意識は高く無くて良いんだ!!

2014.11.19

2014年11月18日

先日中国の成都にBPOの視察にインハナと言う会社に行った際にある女の子と話をした。

私:『休みの日は普段何をしてるんですか?』

女の子:『笑!寝ているか!掃除しているか!勉強しているか!です。』

別の女の子『この子は、毎朝1時間前に出社して勉強してるんですよ!』

私:『そんな早くに会社に来て何を勉強してるんですか?』

女の子:『簿記を勉強しています。』

私:『簿記を勉強して将来どうなりたいんですか?』

女の子:『特に無いですよ!笑』

私:『えっ!』

私:『じゃあ、なぜ簿記を勉強しようと思ったんですか?』

女の子:『隣の人が簿記を勉強していたからです!笑』

私:『????』

女の子:『何でも良いから勉強したかったので、隣の人がしていた簿記を勉強しているだけです。』

女の子:『みんな勉強しているから自分だけしていないと恥ずかしい!』

 

予想をしていなかった答え・・・・

意識が高くなければ積極的に人は学ばないと思っていた・・・

意識を高くするためにはどうすれば良いのだろうか?

人の心に熱を持たせるにはどうすれば良いのだろうか?

 

そんな事を考えてばかりいた・・・

 

この女の子はお世辞にも意識が高いわけでは無い・・・

しかし、取っている行動は、毎朝1時間前に出社をして勉強をすると言う非常に高いレベルの行動!

 

この会社では、それが息をするレベルで当たり前に成っている。

 

良く考えてみれば、『よーし!俺は世界中で難病に苦しむ人を1人でも救うために今日も息をすってやるぞー!そして、酸素を脳に巡らせて勉強をはかどらせるんだ!』

何て、気合を入れて息を吸う人は少なくても私の周りには存在しない。

息をする事をいちいち、今から息をする何て考えてからする人も聞いた事もない。

確かに、息をすると言う行動はしているが・・・

そこに意識の高さなんてこれっぽちも存在しない。

 

息をするレベルに持っていく・・・

これが文化や社風を言うものなのだろう!

人は誰しも変わるのは嫌いだ!

つまり、一度この様な文化や社風が出来上がれば逆に崩れぬくいとも言える。

 

さて!

これから、どうやら文化の創り方を勉強しなければならないと言う事がこれで明らかになった!

 

本日伝えたいこと:『その女の子は現在、彼氏 募集中!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. ルールも言葉も要らない組織力

    ルールも言葉も要らない組織力/2019.11.05

  3. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK