• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

サトーカメラの売場の見方

2014年1月30日

本日は、全国の小売店の経営者が見学に訪れる事で有名な超繁盛店のサトーカメラさんにお伺いした。

サトーカメラさんを知らない人のために・・・

宇都宮を中心に、大手家電量販店8社近くが競合ひしめく環境にありながら、『デジタル一丸カメラ』のシェアを50%以上獲得している超繁盛店!

 

映画でも何でも見た人が異なれば、感想が異なる。

そこで、本日は私の感想文を見て、1つの売場の見方を増やして頂ければと思う。

 

サトカメの売場の特徴

①2商品しか販売していない②鮮度を重視   以上!

 

①2商品しか販売していない

店舗の面積はドラックストアと同じくらいなので恐らく100~120坪だろう!従ってもちろん、実際にはカメラに関する様々な商品が存在するのだが・・・

店舗に入って目に付くのは、『プリント』と『写真のデコレーション』の2品しか目立たない!

プリントの仕方が分かるようにお客さんに説明スペース          写真をデコレーションできるようの工作スペース(ラメなども無料)

   

そして、この2商品の値段だが、『携帯の画像をプリント1枚10円~』『プリントした写真をデコレーションできるスペースとラメなどの小物 無料』

あえて極端に言うと、『10円』と『無料』の商品しか販売していないのに『デジタル一眼カメラ』のシェアが50%を超えているのだ!

要するに、この売場からは『携帯のカメラの精度が上がっている今ほとんどの人がカメラなんて買いたいなんて思っていない』と言う現実を受容れている事が伺える。

 

みんな、カメラを欲しくないと言う事実を受容れる

だけどカメラを好きになってもらうにはどうしたら良いだろう?

カメラを通しての人生を豊かにする1つの手段を知ってもらおう!

しかし、それを知ってもらうにはどうしたら良いだろう?

10円や無料と言う本当にハードルの低い商品によって知り合った人に少しずつ伝えていこう

その中で興味を持った人がカメラを欲しいと言えば販売しよう!

 

この流れの意志が売場に反映している。これだけ売場がはっきりしていれば、お客さんもだが、それ以上に社員さんにとっては、自分の仕事が明確になる事だろう!

※もちろん、文化の告知方法として『チラシ』『TV』など様々な方法は取られているが、売場に関しても徹底されていると言う事である。

 

②鮮度を重視

  

上記の写真を見て気付くだろうが、とにかく売場の什器にお金をかけていない。ちなみに、その前に掲載したプリントの黒板もスタッフの人が木の板に塗料を塗って自分達で作ったそうだ!

ここで、お伝えしたいのは、サトーカメラさんが什器にお金をかけないケチな企業だと言う意味では決して無い!

そうではなくて、上記のように什器にお金をかけないと、どの様な恩恵がるだろうか!それは売場の変更がお金と言う制約から解放されスピーディーに行われると言う事。

実際にこの店舗では、月に最低2回は変更するが、基本的に気付いた瞬間にマイナーチェンジをしまくっているそうだ!

※むしろ売場の什器にはお金をかけていないが、人件費と言う視点でみれば、相当お金をかけている。

 

業績向上=スピード99%+質1%。

 

たとえ1キロ先の目的地に向かう際に、間違って逆方向へ走り出し、遠回りになっても、そのスピードが光速であれば、歩いて最短を向かう人よりは圧倒的に早いと言う事!

そして、多くの待ちの中小零細企業は、歩くどころか止まっていると言う事。だから動いている企業の方が強いし、またその速度が速い方がもっと強いのは至極当たり前の話。

仮に地球を1週して到着してしまったとしても、動かない競合は一生たどり着けない目的・・・どちらが早く目的地にたどり着けるかは明白!

 

このスピードを維持するために社員全員が一丸となっている事が伺える。

 

などなど、色々言ったが、それをやり切ると言う所に、サトカメさんの凄さの真髄が存在する!

結局方法を知ったからといって、上記の様な事を近くの大手量販店がやり切れるはずが無い!

 

そして、それをやり切れる所にサトカメさんの本質的な強さがある。

そして、その強さはどこから来ているのか?

 

それは社員さんが皆、自立していると言う事!自分で考えて行動するから!指示が無くても改善が進む!

 

では、なぜサトカメさんの社員は自立するのだろうか?

 

もちろん、『理念』や『クレド』など実施もあるがこれらはどこまで行っても方法論で本質的解決は出来ない。

 

その『理念』や『クレド』を浸透させる所に本質的な強さがあるはずだ!

 

そして、それはきっとトップの熱量だろう!

絶対にやりきるんだと言う熱量が、少しずつ社員さんに伝わった結果が競合激戦区の宇都宮において、シェア50%と言うアポな数字を叩きだしているのだろう!

 

本日伝えたい事:『あなたの温度は何度ですか?』

売場の無駄使い

5月26日

圧縮付加法と言う売上アップ方法がある。商品のアイテム数を同じのまま売場の面積を3分の2に減らすと、売れている商品と売れていない商品がはっきりと分かり易くなるのでその売れている商品のフェース面積を増やしたり在庫量を増やし元々の売上を同じだけ売れるようになった状態で売場面積を元に戻すと自然と売上が上がっているという方法。

ここで話はガラッと変わるがこれまで、インターネット通販の売場は売場面積を無尽蔵に作れるためいかにトップに集客できるコンテンツを置くか『コンテンツキングダム』と呼ばれていた。小さなコンテンツでもその総和が大きな力になると言う意味である。またコンテンツの量は同時に顧客を楽しませあきさせない。

だから、いつもいかにトップにコンテンツを多くするかと言う事を考えていた。

これが、ネットショップの売場を無尽蔵に作れると言う強みを最大限に活かす方法だと・・・

しかし、ほんまか?

ここでまた話は変わる。スマホサイトの売場を見てみよう。売れているサイトはジャンルごとのランキングの1位のみを表示興味がある人はクリックすればそのジャンルの、その他の商品も見れますよとしている。これはスマホはやはり画面もパソコンの6分の1程度でかつ操作時間が短いなどの成約が多いためいかに『その顧客にとって余分な情報を見せない』と言う所に視点を置きサイトが作られている。

ここでまた話は変わる。(コロコロ変わりすぎか?)

ネットショプのパソコンサイトの各コンテンツのクリック率を見ていくとトップぺージでの情報コンテンツ(〇〇の失敗しない選び方等)はびっくりする位クリックされていない。非常に重要なはずなのに・・・・しかし2階層目いこうになるとクリック率が飛躍的にあがる。

やばい、ここに来て書くのが面倒くさくなってしまった。

まぁ、ここまで言えばもう分かると思うのでここからへんで。

本日伝えたい事『更に良い売場が作れそう』

業績向上の優先順位

4月20日

商売の鉄則は①商品力②売場力③集客力④接客力の順に注力していく事

最近、更にこの順番の意味が体に染み込んできたと同時にこの順番に気付いた人の事を尊敬している。

私の支援先のネットショップである商品ページを作り込んだ。そして、毎日のアクセス数と成約率をとっていくと作り込めば作り込むだけみるみる成約率が上がっていく。その商品ページの4月の成約率は6%を超えている。

しかし、もう一つの支援先で作り込んだ商品ページは全く売れない。

この2つの差は?

商材は違えど両方ともその商材の中では人気商品。

ただ違うのは価格が競合と比べて安いか高いか!価格が価値に見合っているかどうか!

『結局価格かよ!』とかなり落ち込んだ!やはり、価格勝負しなくても売れるにはと言う所を追求したいし今後も追及し続けたいと思っている。

しかし、特にネットショップと言う価格比較を行い易い市場において価格のもたらす影響力は大きい事を認めざるおえないし。そこを無視して理想論だけを言っていても何も結果はでない。

だから、私が売場に関してできる事はまず売場の力が発揮される価格分の価値の商品で成約率2%だったものを6%などに上げて売れる商品をさらに売りまくる事だと気付いた。

恐らく、これを見た人の中には価格勝負にならない商品を取り扱えば良い。例えばオリジナル商品などを・・・と思う人もいるかも知れない。

しかし、インターネットとは人がキーワードを検索して初めて動き出すものであり自分から知りたいと思った情報しか手に入らない。その中で全く世間に競合がいない商品を作ってもまず売れない。新しい商品を販売するには商圏内に広告などを使用して啓蒙していかなければならない。小さな商圏であれば販促費はしれていているので良いが全国商圏を相手にするネットショップにおいて啓蒙を行うには、TVや雑誌媒体への継続的な露出を視野に入れなければ成らない場合もある。つまり、既にネットショップとして業界的に認知度が高いショップ以外は中小企業が手を出すべき策ではない。※家具などの型番が存在しない商品は別である。

などと、言う事を考えているとやはり①②③④の順番は奥が深すぎる。

集客にしろ商品と売場がボロボロでは販促費がかかるだけで成約には結びつかない。

本日伝えたい事『何かのポイントを列挙するだけではなく、そこには優先順位が必ず必要』

我時朗流 サイトラフの書き方

1月22日

本日は2サイトのサイトラフを書いている。

サイトラフは書けば書くほど書きあがるスピードが早くなるので私なりのサイトラフの書き方をまとめてみた!あくまで我流なため参考までに・・・

①まずは、参考になるサイトや競合サイトの選定から行う。これはキーワードボリュームやターゲット客層から選定する。

②参考・競合サイトが選定できれば後はそのサイトのコンテンツを上から順に書き上げていく。

③参考・競合サイトのコンテンツ一覧を見渡し、モレダブりのないコンテンツ一覧を作りそこからターゲット像を自分なりにイメージする。※あくまで事前に参考・競合サイトを選定する前にクライアントやその他ヒアリングなどの下準備は行っているという前提での話し。

④ターゲット像からそのターゲットのもっとも求めている物を推測し、コンセプトを設定する。例で言えば、私が行っている乗物専門店のコンセプト設定には同期と一緒に下準備を除いて20時から8時間以上ぶっ通しで行った。

⑤コンセプトが決まれば再度コンテンツを決めてあとは重要な順番に並べるだけ!

※サイドナビの分類などは別途調査が必要。競合の分類だけではなく電話や実店舗での接客を分類に反映させなければ最短で顧客がお目当ての情報(商品ページや情報ページ)にたどり着くことは出来ない。

本日伝えたいこと『たまには自分の整理の場所に使わせてください』