報やホウレンソウを駆使してそれでも駄目なら、最悪一緒に暮らす事だろう!)

2、今は育てるのを諦める!

 

次に②『補助輪の角度を決める』

自転車の補助輪は決して、タイヤを地面に対して90度に起こしてはくれない!

あくまで、90度から倒れないようにしているだけだ!

 

しかし、長年使っていると、ネジがゆるんだり、補助輪のフレームが歪み

タイヤが90度の際は片側の補助輪が浮いている状態の場合になる。

 

この状態が一番人が育つ!

 

この状態の自転車に乗るとやはり、普通の補助輪付の自転車よりも片側に傾くので少し不安定だ!

しかし、ある一定まで傾いても、それ以上は傾かない!

だから倒れる心配はないのだ!

 

そして、この倒れる角度が多ければ多いほど人は育つ!

 

しかし、角度がきつ過ぎると、その人自身では90度に戻すことが出来ない場合があるその際はこちらが起こして上げなければならないのだが・・・

それでは、その人は育たない。

あくまで、傾きを自分の力で立て直さなければならないのだ!

 

従って、その人が自分で立て直せる角度を予測して、補助輪をしなければならない。

あくまで補助輪なので、その角度に到達するまでは一切口出しをしてはいけない。

 

ただ、補助輪の角度を決めるのは、その人の能力だけと言う訳ではない。

角度が急であればあるだけ、支える側の体力も大きくなる。

体力とは具体的に言うと、『時間』と『お金』の事を指す。

 

従って、育てたい人の力量と育てる側の力量からここまで行った時に口出しをすると言うラインを決める事が一番大切であり

その見極めが非常に難しいのであえる。

 

上記のように偉そうに言っている私の部下も最近、2000万円近くの機会損失を犯した!

会社にも80万円近くの損失を与え!

実際に私のポケットマネーからも20万円近く消えた・・・

 

私の予想では、1000万円くらいの損失になると思っていたが・・・

ポケットマネーからも10万までしか出ないと思っていたが・・・

少しだけ、私の予測を上回るオーバーパフォーマンスをしてくれた。

 

要するに私も放置してしまっていたと言う事だ。

 

さすがにこれは、取り戻さなければ成らないし、その分、余分に時間が必要だ!

ちなみに、その部下には現在今回の失敗と同じ仕事を再度お願いしている。

恐らく、現在日本で一番慎重にその仕事をしてくれるはずだから!

 

それでも、失敗した際は・・・

もう一回頼もう!

 

さらに、慎重にしてくれるはずだから!

 

私がその部下に与えられるのは、このチャレンジできる環境のみ!

 

人を育てるなど土台、傲慢でおこがましい話なのだから!

 

本日伝えたい事:『今月は苦しいね!笑』