• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

誰が儲かるか? もう一つの視点!

5月30日

今回のブログはあくまで妄想の域を超えず、一切の責任負えない。『まぁ~こんな視点もあるのか?』レベルで見て欲しい。

最近、明らかなノウハウ本を読む事を禁止されている。ノウハウ本には大した物が少ないからだ。

その代わり、最近読んでいるのが小説(司馬遼太郎などと言うか今はまだこの人くらい)や漫画(手塚おさむやヤクザ物)

特に最近面白かったのが『白竜』と言うミナミの帝王のヤクザ版の漫画で更に実際にあった日本の経済における出来事を当時のヤクザならばどの様にしてお金儲けをしたかを描いたものである。

このマンガを見ているとヤクザと言うものは儲からないと動かないし逆に何か大きく動くときには必ず誰かが儲かっていると言う事を学んだ。あくまでこれはフィクションだが非常に面白い視点を頂いた。

ここで話はぶっ飛ぶが、最近の大きな動きとしては原発による電力供給であろう。大きな流れとしては、原発を減らす方向に動いているように見える。

では、ここで考えたいのは原発が止まれば誰が儲かるのか?

私の少ない知識の範囲では石油会社くらいだろう!やはり〇〇〇フェラー家なのか???

圧倒的多数の会社が現在原発が存在する事により利益を受けており原発が無くなれば圧倒的多数の人々が経済的に被害を受ける。

今回の全ての事の発端が昨年の地震からよるもの・・・・

もしも、仮に〇〇〇フェラー家が動いているのであればの話になるが・・・

すると、着目しなければならないのは住民投票や誰が市長選で当選したかではなく日本に対してどの様な圧力がかかっているか???

そして、現在原発により何らかの経済活動を行っている人はどうすれば原発を残せるか考えるのにかける時間を2割程度にし、原発が無くなった後にどの様に経済活動を続けていくかに対して8割の時間を費やした方がよっぽど建設的ではないだろうか?

素直と言うのは言われた事を鵜呑みにする事ではなく真偽が分からない場合は否定しない事である。

今回の視点の真偽は私自身分からないが一つでも多くの視点を持つ事には非常に価値がある。

本日伝えたい事『本日は『〇〇〇フェラー家』と言う単語を必要以上に使いたかった事は否めない!』

 

 

フリーマーケット 必勝法

5月27日

先輩でアパレル関連にて独立している人がサンプル品などの在庫を換金すべくフリーマーケットを行なうので半強制的に手伝わせていただけた。(連行された)※立上時の会社の資金調達にどれくらい社長が命がけかを見る良い機会と自分に言い聞かせ。(実際に良い機会となったが!)

その日の在庫量は車2台分と完全に遊びの域を超えていたがフリーマーケットの結果は経費3万円に対して売上8千円と惨敗。

その中で次に必ず売上を上げるために気付いた事を以下に記載する。

①午前中に目標売上の8割を達成できなければまず諦めろ!本気で売るであれば業者を捕まえなければならない。そして、業者は午前中の朝一番にのみ買い付けにくる。この情報を我々は12時近くで手に入れてそこから会場内を探したが時すでに遅し。※しかし、業者は見分けられるようになった。特徴としては、1人でキャリーバックを持ったオシャレな人。フリマに参加している小売店の人は1人~2人でうろついているがこれは冷やかしで大量仕入はまずない。

②価格設定は最後に取っておく。価格は入り口付近から徐々に安くなる。そこで、お客様の動きをイメージしながら入り口から全ての店舗を見て価格設定を行なうべし。

③フリマで売れる商品。雑貨小物。衣類であればブランドものか1点もの。つまり、いくら新品でも選択肢が少なければブランド物以外は売れない。

④炎天下でデニムは売るな!炎天下でデニムを身につけている人は予想以上に多いが買う人は皆無。

⑤事前準備。フリマでは信用訴求が必要不可欠。その提示されている価格の信憑性が全て疑わしいからである。その為のポップ作成などが重要。更に価格ポップもあらかじめ数種用意する事が必要。周りの価格を見てから作り出していては遅い。また時間が終盤になるにつれてどうせ価格を落とさなければならないのであらかじめの用意が必要。(しかし、値下げポップは雑なものの方が臨場感がでる)

業者を狙わずして売上を30万円とか上げることはまず不可能。また、一般の参加者で儲けを出すのも至難の業。

本日伝えたい事『フリマは会場のみが一番もうかる』※場の提供。フラットホーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/2012.05.28

売場の無駄使い

5月26日

圧縮付加法と言う売上アップ方法がある。商品のアイテム数を同じのまま売場の面積を3分の2に減らすと、売れている商品と売れていない商品がはっきりと分かり易くなるのでその売れている商品のフェース面積を増やしたり在庫量を増やし元々の売上を同じだけ売れるようになった状態で売場面積を元に戻すと自然と売上が上がっているという方法。

ここで話はガラッと変わるがこれまで、インターネット通販の売場は売場面積を無尽蔵に作れるためいかにトップに集客できるコンテンツを置くか『コンテンツキングダム』と呼ばれていた。小さなコンテンツでもその総和が大きな力になると言う意味である。またコンテンツの量は同時に顧客を楽しませあきさせない。

だから、いつもいかにトップにコンテンツを多くするかと言う事を考えていた。

これが、ネットショップの売場を無尽蔵に作れると言う強みを最大限に活かす方法だと・・・

しかし、ほんまか?

ここでまた話は変わる。スマホサイトの売場を見てみよう。売れているサイトはジャンルごとのランキングの1位のみを表示興味がある人はクリックすればそのジャンルの、その他の商品も見れますよとしている。これはスマホはやはり画面もパソコンの6分の1程度でかつ操作時間が短いなどの成約が多いためいかに『その顧客にとって余分な情報を見せない』と言う所に視点を置きサイトが作られている。

ここでまた話は変わる。(コロコロ変わりすぎか?)

ネットショプのパソコンサイトの各コンテンツのクリック率を見ていくとトップぺージでの情報コンテンツ(〇〇の失敗しない選び方等)はびっくりする位クリックされていない。非常に重要なはずなのに・・・・しかし2階層目いこうになるとクリック率が飛躍的にあがる。

やばい、ここに来て書くのが面倒くさくなってしまった。

まぁ、ここまで言えばもう分かると思うのでここからへんで。

本日伝えたい事『更に良い売場が作れそう』

メガネの圧倒的一番店

5月25日

本日は、商圏内シェア40%以上と言う圧倒的一番店のお店を見学した。

そこは通常のメガネ屋さんの2~3倍の売上を誇るお店。もちろん、品揃えも2~3近く存在する。

しかし、それだけではなく非常に綺麗な売場に驚かされた。入り口から店内を眺めると全ての商品が被る事無く一望できるように設計されている。商品に被らない様に展示様のケースの高さや通路幅更には飾りの花に至るまで全て配置と向きに気を付けれている。お客が店内のどの位置にいても商品が見やすくその他のものが商品を眺める際に邪魔にならない様に全てである。

ネットショップで言うとサイトに入った瞬間のファーストインプレッション(第一視認画面)のバナーの大きさや配置にはどのサイト様も細心の注意をされているとは思うが、そこから更にスクロールした位置での各バナーをクリックする際のその他のバナーの見え方まで全て意識できているサイトがどれだけ存在するだろう・・・

ネットショップの方は良く競合のサイトは勉強されているが、やはり売場というものはどこまで行っても実店舗には未だに追いつけないのが現状であり実店舗から学ぶ事があまりにも多すぎる。

本日伝えたい事『今日は仕事で初めて四国に行ったので新鮮かつチビリそうな程面白かった』

 

/2012.05.25

新ビジネスモデルの可否判断

5月25日

本日はある会社の経営相談の日

その会社さまは、これまでにない新ビジネスを考えているが、そこの市場はあるのか悩まれている。

そこで、その会社さまにお伺いして詳しく話を聞く事になった。

もしかしたら、そのビジネスモデルの可否判断でお仕事をもらう事の成るかもしれないので事前に少し調べるつもりで調査を行うと次から次へと私が欲しかった数字がでてきて途中から面白くなり、ついには結論がでてしまった。

お仕事もらう前に・・・

しかもそのビジネスのみの収益を当てにしては絶対に参入してはいけないと言う答えに・・・

まぁ、この情報はきっと話せば喜んでもらえるだろう!

だから今日は非常に清々しい気分だ!今日も良い事をしてしまった。

しかし、こう言う事ばかりをしていてはいっこうに稼げないんだよなぁ~~(笑)

けどそんな自分が好きな時点で私の負けだ!

本日伝えたい事『今日は香川なので本場、香川のなか卯を食べよ!贅沢やなぁ』

※香川に1店舗だけあるみたい。

新しい友達ができた!!  無意識の覚悟の無さ!

5月22日

昨日私に新しい友達が出来た。しかも、あまりにも仲良くなったのでその場で日帰り旅行の約束を行いその日で日程まで決めてしまった。

仲良くなったきっかけは1つの質問

『佐藤さんはユニクロってずっと儲かるとどう思いますか?』この問いに対し私は

『多分、来年の中ごろまでには赤字になると思いますよ!アパレルのトレンドってアメリカンカジュアル⇒ヨーロピアンカジュアル⇒アメリカンエレガンス⇒ヨーロピアンエレガンスと言う流れでカジュアルとエレガンスが12年周期で流行るのですがいつもユニクロが調子いいのはカジュアルが流行っている時だけなのでそろそろ赤字になるはずです!』

と言う周期性マーケティングと言う受け売りを話すと新しい友達は

『そうですか!私もダメやとおもうのですが、要するにユニクロの行なっている事は安い所で商品作って安く売るという事でしょ?その内、安くで作れる所がなくなると思うんですよ!私はアメリカを車で一周2万キロを走った事があるのですがそれで分かったのは世界は狭い!マレーシアなどの賃金の上がり方などを見ていてもこのユニクロのモデル自体長い目で見れば限界があると思う。だから結局はいい質の物を作らなければならないと思うのですよ!』

『なるほど!!確かにそうかもしれませんね!ちなみにこのアメリカはいついかれたのですか?』

『3年前です!私、海外で車乗るの好きでね!来年も北京からパリまでツレと二人で行く予定なんですよ!』

この私の新しいお友達は今年70歳!しかもよくよく話を聞いていくとこの北京からパリへ行くのもラリーに参戦するとの事!更に良く聞いて行くとどうやらクラッシクラリーだと言うおじいさんが参戦するのは40年以上前の車しか参戦できないレース!日本人からは4組しか参戦しなしかも日本の車で参戦するのはこのおじいさんだけ!恐らく、TVでるからまた見といてね!との事!

この変の話を聞きだした辺りから私のテンションが駄々上がり状態でそのままおじいさんのもう一つの趣味であるグライダーの話に!

グライダーとはエンジンのついてない飛行機の事を指し、セスナで地上600メートルまでヒモで引っ張られて行きそこで『プツン』と離されるらしい。そして、上昇気流を見つけては高度を上げて行き最大で6時間以上距離にして300㎞(東京~名古屋間)を飛行できるそう!ただこの話を聞いた瞬間に私は

『どうやってどこに着地するんですか?』と質問すると

『離された瞬間からその事しか考えてないよ!ガッハハハ!!!(笑)』

と言う事で今度の7月1日に日帰りで三重の自衛隊の滑走路借りてグライダーに乗せてもらう事になりその場で手続きの紙まで書いてきました!

最後におじいさんから『しかし雨やったらその日は中止やからな!』と言われたので私は『もう、晴れる事を祈るしか無いですね!』と言うとおじいさんは

『祈らんで良い!祈らんで良い!(笑)無理やったら次また予約したらいいんやから!やるってきめたらやるまでやれば良いだけや!』

この言葉を聴くまでの私の覚悟のなさを気付かされた!

別れ際にはおじいちゃんから『ほなつぎ三重行こうぜ!』と言う掛け声に『ういっす』と言う私の返事。70歳を越える方に対して友達と言う表現自体が失礼に当たるかもしれないがこればかりはあの場のあの方の雰囲気を知ればこの様な表現に成らざるおえない!

本日伝えたい事『ちなみにこのおじいちゃん『プロジェクトX』にも出た事がある凄い人やから!』

エスカレーターの美人

5月21日

本日は朝の金環日食に浮かれており出社時間がギリギリであった。そのために地下鉄から地上に上がるエスカレーターを駆け上っていた。

すると上にいた女性がこちらを振り向いた結構な美人さんであった。朝から幸先が良いと思っていたが何か腑に落ちない。自分の中で何かが・・・

『なぜ、上りのエスカレータで下を見下ろしたのか?』なぜかその点に非常に違和感を持ってしまった。現在の自分が下を振り向く事が想像できなかったからである。

しかし、彼女を追い抜く際にその答えが分かった。

『彼女は止まっていたのである。動かずにエスカレーターを上昇に身を任せ地上を目指していたのである』

それに比べて、私は上へドンドン進んでいる。この状態で下を振り返れば足を踏み外しかねず危なくて下を振り空ける余裕はないし。その必要性もない。

この、何気ない日常が私にはどこか『トップシェアで停滞している企業とドンドン新しい事仕掛けて伸びつつけている企業との関係を表している用で非常に面白あった』

本日伝えたい事『ただ遅刻しそうなだけの状況をこう言う視点で見れるって本当に目の付け所がシャープでしょ』

 

 

 

何故ビルに窓ガラスが使用される事が許されるのだろうか?

5月20日

本日は会社の8階から窓ガラスにもたれながら眼下を歩く人を眺めていた。そして、ふと思ったのが『この窓ガラス割れたら私は死ぬな!』

『と言うか下に歩いている人も相当危ないな!』

『まぁ、そんな事にならんようにきっと特殊な割れ難いガラスを使ってるのだろう』

『しかし、私がいきなり気が狂いその辺にある椅子で窓ガラスを割ったらどうなるのだろうか?』

これだけ多くのビルが世界各地に存在し、長い年月窓ガラスが使用されていれば上記の様な気の狂った人が現れても何も不思議ではない。では、なぜビルに窓ガラスが使用される事が許されるのだろうか?

私の考えられる答えは1つ、『皆が使用しているから!』

元々、高層ビルが存在する前から窓ガラスは建物に使用されており、その時には今ほどの危険性は無かった。しかし、徐々に2階建て⇒3階建て⇒10階建て⇒30階建てと高層化していく中でどこかのタイミングで危険性を感じた人はいるはずである。しかし、徐々に進んでいく高層化でどこまでが危険すぎるので使用してはいけないラインなのかがわからず世の中の様子を伺ううちにあまりにもその様な危険な事例が存在しないので今日に至っていると想像する事が出来るからである。

まさに、『茹でカエル』の話と一緒である。

『茹でカエル』話とは私が高校生の時に朝5:30くらいTVでそこかの和尚さんが話していた話していた内容なのだが、

《茹でカエル》人は、死ぬのが怖い。なぜ怖いか?突如環境が変化する事に慣れていないからである。つまり、沸騰したお湯にカエルを入れると入れた瞬間に『ピョン!!』と跳ねて逃げしまう。しかし、鍋に水を入れてその中にカエルを入れるとカエルは逃げない。その後カエルが気付かない程ジワジワと鍋の水の温度を上げていくと、その内カエルは茹で上がって死んでしまう。人と言うものも同じで年を取ってジワジワと死に近づいていくとそんなに恐怖は無く死を受け入れる事が出来るものだ。

本日この話を出したのは伸びの遅い会社様は皆、環境の変化の恐怖に負けてしまっていると言える。我々が何か提案すると『それを行なうと〇〇と言うクレームが起こりかねない!』と言う意見が多く何も実行できない会社様だ。

それに比べ伸びるスピードが速い会社様は『それを行なうと〇〇と言うクレームが起こりかねないが本当に起こるかも分からないから一度行なってみよう!そして、本当にクレームが発生したらそのクレームを無くせないか努力しよう!それでもクレームは避けられないのであれば、その一定数のクレームとこの新しい事を行なう事により得られるメリットを天秤にかけよう』

と全く別の意見になるのである。

考えの浅い行動はいけないが心配のし過ぎもいけない。

『いつ隕石が頭の上に降ってくるか分からない』などと考える程無駄な事は無い。

ある一定の所でこれ以上考えた結果更に不足の事態が起こった際は仕方が無いと腹をくくるくらいでなければ先には進めない。

本日伝えたい事『やっぱりいつもの魔法の言葉『バランスが必要!』』

 

 

 

 

 

激しく突き詰める!

5月17日

本日は、ネットショップの研究会であった。

その研究会員様の中に寝具店の店長がいるのだがこの方が激しい!

この方は、布団の事が好き過ぎて地元を歩いていると物干し竿に干している

布団を見て『この家の方は本当の布団の干し方を知らない。本当はもっと気持ちよく寝れるのに・・・』と言う感情からその家のチャイムを押そうかいつも迷う所まで来ていると言うかなりの重症患者さん

この様に日頃から1つの事を限りなく24時間に近く考えている人は他を圧倒する知識量なので、この方と布団について話すとついつい布団が欲しくなる。

本日教えてもらった正しい布団の豆知識

①Q:ベットは必要か?A:チリを吸い込まないために必要!チリとは地上16センチまでを漂っているので地上16センチより高い位置で寝なければならない。しかし、昔の日本の家は機密性が低く隙間風があったため必要なかった。

②布団を叩いてはいけない。布団のホコリは掃除機で吸ってから11~14時の間に軽く天日干しがベスト。

本日伝えたい事『変態にならねばならぬ何事も』

 

 

 

 

 

凄い人に逢うには・・・

5月15日

本日も1件アポを取り付けた。

台湾経済情報紙の代表である。

ご飯を一緒に食べようと誘ったら快く応じてくれた。

昨日と良い今日と言い私が台湾でアポをとった人物は日本でお会いしてセミナーのゲスト講師をお願いすれば軽く10~20万円は払わないといけないような人々である。

最近、(厳密には昨日)国際電話を駆け出してから気付いた事は日本の凄い人には海外の方が逢い易い!と言う事である。おそらく、向こうでは一人ぼっちで非常に心細いのかもしれない。みなさんびっくりするくらい心良く応じてくれる。

人に逢いたければ海外に行く事をおすすめします。

本日伝えたい事『きっと彼らにとって我々はお味噌汁なのだろう』