人に何かを伝えるには・・・『愛』=『富』

2015.01.23

2015年1月23日

目標とは、どれだけの多くの人を自分の思い通りに動かす事ができるかによって達成の確率はあがる。

多くの人を動かすほど、大きな目標を達成できる。

この事は昔から先人たちが教えてくれている。

 

しかし、その人を動かすのが非常に難しい。

私は、上記の事に気づいてからこの7年間ずっと、その事ばかりを考えてきた。

 

そして、一定の答えがでたのでここに書き記したいと思う。

 

人を動かすには=熱量×熱伝導率

以上である。

 

そして、さらに細かく説明すれば

熱量=接触頻度×接触時間×情報量

熱伝導率=相手がどのタイプか分析する能力×相手にあわせた伝え方のチョイス

 

これは私の個人的な、感想だが多くの人は、熱伝導率の勉強をやたらと熱心にしているのでは無いだろうか?

※熱伝導率について一番私が参考にしているのは、カーネギーの『人を動かす』と言う本が一番参考になった。

学生時代に自己啓発系にハマッていた頃多くの自己啓発の本やCDにて、作者たちがこの本に一番影響を

受けたと言っているのを聞いて読んでみたら私も大きく影響を受けてしまった。

 

だからといって私自身は、熱伝導率が高いとは思わない。

これは、非常に長い年月をかけて磨き上げられるものだろうし、まだまだなのは自覚している。

 

ただ、自分の自覚しているのは、熱量に関しては圧倒的に一般の人よりは高いようだ。

これが私の唯一無二の才能なのかもしれない。

 

ここに関しては、テクニカルな要素は一切必要とせずに、努力のみでカバーできるから私にでもできる。

 

以前に類を見ない理解力の乏しい、愛すべき後輩とプロジェクトをした際の事。

 

明日の昼間に、90分程度の電話ヒアリングをしなければあらない時に、その日私は昼間一切電話をできる状態ではなかった。

そこで、後輩を夜中の0時に呼び出して、ヒアリングに必要な前提の業界の話や、ヒアリング相手が我々が欲しい答えをくれな

かった際の対処法などを朝の8時まで伝えた。

それまで、私が言った事をことごとく勘違いして仕事が進んでいなかった彼でも、ここまでやれば、私の満足のいくヒアリング結果をもたらしてくれた。

※この後輩の凄いと事はどんなにミスをしても心が折れる事無くどこまでもまじめに仕事が出来ると言う才能を有していたのでこの仕事が成り立ったのだが!

※このプロジェクトは2ヶ月続き、その仕事が終わった瞬間に私の口元には2つほどデキモノが出来たのは言うまでもない・・・笑

 

そして、熱量とは個人ごとに熱量の絶対量は決まっており、それをどこに注ぎかを集中させれば、熱の絶対量が少ない人でも1つに事柄に関しては多より多くの熱量を注ぐ事が可能のようだ。

この辺は私は幼い頃より無意識の中で上手くやっていたようだ。

それが私が幼い頃より心がけていた『0or100』と言う考え方が有用に作用してくれていた。

※この考え方はただ単位、私が面倒くさがりな正確なので中途半端に力を浪費するくらいならその事について一切関わりたくないと言う考えから来ていたのだが

今に成って思えば、非常に優れた考え方だったようだ。

 

また、私は人よりもどうやら熱量の絶対量も多いようだ。

そこで、私は熱量が多いのは分かったが、次の疑問は、なぜ人より熱量が多いのかについて考えるようになった。

 

そして、分かった事は・・・

 

個人の持つ熱量の絶対量は=受けた愛情+基礎体温

私は平熱が37度前後ある。

 

小学校の頃はいつも仮病で保健室で寝ていた事を思い出す。

なぜなら、いつでも37.3℃などの熱があるのでシンドイと言えば必ず正々堂々と寝かせてもらえたからだ!

 

どうやら、生物は変温動物だろうが、恒温動物だろうが、体温が低いと動けない。

すると、その伝える人に対する時間と口数も減り熱量は小さくなってしまう。

 

この事に気づいてから、支援をする際はなるべく直前に高カロリーな物を食べるようになった。

結局、人の体温とは炭素と酸素の結合時に生まれる熱でしかないのだから!

※これが原因で私が太っていると考えると、もはや私の肥満は職業病と認定されても良いはずだが・・・労災おりないかな?笑

 

ただ、熱量の総量を決める最大の要素は、これまで受けてきた愛情の総量だろう!

人に愛された事があるから、人を愛せる。

信じてもらった事があるから人を信じる事が出来る。

 

先に言っておくが私は、2年ほど前までは『愛だの』『平和』だのと言う耳障りの良い言葉しか言わない人を非常に疑いの目で見ていた。

それで、業績上がったら苦労はないと!

 

だた、最近では明確に『愛=富』と言い切れる。

※富の定義は、自分の欲しいものとする。それはお金なのかも知れないし、仲間なのかも知れない・・・

 

今でははっきりと以下の流れが見えている。

愛を受けた人→人を愛する事ができる→その人のために自分の熱を(時間やお金を)使える→より多くの人を動かせる→より多くの富が得られる

 

つまり、子育てだろうが、社員教育だろうが、最大の教育は、愛する事だという事だ。

そして、それは同時に信じて上げる事!

もしも、信じた結果おかしな事になった際は全力でケツをふくのが愛だろう!

※ここには莫大な熱(コスト)が必要だ!

 

私の両親が無意味に私を信じてくれたように!

そして、その信じるという愛情を元に得た熱量の分だけ、富と等価交換できる。

 

その熱を、何を交換するために使うのかを良く考えなければ成らない。

 

こう考えると、世の中は全てエネルギー保存の法則で成り立っているとてもシンプルな世界といえよう。

 

本日伝えたい事:『暑苦しいの強み』

人気記事ランキング

  1. 驚愕!!イルカの調教方法

    驚愕!!イルカの調教方法/2014.04.24

  2. 30億円の企業に必要な本当の優しさ!

    30億円の企業に必要な本当の優しさ!/2014.02.28

  3. タバコを吸う料理人

    タバコを吸う料理人/2013.10.04

人気記事ランキング一覧

種類別に記事を探す

編集長 がじろうの簡易プロフィール

  • ニックネーム:我時朗(ガジロウ)
  • 名前:佐藤隆史朗
  • 性別:男性
  • ペット:ころ

経営コンサルティング会社STRK(スターク)の代表を行いながら、本物のコンサルタントを目指す人が1人でも増える事を望みがじログを更新している。

我時朗(ガジロウ)
ブログの運営元 STRK