• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

職人のこだわり ~価値を決めるもの~

1月30日

ただ商品を掲載しているだけで売れる時代はとうに過ぎ去り、現在のネットショップはその商材のライフサイクルにあったMDや売場・接客が問われ、集客に関してはほとんどのネットショップが専門のSEO会社を起用している激化ぶり。

この中で、やはり商品力と言う所で今後『モノ造り』の重要性が更に重要視されるだろう!

これは、ネットショップに限った事ではなく、世界を見てもイギリスやアメリカと言った『モノ造り』を放棄した国が経済や失業率の面で真っ先におかしく成ってきている。

更に、MDを突き詰めるとモノ造りをしなければならざる終えないと感じている。

そこで、本日は1日中日本各地で自分の支援先付近のモノ造りで有名な所に工場見学&話を聞かせてもらうためにアポイントを取りまくっていた。

そこで面白かったのが、日本で唯一のシンバルメーカー(楽器の)である『koide』http://koidecymbal.com/である。

この社長に是非見学させて欲しいと言うと『うちには機械も無ければ手でシンバルを作っているだけなので何も無いよ!』と軽くあしらわれた。

しかし、そこは熱意を持って『私の様に物を作ってない者には無いこだわりがあると思うのですが・・・』と食らいつくと

社『こだわり何てないよ!TVとかもでたことあるし、よくそんな様に言われるけどあれはあくまでTV用に聞こえが良いから勝手にTVが行っているだけで、そもそも人って誠実に生きなければ絶対にいけないとか熱い決意を持った人がどれほどいる?そんな大そうなこだわりなんて無いよ』と返された。

そこで私は『しかし、良い物を作りたいとかはあるのでは?』

社『そんなものは無い』

佐『ではどうやって値段の価値が決まるのですか?』

社『ただ手間がかかれば高くなるだけで手間がかからない物はいい物でないかないかと言うとそれは違う。あくまでそのその商品の音色をお客様が気に入るか要らないかでその人にとっての価値でしか存在しない。』

上記の話しを聞いて自分には無い視点と言うか境地が垣間見えた気がした。

直ぐに『何が正しくて何が間違い』でとばかり自分の物差だけで考えてしまっていた事に・・・

更に全てにこだわっており全て最高の商品を作っているからこそ生まれる『こだわりの無さ』の様にも聞こえた。

電話をした時のいい加減な乗りのオヤジさんが急にかっこよく思えた。

本日伝えたい事『突き詰めたがゆえに、見えてくる世界を見てみたい』

 

 

 

 

 

フェイスブックの友達申請

1月30日

なぜ、人は同級生ではあるが、あまり話したことの無い女の子(しかも可愛い)から友達申請を受けると言い表せない程にテンションが上がり全身で体を震わせて歌と共に喜びを表現してしまうのだろうか!

そして、なぜ人はテンションが上がった状態で誰もいない夜中のコンビニまでの路上を踊りながら向かっている所を店を閉めて調度、路上に出てきたラーメン屋の店長に見つかるのだろうか?

そして、なぜ私は引くに引けなくなり更に大きな声で歌いながら更に大きく体を震わせながら突き進むのか!

まさに生命の神秘である!

私は、実体験を通して友達申請を受けたら嬉しいという事を知った。

では、私はその後あまり話したことの無い同級生の女の子の友達申請を乱射したのだろうか?

答えは否!

それは、なぜか?

それは私が人見知りだからである。

そして、自分があまり話した事の無い女の子に友達申請をして、その女の子から『何こいつ?話したこと無いのに申請するって何狙い?気持ち悪!チョーうざいんですけど~~!!』と思われるのが怖いからである。

これと同じ現象が受注のできない営業マンの中でも繰り広げられているのではないだろうか?

自分がされて嬉しい事を人にできない!

だって、その女の子は可愛くて自分はかっこよくないからと言う自分に対する自信の無さがそうさせており、物販の営業マンであればその商品に対する自信の無さがさうさせているのではないだろうか!

本日伝えたい事『自信を持って友達申請しようっと!』

※出会い目的で可愛い女の子に友達申請を乱発する為のフリのためだけにこのブログを書いたのでは無いことだけはご理解頂きたい。

何もしないリスク ~1代目と2代目の攻防~

1月29日

昨日は、日本一の敷地面積を持つお祭り用品専門店でありネットショップでも恐らく日本一売っている企業様に行ってきた。

そこにお邪魔すると店のレジのあたりで従業員の方が小さな人だかりが出来ていた。『どうしたんですか?』と聞くと。ひな祭りのお人形の下に敷く敷物に新しく生まれた女の子の名前の刺繍を頼んだのだが刺繍を頼んだ外注先が刺繍する位置を間違えてしまったそうだ。

それを聴いた瞬間『ふ~ん』と普通うに聞き流していたがそれを作り直そうとしたら10数万円かかるとか?

恐らく、このお客様の庭には池は確実に存在すること確信すると同時に人だかりの意味が分かった。純利益で10万円としたら売上で言えば優秀な企業でも100万円以上の売上を立てなければ行けないことに成る。

その時に一人の従業員の方が『〇〇はこの時期ミスが多いですからね』といったことに対して専務が『人のせいにしたらだめだ!こっちの伝え方が悪かったのだから!しかし、これでこれからこの類の仕事を断ってもダメだよ!しっかりこちらが仕様書を書いて伝えれば防げるミスなのだから』と言った。

本当にすばらしいと思う。

ここでびっくりするくらい話しが変わるが、最近貸衣裳や呉服の業界の方と良く会う。

貸衣裳や呉服の業界はいくら方を持ったとしても風前の灯火産業と言わざる終えない。それは、貸衣裳の主な売上を上げる手段が『結婚式・成人式・七五三』など人口の増減の影響をうけるイベントに依存していると言う所と呉服に関しては元々の着物離れに加えて震災後贅沢品の買い控えによりこれまで、大抵どこの町の呉服店も年間100万円以上を購入してくれるお客様を10人以上抱えていてそれで何とか生活していたのだが震災後は、そのお客様の数が3~5人に減ってしまったそうだ。

そこで、最近流行っているのがネットにおいての貸衣裳のレンタル。現在はまだ認知度が低いため1番店で月商1400万円が限界だが粗利率が非常に高いため非常に儲かっている。また昨年のネットレンタルを行っている所に話を聞いても真剣に行われている所はどこも売上が伸びており市場の拡大もヒシヒシと感じている。

なかなか何かの業界に対して影響を与えることは難しいがこのネットにおける貸衣裳であれ非常にマーケティングも遅れており私でもお役にたてるという所から昨年から様々な貸衣裳店の方にネットレンタルを行いませんか?と呼びかけた。

すると、2代目の方は私の話しを聞いて『直ぐに是非やりたいです。』と仰られる。しかし、決まって1週間~2週間後『社長(1代目)がそんな価格が4分の1と言うネットの世界でレンタルすれば現在の実店舗のお客様に対して説明がつかないと言うので・・・』という。

この会話に対して私個人としては言いたいことは山ほどあるがそれはまたの機会にして、この会話の本質は2代目の方は現在の売上の減り方に危機感を感じており新しいことにチャレンジしたいと言う意欲があるのに対して1代目の方は何か新しい事をする事によって現在持っているもの(顧客や信用)を急激に失うのが怖いのだろう。

もっと突っ込むならば、1代目はこれまでに稼いだお金で余生はいきて行けるが2代目は生きて行けないかもしれないと言う危機感の差だとおもう。

しかし、市場が縮小している避けられない事実を前にこの何もしない事は誤解を恐れずに言うのであれば寝たきりの方に管を通して無理やり活かしている延命治療以外の何物でもない。

ここでやっと話が戻るが、だからこそ昨日の専務の言葉は凄い。地元では知る人ぞ知る有名店でもあり失う物いっぱい持っているにも関わらず失敗があってもそのリスクに動じない姿勢。

本日伝えたい事『延命治療はいかんっちゃ!!』

 

 

 

 

中小企業のOtoO

1月27日

本日は、ジオメディアサミットと言うものに参加した。

位置検索機能を使ったアピリや集客方法等を総称して『ジオメディア』と呼ばれている。

今回のテーマはOtoO(オンラインtoオフライン)

OtoOとはネットで告知して実店舗に集客したり、実店舗で告知してネットショップに集客するなどのオンラインとオフラインを顧客が行き来させる事全般を指す。もっと厳密に言えばまだ出来たての言葉の為に人それぞれ解釈にバラつきがあるのが現状。

このOtoOと言う言葉自体は感度の良い経営者に受けが良い言葉なので今日は様々な事例が聞けるのかと楽しみにしていたが実際に参加していた人たちはジオメディアサービスを作っている人かそれらを応用したアプリを作成している人たちの情報交換の場所だったのでかなり技術職の高い内容+横文字の連発に眠気がやばかった。

その後、その参加者の中でOtoOの事例に一番詳しいと評判の方に中小企業でのOtoOの事例について質問するとその方は集客ではまだ事例は存在しないが店舗で獲得した顧客をリピートするためにネットを使っていうる事例は非常に多いことを教えてくれた。

その仕組みにはゲーミフィケーションの原理が上手く行くらしい。

ゲーミフィケーションとは、楽天などで『あと〇〇ポイントでゴールドに昇格』などの表示がある事によりもう少し頑張ろうと思う人の心理を上手く利用すること。※これだけじゃないけど

確かに、ジオメディアを使った所で現在チェックイン機能を頻繁に使いこなしている人などほとんどいないし、メイドカフェなど以外は自社の客層がこのジオメディアに精通している可能性は極めて低い。

そう考えると、ジオメディアを使わないOtoOの方が圧倒的に可能性を感じる。と考えると別にOtoOと言う概念自体があまり中小向けでは無い気がする。ゲーミフィケーションを使うのであればオンラインを使うのは一つの手段でしかなく別に使わなくても問題ないからである。

本日の言いたいこと『デジタルにおぼれると迷子になりかねない』

 

 

新規顧客獲得コスト 19円の秘密

1月24日

本日は私の先輩である村田さんの支援先でるネットショップ様のお話。このネットショップ様には私も一緒に行っておりそこの専務からはいつ様々な事を教えてもらっている。

このサイトのPPC広告の使い方が上手いとグーグルにも表彰されるほどのサイト様なのでもちろん村田さんからもどうすればPPC広告が上手く行くのかは聞いてはいたが本日改めて見ていくとどうやら村田さんは全ては教えてくれていなかったようだ。

一概に教えていなかったわけでもないが・・・この人はかなりの職人気質で基本的には教えないからパクれと言うスタンスの方なので仕方ない。まぁ、そっちの方が私の力にも成るのでその辺も含めて愛情を感じているが・・・。

では本題に入ろう!

このCPO(新規顧客獲得コスト)19円と言うのが商売をされている方なら何もいわずにビビる数字だと思うが基本的に適正な数字としてはリピートが望めない商品なら粗利金額がそのままCPOの限界値になりどれくらい払うかは経営者の判断になるのだが一般的にPPCの場合1,000円以内が目標で500円を切ると凄い!

また、この数字を無理やり作ろうとすると新規顧客獲得数が少なくなってしまうがこのサイト様はしっかり獲得されている。

PPC広告の基本的な考え方としてCPOを低くするには広告グループを細分化する事により検索キーワードと広告文とクリック後のリンクページとの差異を限りなく少ないくすることが肝心である。つまり究極は商品ごとに広告グループを作成することがもっとも効果的である。

とまでは、村田さんからなんとなくニュアンスは教えてもらっていた。

このサイト様のクリック率は1.59%と悪くないレベル。つまり、検索キーワードと広告文との差異はこの時点では驚くほどの数字ではない。

しかし、驚くのがクリックした人の成約率が95%以上。つまり、クリック後のサイトページにその秘密があると言うことだ。

そして、そのページを見ると品揃え方のお見せなのに目にいきなり入るのは4商品だけ!この商品を買っておけば間違いないと言わんばかりにである。そして、それらの商品は全て最安値。

つまり、その4商品をチョイスできるだけの商品知識と最安値で提供できるだけの仕入れ力などの総合的な商品力があって初めて実現していたと言うことである。

インターネットと言う飛び道具を使って小手先のテクニックを駆使しても、結局。商売とは商品ありきででしか語れないと言うことが身にしみた。

本日伝えたいこと『商品力・売場力・集客力・接客力の順番に大切って体系的に気付いた人は本当に凄い』

我時朗流 サイトラフの書き方

1月22日

本日は2サイトのサイトラフを書いている。

サイトラフは書けば書くほど書きあがるスピードが早くなるので私なりのサイトラフの書き方をまとめてみた!あくまで我流なため参考までに・・・

①まずは、参考になるサイトや競合サイトの選定から行う。これはキーワードボリュームやターゲット客層から選定する。

②参考・競合サイトが選定できれば後はそのサイトのコンテンツを上から順に書き上げていく。

③参考・競合サイトのコンテンツ一覧を見渡し、モレダブりのないコンテンツ一覧を作りそこからターゲット像を自分なりにイメージする。※あくまで事前に参考・競合サイトを選定する前にクライアントやその他ヒアリングなどの下準備は行っているという前提での話し。

④ターゲット像からそのターゲットのもっとも求めている物を推測し、コンセプトを設定する。例で言えば、私が行っている乗物専門店のコンセプト設定には同期と一緒に下準備を除いて20時から8時間以上ぶっ通しで行った。

⑤コンセプトが決まれば再度コンテンツを決めてあとは重要な順番に並べるだけ!

※サイドナビの分類などは別途調査が必要。競合の分類だけではなく電話や実店舗での接客を分類に反映させなければ最短で顧客がお目当ての情報(商品ページや情報ページ)にたどり着くことは出来ない。

本日伝えたいこと『たまには自分の整理の場所に使わせてください』

 

 

最強の組織 ~夢の持てる組織~

1月21日

今日は、珍しく単純作業だったので家で音楽を聴きながら仕事をしていた。

普段は、音楽を聴きながら仕事は出来ないのだが本当に単純作業の時だけは音楽を聞く。

本日の音楽はジャパニーズレげーを中心にアルバムを聞いていたのだがその中で1曲のイントロで子どもを数人集めてその子どもたちに夢について質問していた。その中で子どもたちは『デザイナー』『トップミュージシャン』『俺?俺は総理大臣!』などと何の躊躇もなく応えていた。

同じ質問を20歳以上にしたらどうなるだろう?

恐らく、『車が欲しい』『結婚したい』『庭付きの家に住む』もっと現実的な実現の可能性が高い回答が多くなるのではないだろうか。そして一番多いのが『無い』になんるだろう!

こどもたちの回答と大人の回答の違いと心境の違いは何なのだろう?

大人は子どもの回答を聞いて『無限の可能性があるから良いな』と言う人もいれば、冷めた人は『何も知らないという事は幸せだな』と小ばかにする人もいるだろう!

大人が夢をもてない原因の一番は『傷つきたくない』と言う感情があるのではないだろうか?

大きな夢を持ってそれが実現しなかったときのショックをもう味わいたくないと言う感情があるのではないだろうか?

しかし、もしも私が人を使う立場であれば絶対に夢を持ったものを使いたい。何故なら夢を持った者の方が必ず強い(何に強いでは無く何か強い物を必ず持っている)。

では、強い組織とは夢を持つことの出来る組織なのでは無いだろうか?

例えば、

夢の持てる組織『甲子園の常連校』この高校のレジュラー陣は甲子園に行く事が限りなく可能性がある。と言う事はこのチームのレギュラーにさえなれば甲子園が一気に近づく!だから現在のレギュラー陣のしている練習レベルや身体能力が目標になってくる。

夢の持てない組織『県大会万年1回戦負けの弱小高校』逆にこのチームの部員はどれくらい頑張れば良いか分からない。

つまり、子どもの場合は『夢の実現の不可能性』をしらないから夢が持て、大人になるにつれて『夢の実現性』を感じた時に夢が持てるのではないだろうか?

組織論を語るにはまだまだ早すぎるがこれから夢の持ち易い組織について意識していきたいと思う。

本日伝えたい事『1億2700万人が大きな夢を持ったらどうなるのだろう?70億人では・・・・』

 

 

 

 

 

会議室の大人たち ~企業の責任~

1月20日

昨日は、今乗りに乗っているアパレルショップ様にて打ち合わせをしていた。

乗りに乗っているというのは具体的にはここ半年で月商が1200%を超えたのだ。しかも10万円から120万円になったとかのレベルではない。

そんな乗りに乗っている企業様にはやはりいい話が続々やってくる。

と言うのも元々その企業様で売れていない時期から使用していたモデルの女の子が最近徐々に人気が出てきた。昨日もその女の子の成功をみなで心のそこから喜び今後の彼女のプロモーションについて『こんな事も出来るし、あんな事当たりそう』とワイワイ話していた。

しかし、その打ち合わせの終盤になってふと思ったのは彼女の人気がなくなった時の彼女の人生である。

そして、更に思い出したのは事は昔私が今よりも更に幼かった頃に思っていた感情である。

それは、芸能人やモデルを使う企業の上層部は皆その子のが使えなくなるまで使って『はい!さようなら』と言う汚い大人たちなのだろうなと思っていた』と言う事であり、ふと気付くと自分が今その会議に出席していると言う事である。

そこで思ったのは、昔自分が想像していたより大人も汚くなく心底からその女の子の成功を喜んでいたと言う現実に少しうれしくもなった。(こんなに良い人だけではないとは思うがこの企業様の様な大人がいた事、自体が既にうれしい)

また現状の起こっている事自体は全て彼女にとってもチャンス以外の何物でもない。

 

全くもって、ここからは私の仕事の範囲をはるかに超えている事は重々承知しているが、私に出来ることは、あと半年・1年たった時に彼女の人気がなくなる前には彼女のその後の人生について企業様と一緒に考えなければならないと思うしその『時間』と『場所』を作る事が私のしなければならない事だと感じた。

本日伝えたいこと『会議室の大人たちも捨てたもんじゃない』

 

目標の期日を決めない!

1月17日

昨日の支援では、提案事項に実施担当者を決め期日を作業ごとに分単位で計算しカツカツ可能なスケジュールをご提案させて頂きました。

しかし、本日は一転。提案もしなければ期日も決めず、支援を終えました。

こんなのでコンサルティングフィーをもらって良いのかという意見もあるかと思いますが、これは、1年近くその社長と付き合っている中でやっとたどり着いた形です。

と言うのもこの社長兼ネットショップ店長は一人で全て行っておられるのですが女性と言うこともあり体力的に日々の運営でていっぱいで私の提案を更にすることがなかなか難しかったのです。

そこで、始めはどうにか提案内容を行ってもらおうと頻繁に連絡をとったり提案内容を行う時間帯まで決めて無理やり実行させようとしたり、業者を使って代行させて無理やり売上を上げたり本当に多くのことを試しました。

そのかなかでたどり着いたのが多くを提案するのではなく本当に1番必要なことだけ提案し支援日にその1つ~2つを一緒に実施すると言うものでした。

そして、びっくりしたのは期日を決めずに縛らず『この商品とかは取り扱った方が粗利率がよくなりますね』と世間話的に言った商品が1ヶ月で200アイテム以上も登録されていたのです。

これまでなら、期日を決めて頻繁に連絡を行い進捗を確認しても恐らく20商品を登録するのが限界だったと思います。

社長のしたいこと意外は実現しないと言う言葉を良く耳にします。しかし、今回のことで本当に体の深くにまで落とし込まれました。

そこで、本日はひたすら『やるたい事』とその事が『いつまでに実現したいか』を聞き、その行いたい事を実現するにはどの様な手段があるか、そして、そのメリットを延々と話しただけで終わりました。

本日の伝えたいこと『つい先日は期日を守れない事にたいして厳しくないコンサルに価値はあるのかと言いつつの本日のゆとりコンサル。形が無いからこそ難しく、だからこそ面白い!』

人が変わる時

1月16日

本日はベビーカーやチャイルドシート等の通販サイトのショップさまに支援に行ってきた。

そこは、私が立上げからずっとサポートしている所なのだが元々の担当者の方がサイトのオープン直前で辞めてしまった。そして、そのサポートとして雇われた女性と私だけになり少しずつオープンに向けて準備をしていたのだがサイトのオープンを気に一気に人が3名も増えた。

通常私が得意とするニッチ商材のネットショップで立上げ時に4名体制と言うのはレンタル衣裳などの手間がかかる物や大手が参入する意外は考えられない異例の人数である。

しかし、これはこの企業様が会社全体のWEB活用の人員としてネットショップを通して人財育成を行いたいと言う意向から実現した。

そおうなると必然的にお手伝いのつもりで入ってきた女性スタッフがこのネットショップの古株にもなるし仕入先との関係等、様々な分野に関して知識と経験が一番ある存在になるがその事をサイトオープン当時はひどく嫌がっていた。と言うのも彼女はこういう人の上に立つのが苦手なタイプで人を3名雇うと言う話しになった際もはっきりと『私は上には立ちませんから』と豪語していたのだがサイトがオープンして2ヶ月が経過した現在では全員の仕事の割り振りは勿論であるがスタンスの部分で明らかに変わっていた。

他の従業員が帰っても本日私が出した宿題を一人残って先ほどデータを直ぐに渡してくれた。

ここまで大きく人が変わることを私は見たことが無かったので本当に感動したし自分も負けられないと言う感情に駆られている。

本日伝えたいこと『人は無理やり変えられないが、その人が変わる時は回りに何かしらの変化がある時だと思う。つまり、変化が無ければ人は変われない』