店舗間引力

2011.11.25

本日は社内の人より店舗間引力について教えてもらった。

店舗間引力とは、例えばスーパーの場合1人の消費者の自宅から2つのスーパーが存在した場合どちらのスーパーに行きやすいかと言うことを数学的に推測するための公式である。

店舗間引力の公式:F=R2乗分のS

F=店舗への引力(集客力)

R=自宅から店舗への距離

S=店舗の持つ力(スーパーの場合は売場面積に比例する。しかし、その他の業種・業態によって店舗の力を表すものは異なる。例えば、品揃え・価格・在庫個数etcこのSを出すのが非常にむずかしい。)

この式だけではイメージが付かないので例題を出すと

例)自宅から1キロ離れた店舗力50のスーパーAと自宅から2キロはなれた店舗力100のスーパーBがあった場合スーパーAに行く確立を答えよ!

答え66%の確立でスーパーAに行く!

式:スーパーAの店舗間引力=50(S)分の(1キロ(R)×1キロ(R))=50

スーパーBの店舗間引力=100(S)分の(2キロ(R)×2キロ(R))=25

商圏内のスーパーが持っている店舗間引力の総和=75

スーパーAに行く確立=50分の75=2分の3=約66%

この公式をネットショップで置き換えると

S=商品力×集客力×売場力×接客力

R=検索順位=検索順位1位から離れるごとに距離は離れると考える

と置き換えれば1番店と自社との力の差が更に分かりやすくなり更に目指すべきゴールが明確になるだろう。

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. ルールも言葉も要らない組織力

    ルールも言葉も要らない組織力/2019.11.05

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK