• ホーム
  • がじブログとは
  • 読者になる
  • 我時朗の思うコンサルタントとは
  • 編集長我時朗のプロフィール

鮎釣りと人を動かす

2013年10月27日

これから話す内容は私の先輩の結婚式で師匠がスピーチした内容である。

そのスピーチ自体は、新郎側にしか受けておらず、新婦側には駄々滑っていたが1年以上だっても私の心の中には未だに残っている。

 

師匠:『あなた(新婦)は、鮎釣りをした事はありますか?』

新婦さん:『いえ!』

師匠:『あそぉ~!それはいけないね。とっても魅力的だから是非やってください。魅力的過ぎて人生が狂ってしまう人もいるから程ほどにね。まぁ、そんな話はどうでも良くて・・・』

師匠:『鮎釣は、友釣りと言って生きた鮎を他の鮎の縄張りに行かせてつるのですが、そのために鮎をなるべく自分の行かせたい所へ糸を引っ張ったりして誘導すんだけど、まぁ自分の思い通りには行かないもので・・・そこを何とか自分の思い通りに行かせようとするんですよ。これには少しコツがあって、糸を引っ張り過ぎると自分が行かせたい方向とは余計逆に行ってしまい、また逆に糸を緩めすぎると全く訳の分からない方向に行ってしまう・・・・つまり、非常に絶妙な程よい緊張感が無いといけないんですね。これを夫婦間でも活用してください。』

この短い話の中に思い当たる出来事があまりにも多く・・・かなりの衝撃を受けた事を未だに覚えている。

また、周りの人があまり衝撃を受けていなかった事にも衝撃を受けた事も同時に覚えている。

 

ここからは私の思っている事を書きたいと思う。

この話を人財育成に置き換えるとすると、この絶妙な緊張(距離感)にはどうやら、ワンクッション必要な様だ!

社長と社員の間に1人必要なようだ!

その1人が幹部であれば、その下の人は非常に育て易いだろう!

そして、その会社に育てたい人との間にはいる幹部るがいない場合は我々コンサルタントが入らなければ成らない。

 

ここで少し話を変えたい。

良く会社は年商3億円の壁がありこれを超えると10億円まではいけると言う。そして、次の壁である10億円を超えると30億円と言われている。また、この30億円の壁を越えると100億円企業になれると言う。

 

これは、言い換えると1人の人を育てる事が出来れば10億円企業になり、その人が人を育てる事ができるまで育てれば30億円企業になり、その人の部下が人を育てる事ができるまでようになるまで、その人を育てれば100億円になるのではないだろうか?

 

こうして考えると、社長の仕事は実は簡単で、会社がどの様なステージにいても自分の直ぐ下の人を1人育てる事だけに全身全霊を注いでいれば良いのかも知れない。

※もちろん、現実的にはその他の仕事が山ほどあるので言葉の誇張は大いにあるが・・・

逆に言えば、社長が2人目を直接育てだしたら、非常に遠回りなのかも知れない。1人目の幹部が育たないからである・・・

ただ、急激に成長するなら直接3~4人の人を育てないといけないだろうが・・・それができる人は非常に稀だろうし、だからこそ急激に数100億円の企業になる会社は少ないのだろう!

 

本日伝えたい事:『この自分の直ぐ下の人を育てる・・・これが死ぬほど難しい・・・』

 

 

鮎釣と経営!

2013年10月26日

私は1度も鮎釣をした事が無いのだが、師匠から良く鮎釣りの話は聞く。

鮎釣は基本的に友釣りと言い生きている鮎を川に放つ。

すると放された鮎は川を泳ぎながら他の鮎の縄張りに入ってしまいます。

すると鮎は元々、非常に縄張り意識が強いので自分の縄張りに入ってきた鮎を攻撃し、その接触時に釣ってしまうという方法らしいです。

そして、この鮎釣りで一番肝心な事は、その鮎をどこに放つのかだそうです。

その鮎が一番川上まで上っていける場所を選んであげる事が一番大切だそうです。

そして、師匠はこれは組織における人財も同じだと言います。

さらに、これは事業においても同じだと言ってます。

始めの場所さえ間違えなければ、あとは勝手に上っていくし、逆に勝手に上っていく場所に置かなければならないと言う事です。

会社内でまだ多くの人が、私の事を馬鹿にしている頃から『君は伸びるよ』っと言ってくれていた師匠・・・

これまで我武者羅に働きまくってきたが・・・

どうやら、まだ師匠の手の内で転がされている様だ。

そろそろ、糸を切って大海に出ても良いかな!

それも、師匠の範疇だったりして!笑

まぁ、それはそれで良いか!

 

本日伝えたい事:『1度くらい鮎釣りをしなければな!』

 

 

 

ゆとり世代との対話

2013年10月23日

会社に入って初めて、会社の人と朝まで遊んだ!しかも24時間ぶっとおしで!

これまで働いてしかいなかった。従って、会社の人とは働いている中で仲良くなっていた。

しかし、現在のゆとり世代と言われる人たちは私の感覚からすると働くのがそこまで好きじゃないようだ!

従って自然と仲良くならなかった。

そんな時に舞い込んできたのが婚活バスツアーだ!

ある、企業から経営相談があった!

男女のバスツアーを通して婚活をするのがその会社が始めて3年程たつのだが口コミだけで現在1ヶ月に800名ほどが参加するほどに流行っていると言う。

1人参加するのに12000円もかかるのに。

そして、その企業からこの事業を更に発展させるために一度参加してくださいとお願いされた。

さらに、男の参加者が集まり難いのでもし良かったら会社の人を誘ってくれれば佐藤さん用のツアーを組みますよ!と言う話である。

そんな、こんなで会社の1~4年目のフリーの男性社員と一緒に婚活バスツアーに参戦する事になった。

バスツアーの詳細については、デリケートな部分なので割愛させて頂くがかなり多くの得るものはあった。

その中でも1番大きく得たものは・・・・

掛け替えの無い戦友を手に入れたと言う事だ。

 

敗戦後・・・男性の数人で残り居酒屋で反省会後のカラオケ。

仕事では絶対に認めないであろう1年目の力を目の当たりにした。

私:『お前確か、キリンの鳴きマネ得意やったよな!』(もちろん私は、その後輩と絡むのは今日が始めてであり、キリンの鳴き声を聞いた事など1回もない。)

後輩:『そりゃー僕が鳴けば、キリンがこっち振り向くって有名ですからね!天王寺動物園がザワツキますが良いですか?』

かなり、高等な返しに私は面を食らった。

更に、この後輩の凄いのは、『本当にキリンはこんな鳴き声じゃないだろうか?』と思う様なクオリティーを叩き出してきた。

 

また、カラオケでエグザイルの曲が流れたので、『えっ!これっていきなり踊りだすヤツちゃうん!』と言うフリを出すと・・・

後輩:『そんなぁ~~!いきなり踊りだすヤツいないですよ!』と言うお決まりの返しをしてきた。

私は、『こいつどんな出落ちで落ち着かせるやろう』と見ていると何と1曲全て完璧に踊りきってしまった。

 

これまで、1~2年目の社員を見てかなり今後の船井総研に不安を感じていたがどうやらそれは私の取りこし苦労だったようだ!

 

ここまでダラダラとくださない話をしてしまったが、ここから本題に入ろう!

やる気のある1万2000人の中から選ばれた50人の人達でも上記通り、年々仕事に対するやる気は薄れている様に感じるが

これまでのように仕事を通して分かり合うという職人気質な働き方は出来ないようだ!

しかし、ここで間違ってはいけないのは別にレベルが低い訳ではない無いと言う事。

つまり、仕事をする関係を築くためのワンステップがこれまでより必要だと言う事だろう!

昔から『飲みニケーション』などと言う言葉は存在したがこれから必要のようだ!

しかし、うちの会社ではこれが必要だが、他の会社の場合は飲み自体にこないだろうから、更にワンステップの何かが必要だと思う。

何かしらのステップ→飲み(遊び)→仕事

元々、私は上記の様なステップが必要な『温いヤツは必要ない』と思っていたがそれでは人が一切いないのが事実。

そして、1人で何かをするには限界があるのも事実。

今いる人とどう向き合うか!

自分のキャパを広げなければ!

本日伝えたい事:『勇気バーサス意地(1年目が教えてくれた名曲)byテニスの王子様』

売上額と粗利額と営業利益額の関係

2013年

本日は粗利前のようではあるが恥ずかしながら私が最近肌で感じ・・・気づいた事についてのお話。

売上の公式には①売上=客単価×客数や②売上=マーケットサイズ×商圏人口×シェアや③売上=客単価×成約率×アクセス(ネットショップなら)と言う代表的な公式が存在するが今回の公式は・・・

売上=取り扱い商材×企業の力(社員1人の平均の力×社員数)

上記公式は、私が勝手に作ったのでネット上や書物には、どこみも載っていない・・・・当たり前過ぎて載っていないのか?はたまた、誰も気づいていないのか?

(私みたいな物が気付くと言う事は恐らく前者なのだろうが・・・・)

この公式は、1年前くらいに気づいていたのだが今回はもう1つ気づいたので2つセットなら皆さんお見せして良いかと思ったので書くことにした。

それは、粗利額の公式。一般的なものを以下に記載する。

粗利額=売上‐商品原価・・・会計の本以外では、なかなか粗利の公式は見た事が無いが・・・

私の考える粗利の公式は・・・

粗利額=企業の力(社員1人の平均の力×社員数)

私の支援先で全く粗利率の異なる商材を取り扱っている企業が存在する。それぞれの企業の、その事業に関わる社員の人数はA社4名・B社5名で売上はA社の方が3倍ほど存在する。

そして、このA社もB社もどちらも社員さんがレベルが高いと言う共通点が存在する。

すると、面白いように粗利額は似たような数字になってくる。

社員さんのレベルと言うとかなり抽象的な言葉になってしまうのでもっと具体的に言うと自立していると言う言葉になり、更に具体的に言うと自分で物事を自分で判断できるレベルが高い。

そして、その様な社員さんだと、結果として改善のスピードが速い。

つまり、同じ様なスピードの会社はどの様な商材を取り扱っていても同じ様な粗利額になってくる。

そして、本日本当に話したい事に移ろう!

つまり、何を扱うか?どの様なビジネスをするか?は重要だが1番重要ではない!

となれば、好きな事をした方が楽しいし、更に頑張れる!=成功確率は上がるようだ!

 

しかし、上記の話を私の後輩が話していたら恐らく私は怒るのだろう!(笑)

『概念的な話は止めなさい』その具体的な方法を知ってからその上の概念の話をしなければ、それはコンサルタントではなく、ただの『評論家』『良い話をする人』に成ってしまうよ!

と言ってしまうのだろう・・・!

そして、このセリフは私が昔、先輩から言われていた言葉・・・・

歴史は繰り返されるものだ!(笑)

追伸:営業利益学の公式は、営業利益=企業の力(社員1人の平均の力×社員数)×情報(知恵・・・他所から買うことも出来る)

 

本日伝えたい事:『世の中、面白いほど物事が絡み合って成り立っている。その繋がりを知る快楽!』

 

 

 

 

 

理念の伝え方

2013年10月13日

今日の話はおそらく意味が分からないだろう・・・完全に自分のメモ用に書くので悪しからず!

一般的に経営理念を伝えるためにその事業ごとにビジョンと言う少し具体的な目標を掲げ、さらに現場に落とし込むためにクレド(行動指針)と言う物をかかげ具体的に何をしたら良いかを社員に伝えていると思うが・・・

そもそも、このビジョンと言うものがあまり役目を果たしていないと思っている。そこで私は理念とクレドだけ伝えれば良いと思っていた。

上記の図の左が一般の企業の伝え方を私なりに図にしたもので、右がこれまで私が考えていた理念の伝え方(お題目のビジョンは必要ないと言う考え)を図にしたものだ。

そして、先日とある経営者の方々と話しており自分なりに上記の伝え方では不十分だと思ったので以下の図の様に変更しようと思う。

 

クレド(行動指針)も、その伝える人のレベルに応じて変更しないと伝わらないだろうと言う事。人は求めなければ育たないと思う。しかし、あまりにレベルの高い事を求め過ぎると人は動かないと思う。そして、動いて初めて人は育つと思う。つまり、その人のレベルごとに動ける範囲内の行動指針を用意してあげる必要があるだろう。

そこで、以下の図にコンサルタントにおける私が考える具体的な理念とクレドを例として用意したので見て頂ければと思う。

上記の図の説明は面倒なので、ここではしないが私は上記の事を守り、コンサルティング業務に望めば確実にどの様な企業の業績も上げられると心より信じている。

 

本日伝えたい事:『一番初めにしなければならない事は寝ない方法を手に入れる事!』

ネットショップ業界の予言の書

2013年10月7日

本日の孫さんの会見を受けてかなり、ネットショップ界がざわついている・・・

『新たなビジネスチャンスを逃さない』と目の色をギンギンに輝かせている人が多いのではないだろうか?

もしくは、現在の売上が他のモールで大半を立てている企業にとってはある意味これまで築き上げてきたものが無効化するのではないか?と不安を抱えているかもしれない。

 

やはり、ネットショップ業界の人と会うと今後どうなると思うか意見を聞かれるし、今後も聞かれるだろうから早めに答えておこう!

 

結論:『そんな事わからない&興味ない!以上』

 

ただ、この説明だけではあまりにも乱暴なのでもう少し本質的な話をしよう!

今回の会見によって今後ヤフーがとる選択は非常に大きな変化であることは間違いない。

しかし、所詮は方法論における変化に過ぎない。

ネットショップと言う視点ではなく、小売や企業と言う視点に立った際には全くといって良いほど枝葉の話である。

小売と言う視点であれば、『商品力』『売場力』『集客力』『接客力』の最大化を常に磨き上げる事。そして、この力はいつも言っているがあくまで左から順番に重要であり、従って『商品力=MD』の強化が最重要である事は揺るがない。

その始点で言うと今回の変化は、3番目に重要な『集客力』のなかのさらに一部の話に過ぎない。

 

従って、そんな重要度の低い事項は流れを見ながら、その場その場の対応で十分事足りるだろう。

そもそも、今回の発表はあくまで『ヤフー』の思惑を発表したに過ぎない。物事とは必ず様々な思惑の相互関係の後に方向が決定して進んでいくものだから。1企業の思惑だけで今後の予測が立つはずがなく、どうなるかわかりようが無いことを必死に考える事ほど無駄な事はないと思う。

例えるなら、『隕石が頭に落ちてきたらどうしよう?絶対ありえないとは言い切れないよね!』と心配する事と程度の違いはあれど、一緒の種類の話だろう。

 

ここからは、『とは言うものもしも他の企業の決断が遅れた場合』の予測をしてみよう。※上記でも述べている様にこれはあくまでお遊びの範囲内の妄想である。

まずは、この年末までは大きな変化は無いだろう。そんなに簡単には物事が進まない。

しかし、ヤフーが全て『無料化』した事に伴い、まずは出店企業の支持を得る事になり出店店舗数は爆発的に伸びる。

さらに、ヤフーでこれまでの経費分売価を下げてでもヤフーで販売しようとする企業が出現し、次にユーザーの支持を得る。

従って、他社の決断が遅れた場合は来年1年間は少なくてもヤフーの時代がくるだろう!(伸び率という意味で!)

この流れの速度があまりにも速く激しいために他の企業が全て追いつけな来ればヤフーの時代が3年ほど続きそのままネットショップのモールは1つに集約され。ユーザーからすれば購入の選択肢はヤフーかカテゴリーごとの自社サイトかの2択になるだろう!

その事によって、これまで以上に物が安く購入できるためにEC化率は爆発的に伸びるだろう!元々平均のEC化率は10%くらいが天井と思われていたが2020年には30%になっているかもしれない。

要するに、現状の約6倍の市場

では今回の変化によって企業は儲かるのか?

市場の膨らみによって利益額は増えるが利益率は一切変わらないと断言できる。他の企業も余裕が出来た分安くしてくるからだ。

しかし、ここまでの話はどこまで言っても、他の思惑によって如何様にも変化する。携帯の料金プランの様に他社が直ぐに決断を下せば現状の勢力図は崩れないだろう!

 

では、そろそろ本当の予言をしたい。

これは、企業の思惑単位ではないためそんなに外れないだろう!

まず、3年後前後にメーカー直販と言うトレンドが起こり5年前後には当たり前になる。※ここでのトレンドとは『あんなブランド力のある所までするかぁ』と言うレベルの話。

そして、ネット上における物販で儲かるのは、『セレクト力のある店』と『メーカー直販』の2種類だろう!

メーカー直販の流れが始まる前にその商材におけるシェアを取りきってしまい、さらに在庫や物流までメーカーを抱え込んだ商材においては売れ筋ブランド数社のメーカー直販は行われない。

しかし、3年以内に天下統一がなされなかった商材(カテゴリー)においては、メーカー直販が進み、実際の購入はメーカーサイトでしか行われない。しかし、メーカーは自社商品しか取り扱わないので選ぶためのサイト・・・つまり、アフィリエートサイトが出現する。これまでのアフィリエーと業者ではなく、これまでネットショップを行っていた者によるアフィリだ。

上記の様にお金のもらい方は異なるが要するに2種類の企業しか生き残れないだろう!

 

さらに、リアルの小売とネットショップを企業と言う視点で見た際に一番本質的に異なるのはスピードだ!

ネットはリアルの約5倍のスピードで進んでいる。(リアル近代小売の歴史70年とネットショップの歴史15年、現在ライフサイクルはかなり近しい動きを見せてきている事より算出。)

このスピード感に対応できる人財を育成できるか?と言う所が最重要課題である事は言うまでも無い。

 

従って、冒頭にも言ったように今回の変化に気を取られる暇があれば、小売と言う視点に立った際の最重要項目である『商品力=MD=セレクト力』の強化と企業と言う視点に立った際の最重要項目である『スピード型人財の育成=自立型社員の育成』に注力を絞った方がよっぱど賢いし、これが出来きれた企業だけが儲かる。

 

本日伝えたい事:『昔も今も本当に大切な事は変わらない!』

 

 

 

 

 

 

 

自分のキャパシティー

2013年10月6日

本日は自分のキャパシティーについて!

自分のキャパシティーを計るには様々な尺度が存在すると思うが今回は思考というキャパの話。

以前にも少し触れたかも知れないが、自分の周りに言動が理解できない人がいるとしよう!

なぜ遅刻ばかりするのか?なぜ約束を守らないのか?

それがあなたの限界だ!

理解できなかった時点であなたはそれ以上成長しないだろう!

結局、どれだけ多くの人を動かせるかだと思う。

三国志で言えば、あの頃一番強いと言われていた関羽(かんう)やあの頃、最も頭が良かったとされている諸葛亮孔明を部下に持っていた劉備玄徳が私は凄いと思う。

そして、人を動かすためには、まず大前提としてその人を理解しない訳には行かない。理解しているつもりでも動かせないものだ!(本質的には理解していないのだろうが・・・)

会社を経営するにあたって、もっとも重要な事は会社を潰さない事。

会社を潰さないためには業績を上げ続けなければならない。横ばい成長は=衰退を意味する。(単純に売上だけの事を言っている訳ではないが)

そして、業績を上げ続けるためには極論、『人の質×量』だけだと思う。この総和により行える事業の限界は決まる。その限界の範囲ないで効率の良い事業ややり方が存在するに過ぎず、私はその会社にとって一番効率の良い選択をするお手伝いをするに過ぎない。

そして、会社を潰さないためには・・・業績を上げ続けるためには・・・

どの様な外部環境があろうと『業績を上げ続けなければ成らない』

たとえ、良い人財が集まらなかろうが!

その時に自分の動かせる人のキャパシティーと言う話になると思う。

ちなみに、私のキャパシティーを年齢で区切れば恐らく6歳~45歳までだろう!

6歳の甥っ子の言動は全て気持ちは分かる。しかし、4歳の甥っ子の言動は理解できない事が幾度と無く発生する。

また、45歳を超えた人の中には時々そんな考え方をしているのか?と言う人がいる。さすがに45歳以上の人は、言われれば理解をする事は出来るが思考は私のキャパを超えている。

オリンピック誘致に日本が沸いていた中に1人日本の姿に寂しさを感じていたおじさんもしかり!

このタイミングで日本の姿に寂しさを感じるという思考!話を聞けば非常に納得するのだが・・・

もちろん、6歳~45歳の中にもまだまだ例外的に私の思考を超える人はいる。

そして、最近気づいたのだが私はその様な人に興味関心が強く、知らず知らずのうちに近づいている事が分かった。

私の同期に、彼女にフラレて梅田の交差点のド真ん中で土下座をして『分かれないでくれ』と懇願し、それでも断られたのでしまいには、『じゃ、お前の妹を紹介してくれ!一緒お前の影をおってやる~』と叫んだ者や銀座のアップルストアのアイパッドなどの画面を全て自分のブログに切り替える事により自分に仕事が来ないかどうかを1時間かけて試す者がいる。(ちなみに同一人物)

この様な、私の思考を超えた人には興味関心しか存在しない。

私はこの様な人を『気が違っている』とは言わない。あくまで『私の思考を超えている』とい賞賛する。

そして、こう言う人ともっと多く接しているうちに私がこの男の気持ちが分かるように成ってしまった瞬間。私はまた成長しているのだろう!(その代償として私も周りから気が違っているという称号をもらっているかもしれないが・・・笑)

 

本日伝えたい事:『私の甥っ子はみな可愛すぎるという話!』

タバコを吸う料理人

2013年10月4日

先ほどコンビニに行くと、イタリアンか何かのシェフの風貌をしたイケメン(推定:36歳)がコンビニに入ってくるなりタバコを購入していた。

それを見た瞬間に、『こいつ終ってるなぁ』と思いながら私はそのコンビニを後にした。

その理由は『美味しんぼ』においてタバコを吸っている料理人をフルボッコしている海原 雄山先生を見て、幼心に本当にやってはいけない事なんだなぁ~と思った記憶があるからだ。

 

しかし、その直後なぜか、そのタバコを購入している料理人を否定する事を根本から疑う事をしてみようと言う衝動に駆られた。

 

そもそも、なぜ料理人がタバコを吸ってはいけないのか?本当にいけないのか?

『将太の寿司』などを見ていると、どうやら料理とは腕とかはどうでも良いらしい、そんな物は後から付いてくる。それより一番大切なのは、『舌』の様だ。お客様が美味しいという味を知っているか?またその味を再現するために『どの食材の』『どの部分の』『どの様な調理方法時にでてくる味』の掛け算をしなければならないのかを知っているか?と言う所に尽きるだろう!

従って、タバコを吸って味が分からなくなった人が美味しいものを作れるはずがないから・・・フルボッコされたのだろう!

 

ここで話はかわる。私が中学校の時に世界の美食家100人が選んだ料理ランキングにおいて和食が44位だった。

そもそも、世界にそんなに料理があるのかと言うくらいの順位の低さに驚愕した事を今でも鮮明に覚えている。

そして、和食が44位の理由としては、『和食とは、ただ食材を切ったり、焼いたりしているだけで料理ではないから』との事。

 

しかし、この意見に対して『将太の寿司』を当時から呼んでいた私としては既に異論はあった。その食材を選ぶ所に全精力をかけている事を知っていたから。

 

また、ここで話はかわる!

ある料亭からの依頼でおせち料理を売るためのプロジェクトを行った時に勉強した事だが・・・

日本の水は軟水らしい。国土が狭く山が険しいので急流が多く。岩にぶつかった水はやわらかくなっているそうだ。それに対して大陸の水は硬水らしい。大陸の壮大な運河でゆっくり運ばれる水は硬いままなのだ!

そして、軟水を日頃飲んでいる人は味覚が敏感らしい!

 

結局何が言いたいか!

大陸の人に日本の『食材を活かす料理』が理解されなかったのは仕方が無い話なのかもしれない。※最近では『和食』の評価は非常に上がっていると聞くが!

 

食べる人が美味しいと思う物の方が評価が高くなるのは当たり前

そもそも、『美味しい』という『センスが良い』並みの抽象的な言葉を取り扱う際は必ず、定義を付け加えないといけない。『○○にとって、美味しい』などの様に。

 

従って、本日いきなり全否定してしまったシェフも・・・もしかすると提供している料理がタバコ愛好家の人達に提供しているのであれば、むしろタバコを吸わずに料理を作って美味しい料理が作れるはずが無い。つまり、非常に全うな料理人なのかも知れない。

 

本日伝えたい事:『自分の考えを取りあえず疑ってみる楽しみ方』